HOME
各検査室の紹介
採血室

*採血室の理念
安全で安心できる採血業務を遂行し,医療チームや患者さまの良きパートナーとして信頼される採血室を目指す

*概要及び人員構成 

1. 外来総患者数 3000~4000人/日(再来)+200(新来・紹介):予約制.
    ⇒平均採血患者さま人数の推移
2. 採血患者数 850~1250人/日.
3. 受付時間 8時10分~16時30分.
4. 午前患者集中時 250人/9時10分までの採血業務開始1時間.
5. 採血待ち時間 採血室待ち時間短縮における取り組みにより集中時でも15分程度に短縮.(以前は集中時30~40分の待ち時間)
    ⇒採血室の整備と機器更新(2008年5月と2013年5月)
6. 診察前検査利用度 80%.
7. 依頼項目数 10~20ターゲット検査・リアルタイム報告.
8. 採血台数 18台(上下可動式7台).
9. スタッフ 専任臨床検査技師5名
看護師2名
臨床検査技師70名の交替制
臨床検査専門医
10. 業務連携 検査部・輸血部・感染制御部・看護部.
11. 安全対応 1)採血に伴う合併症への対応
 ・採血ポスター(待合室に掲示)
  ⇒「安全に」「間違いなく」お受けいただくための情報提供
 ・検査部医師によるサポート
  各専門分野担当医師(整形外科など).
  患者相談・臨床倫理センター(医事課患者相談室)との連携
2)感染症予防
 ・1採血1手袋の実施(患者毎に手袋交換)
 ・WHOが推奨する手指消毒の実施(手袋交換時に手指消毒液
  で手指消毒の実施)
 ・e-learningによる感染予防についての学習
3) 採血技術の向上
 ・採血手技教育の徹底
 ・医療シミュレータでの練習
12.アメニティ改善 ・採血室待合室の拡充
・待ち時間減少への取り組み(上記参照)
・ご意見箱設置(2007年9月3日)  

*採血室からの学会および論文発表

*採血法
1.検査部「標準作業手順書:採血」を遵守.(ISO15189取得)
2.標準採血法ガイドラインの基本を遵守.

*運営及び協力体制
1. 採血ミーティング(1回/月).
2. 採血委員会.
3. 患者アメニティ改善委員会.
4. 患者相談・臨床倫理センター.

*その他関連
1. 病院オーダリングシステム・検査システムLAINS-PC・採血管準備システムとの連携.
2. 病院感染対策マニュアル(針刺し処置).
3. 医療安全対策センター(リスクマネージメント).

2016年2月現在

このページのトップへ
Copyright © 東京大学医学部附属病院検査部. All Rights Reserved.