HOME
業績
2015年

英文原著論文

  1. Amano, Y., Ishikawa, R., Sakatani, T., Ichinose, J., Sunohara, M., Watanabe, K., Kage, H., Nakajima, J., Nagase, T., Ohishi, N., and Takai, D. Oncogenic TPM3-ALK activation requires dimerization through the coiled-coil structure of TPM3. Biochem. Biophys. Res. Commun. 457: 457-460, 2015.
  2. Chiang, SJ., Daimon, M., Miyazaki, S., Kawata, T., Ichikawa-Morimoto, R., Maruyama, M., Ohmura, H., Miyauchi, K., Lee, SL., Daida, H. When and how aortic stenosis is first diagnosed: a single-center observational study. J. Cardiol. doi: 10.1016/j.jjcc.2015.10.007, 2015.
  3. Chiang, SJ., Daimon, M., Wang, LH., Hung, MJ., Chang, NC., Lin, HC. Association between Mitral Valve Prolapse and Open-Angle Glaucoma. Heart. 101: 609-615, 2015.
  4. Daikoku, T., Yatomi, Y., and Yumoto, M. Statistical learning of music- and language-like sequences and tolerance for spectral shifts. Neurobiol. Learn. Mem. 118: 8–19, 2015.
  5. Fukuda, S., Watanabe, H., Iwakura, K., Daimon, M., Ito, H., Yoshikawa, J. Multi-center Investigations of the Prevalence of Abdominal Aortic Aneurysm in Elderly Japanese Patients with Hypertension: the AAA Japan Study. Circ. J. 79: 524-529, 2015.
  6. Ichikawa, M., Nagamatsu, T., Schust, D.J., Kawai-Iwasawa, Y., Kawana, K., Yamashita, T., Osuga, Y., Aoki, J., Yatomi, Y., and Fujii, T. Placental autotaxin expression is diminished in women with pre-eclampsia. J. Obstet. Gynaecol. Res. 41: 1406-1411, 2015.
  7. Kawata, T., Daimon, M., Miyazaki, S., Ichikawa, R., Maruyama, M., Chiang, SJ., Ito, C., Sato, F., Watada, H., Daida, H. Coronary microvascular function is independently associated with left ventricular filling pressure in patients with type 2 diabetes mellitus.  Cardiovasc. Diabetol. 14: 98, 2015.
  8. Kimura, K., Daimon, M., Morita, H., Kawata, T., Nakao, T., Okano, T., Lee, S.L., Takenaka, K., Nagai, R., Yatomi, Y., and Komuro, I. Evaluation of right ventricle by speckle tracking and conventional echocardiography in rats with right ventricular heart failure. Int. Heart. J. 56: 349-353, 2015.
  9. Kimura, K., Morita, K., Daimon, M., Kawata, T., Nakao, T., Lee, SL., Hirokawa, M., Ebihara, A., Nakajima, T., Ozawa, T., Yonemochi, Y., Aida, I., Motoyoshi, Y., Mikata, T., Uchida, I., Komori, T., Kitao, R., Nagata, T., Takeda, S., Komaki, H., Segawa, K., Takenaka, K., Komuro, I. Prognostic Impact of Venous Thromboembolism in Patients with Duchenne Muscular Dystrophy: Prospective Multicenter 5-Year Cohort Study. Int. J. Cardiol. 191: 178-180, 2015.
  10. Kurano, M., Dohi, T., Nojiri, T., Kobayashi, T., Hirowatari, Y., Inoue, A., Kano, K., Matsumoto, H., Igarashi,K., Nishikawa, M., Miyauchi, K., Daida, H., Ikeda, H. Aoki, J. , and Yatomi, Y. Blood levels of serotonin are specifically correlated with plasma lysophosphatidylserine among the glycero-lysophospholipids.
    BBA Clinical. 4: 92–98, 2015.
  11. Kurano, M., Hara, M., Satoh, H., and Tsukamoto, K. Hepatic NPC1L1 Overexpression Ameliorates Glucose Metabolism in Diabetic Mice Via Suppression of Gluconeogenesis. Metabolism. 64: 588-596, 2015.
  12. Kurano, M., Tsukamoto, K., Hara, M., Ohkawa, R., Ikeda, H., and Yatomi, Y. LDL Receptor and ApoE are Involved in the Clearance of ApoM-associated Sphingosine 1-phosphate. J. Biol. Chem. 290: 2477-2488, 2015.
  13. Kurano, M., Suzuki, A., Inoue, A., Tokuhara, Y., Kano, K., Matsumoto, H., Igarashi, K., Ohkawa, R., Nakamura, K., Dohi, T., Miyauchi, K., Daida, H., Tsukamoto, K., Ikeda, H., Aoki, J., and Yatomi, Y. Possible Involvement of Minor Lysophospholipids in the Increase in Plasma Lysophosphatidic Acid in Acute Coronary Syndrome. Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol. 35: 463-470, 2015.
  14. Makimoto, H., Fujiu, K., Shimizu, K., Amiya, E., Asada, K., Kojima, T., Daimon, M., Meyer, C., Komuro, I. Impaired heart rate variability in patients with non-diabetic chronic kidney disease - prominent disruption of vagal control and daily fluctuation. IJC Metabolic & Endocrine. 9: 22-27, 2015.
  15. Maruo, T., Seo, Y., Yamada, S., Arita, T., Ishizu, T., Shiga, T., Dohi, K., Toide, H., Furugen, A., Inoue, K., Daimon, M., Kawai, H., Tsuruta, H., Nishigami, K., Yuda, S., Ozawa, T., Izumi, C., Fumikura, Y., Wada, Y., Doi, M., Okada, M., Takenaka, K., Aonuma, K. The Speckle Tracking Imaging for the Assessment of Cardiac Resynchronization Therapy (START) Study. Circ. J. 79: 613-622, 2015.
  16. Masuda, A., Jona, M., Satoh, Y., Terashima, M., Shimosaka, H., Nannya, Y., Yokota, H., Kurokawa, M., and Yatomi, Y. The criteria to suspect chronic myeloid leukemia using absolute basophil counts in peripheral blood. Int. J. Hematol. 101: 626-628, 2015.
  17. Mikami, S., Tateishi, R., Hagiwara, S., Sato, M., Minami, T., Uchino, K., Enooku, K., Sato, T., Nakagawa, H., Masuzaki, R., Asaoka, Y., Kondo, Y., Shiina, S., Ikeda, H., Omata, M., Yoshida, H., and Koike, K. Tumor markers are more useful in patients undergoing surveillance for hepatocellular carcinoma with unreliable results by ultrasonography. Hepatol. Res. 45: 415-422, 2015.
  18. Miyazaki, K., Koike, Y., Kunishima, S., Ishii, R., Danbara, M., Horie, R., Yatomi, Y., and Higashihara, M. Immature platelet fraction measurement is influenced by platelet size and is a useful parameter for discrimination of macrothrombocytopenia. Hematology 20: 587-592, 2015.
  19. Murono, K., Kazama, S., Yamaguchi, H., Kawai, K., Ishihara, S., Sunami, E., Kitayama, J., Satoh, Y., Kurihara, M., Yatomi, Y., and Watanabe, T. Detection of carcinoembryonic antigen mRNA in peritoneal lavage by the transcription-reverse transcription concerted method indicates poor prognosis in patients with stage II and III colon cancer. Surgery 157: 322-330, 2015.
  20. Nagai, H., Kuwahira, I., Schwenke, D.O., Tsuchimochi, H., Nara, A., Ogura, S., Sonobe, T., Inagaki, T., Fujii, Y., Yamaguchi, R., Wingenfeld, L., Umetani, K., Shimosawa. T,, Yoshida, K., Uemura, K., Pearson, J.T., and Shirai, M. Pulmonary Macrophages Attenuate Hypoxic Pulmonary Vasoconstriction via β3AR/iNOS Pathway in Rats Exposed to Chronic Intermittent Hypoxia. PLoS One. 10: e0131923, 2015.
  21. Nakatani, S., Akaishi, M., Asanuma, T., Hashimoto, S., Izumi, C., Iwanaga, S., Kawai, H.,  Daimon, M., Toide, H., Hayashida, H., Yamada, H. Guidelines from the Japanese Society of Echocardiography: Guidance for the management and maintenance of echocardiography equipment. J. Echocardiogr. 13: 1–5, 2015.
  22. Nara, A., Nagai, H., Shintani-Ishida, K., Ogura, S., Shimosawa, T., Kuwahira, I., Shirai, M., and Yoshida, KI. Pulmonary Arterial Hypertension in Rats Due to Age-related Arginase Activation in Intermittent Hypoxia. Am. J. Respir. Cell Mol. Biol. 53: 184-192, 2015.
  23. Nishikawa, M., Kurano, M., Ikeda, H., Aoki, J., and Yatomi, Y. Lysophosphatidylserine has Bilateral Effects on Macrophages in the Pathogenesis of Atherosclerosis. J. Atheroscler. Thromb. 22: 518-526, 2015.
  24. Nomura Y, Kaneko M, Miyata K, Yatomi Y, and Yanagi Y. Bevacizumab and Aflibercept Activate Platelets via FcγRIIa. Invest. Ophthalmol. Vis. Sci. 56: 8075-8082, 2015.
  25. Ohkawa, R., Kurano, M., Mishima, Y., Nojiri, T., Tokuhara, Y., Kishimoto, T., Nakamura, K., Okubo, S., Hosogaya, S., Ozaki, Y., Yokota, H., Igarashi, K., Ikeda, H., Tozuka, M., and Yatomi, Y. Possible involvement of sphingomyelin in the regulation of the plasma sphingosine 1-phosphate level in human subjects. Clin. Biochem. 48: 690-697, 2015.
  26. Ohta, S., Nishiyama, T., Sakoda, M., Machioka, K., Fuke, M., Ichimura, S., Inagaki, F., Shimizu, A., Hasegawa, K., Kokudo, N., Kaneko, M., Yatomi, Y., and Ito, T. Development of carboxymethyl cellulose nonwoven sheet as a novel hemostatic agent. J. Biosci. Bioeng. 119: 718-723, 2015.
  27. Oyama, D., Adachi, Y., Yumoto, M., Hashimoto, I., and Uehara, G. Dry phantom for magnetoencephalography -Configuration, calibration, and contribution. J. Neurosci Methods. 251: 24-36, 2015.
  28. Sakamoto, K., Nakata, H., Yumoto, M., Sadato, N., and Kakigi, R. Mastication accelerates Go/No-go decisional processing: An event-related potential study. Clin Neurophysiol. 126: 2099-2107, 2015.
  29. Sato, M., Hikita, H., Hagiwara, S., Sato, M., Soroida, Y., Suzuki, A., Gotoh, H., Iwai, T., Kojima, S., Matsuura, T., Yotsuyanagi, H., Koike, K., Yatomi, Y., and Ikeda, H. Potential associations between perihepatic lymph node enlargement and liver fibrosis, hepatocellular injury, or hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis B virus Infection. Hepatol. Res. 45: 397-404, 2015.
  30. Tokuhara, Y., Kurano, M., Shimamoto, S., Igarashi, K., Nojiri, T., Kobayashi, T., Masuda, A., Ikeda, H., Nagamatsu, T., Fujii, T., Aoki, J., and Yatomi, Y. PLoS One. 10: e0130074, 2015.
  31. Uetake, Y., Ikeda, H., Irie, R., Tejima, K., Matsui, H., Ogura, S., Wang, H., Mu, S., Hirohama, D., Ando, K., Sawamura, T., Yatomi, Y., Fujita, T.,and Shimosawa, T. High-salt in addition to high-fat diet may enhance inflammation and fibrosis in liver steatosis induced by oxidative stress and dyslipidemia in mice. Lipids in Health and Disease 14: 6, 2015.
  32. Veillon, L., Go, S., Matsuyama, W., Suzuki, A., Nagasaki, M., Yatomi, Y., and Inokuchi, J. Identification of Ganglioside GM3 Molecular Species in Human Serum Associated with Risk Factors of Metabolic Syndrome. PLoS One 10: e0129645, 2015.
  33. Wanaka, K., Asada, R., Miyashita, K., Kaneko, M., Endo, H., and Yatomi, Y. Novel HIT antibody detection method using Sonoclot® coagulation analyzer. Thromb. Res. 135: 127-129, 2015.
  34. Watanabe, K., Amano, Y., Ishikawa, R., Sunohara, M., Kage, H., Ichinose, J., Sano, A., Nakajima, J., Fukayama, M., Yatomi, Y., Nagase, T., Ohishi, N., and Takai, D. Histone methylation-mediated silencing of miR-139 enhances invasion of non-small-cell lung cancer. Cancer Med. 4: 1573-1582, 2015.

英文総説

  1. Daimon, M. Can We Predict or Prevent Progression of Aortic Stenosis? Circ. J. 79: 1908-1909, 2015.

国際学会発表

  1. Daikoku, T., Yatomi, Y., and Yumoto, M. Domain-specific pitch-class facilitates domain-general statistical learning of chord sequences. The 9th ICME International Conference on Complex Medical Engineering. 2015. 7. 18 - 21. Okayama, Japan.
  2. Kawata, T., Daimon, M., Kimura, K., Nakao, T., Lee, SL., Hirokawa, M., Watanabe, M., Yatomi, Y., Komuro, I. Echocardiographic assessment of right ventricular function in a routine practice: Which parameters are useful to predict one-year outcome in advanced heart failure patients with dilated cardiomyopathy? American College of Cardiology 64st Annual Scientific Session. 2015. 3. 14 - 16. San Diego, U.S.A.
  3. Makimoto, H., Fujiu, K., Shimizu, K., Amiya, E., Kojima, T., Daimon, M., Meyer, C., and, Komuro, I. Diverge Responses of Cardiac Autonomic Function to Beta-blocker Therapy Depending on Chronic Kidney Disease. European Society of Cardiology. 2015. 8. 31 - 9. 2. London, United Kingdom.
  4. Uranbileg, B., Ikeda, H., Kurano, M., Saigusa, D., Aoki, J., Enooku, K., Ishizawa, T., Hasegawa, K., Kokudo, N., and Yatomi, Y. Sphingosine kinases and S1P lyase are enhanced in hepatocellular carcinoma with poorer differentiation and recurrence. 6th International conference on phospholipase A2 and lipid mediators (PLM2015). 2015. 2. 10 - 12. Tokyo, Japan.
  5. Yatomi, Y. Autotaxin and lysophosphatidic acid as clinical biomarkers. The 14th International Conference on Bioactive Lipids in Cancer, Inflammation and Related Diseases. 2015. 7. 12 - 15. Budapest, Hungary.

和文原著論文

  1. 石井 清,田部 陽子,佐野 麻衣,岩崎 陽介,清水 長子,増田 亜希子,堀井 隆,佐藤 尚武,三井田 孝,大坂 顯通.血液検査効率化に資する血液像目視再検基準の設定と評価ー自動血球分析装置 XE-5000を用いた場合ー. 日本検査血液学会雑誌 16:20-27,2015.
  2. 大金 亜弥,吉川 直之,常名 政弘,増田 亜希子,大久保 滋夫,矢冨 裕.多項目自動血球分析装置XN-9000体腔液測定モードの基礎的検討および異常細胞検出能について.日本検査血液学会雑誌 16:253-261,2015.
  3. 川口 直子,神田 浩子,永友 利津子,下坂 浩則,大久保 滋夫,池田 均,矢冨 裕.膠原病患者におけるBioPlex2200 ANA Screenを用いた自己抗体測定の評価.医学検査 64:337-342,2015.
  4. 栗原 真希子,佐藤 優実子,大久保 滋夫,矢冨 裕.パイロシークエンス法によるHCV遺伝子型判定法の構築と評価.日本臨床検査自動化学会会誌 40:16-20,2015.
  5. 佐藤 優実子,山口 博紀,高井 大哉,北山 丈二,大久保 滋夫,矢冨 裕.TRC法を用いた腹腔内洗浄液CEA mRNA定量検査の治療効果判定における有用性.日本臨床検査自動化学会会誌 40: 603-609,2015.
  6. 宿谷 賢一,田中 雅美,久末 崇司,川口 直子,影山 祐子,徳原 康哲,田所 英嗣,伊藤 有市,大久保 滋夫,矢冨 裕.検査機器・試薬 全自動尿分注装置「IDS-CLAS・Hr」基本性能の検討.医療と検査機器・試薬 38:191-196,2015.
  7. 田中 雅美,宿谷 賢一,森田 賢史,久末 直子,影山 祐子,大久保 滋夫,下澤 達雄,矢冨 裕.多項目自動血球分析装置XN-550を用いた髄液細胞数算定の基礎的検討.医学検査 64:749-754,2015.
  8. 田中 雅美,宿谷 賢一,久末 崇司,森田 賢史,久末 直子,影山 祐子,大久保 滋夫,下澤 達雄,矢冨 裕.全自動尿統合分析装置UX-2000による尿中アルブミン試験紙の性能評価.Sysmex Journal 16:,2015.
  9. 久末 崇司,田中 雅美,宿谷 賢一,大久保 滋夫,下澤 達雄,矢冨 裕.全自動尿分析装置US-3100R plusの基礎的検討.日本臨床検査自動化学会会誌 40:150-156,2015.
  10. 早川 明子,山口 ひろ子,水本 好美,下坂 浩則,大久保 滋夫,池田均,矢冨 裕.全自動化学発光酵素免疫測定装置AIA-CL2400を用いたTSH,FT4,FT3測定の基礎的検討.日本臨床検査自動化学会会誌 40:257-264,2015.
  11. 増田 亜希子,常名 政弘,本田 晃,佐藤 優実子,黒川 峰夫,矢冨 裕.末梢血赤芽球出現とフェリチン異常高値を契機に診断された特発性血球異形成 (IDUS).臨床血液 56:2462-2466,2015.
  12. 増戸 梨恵,永友 利津子,保田 奈緒美,大久保 滋夫,池田 均,矢冨 裕.全自動電気化学発光免疫測定装置cobas e411による抗TP抗体測定試薬「エクルーシス試薬Anti-TP」の基礎的検討.医学と薬学 72:919-929,2015.
  13. 増戸 梨恵,山口 ひろ子,早川 明子,大久保 滋夫,池田 均,矢冨 裕.全自動エンザイムイムノアッセイ装置aia-2000によるサイログロブリン測定の基礎的検討.日本臨床検査自動化学会会誌 40:63-68,2015.
  14. 増戸 梨恵,山口 ひろ子,早川 明子,大久保 滋夫,池田 均,矢冨 裕.全自動電気化学発光免疫測定装置Cobas 6000 による抗サイログロブリン抗体および抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体測定の基礎的検討.日本臨床検査自動化学会会誌 40:265-271,2015.
  15. 村上 正巳,柏木 厚典,武井 泉,雨宮 伸,石橋 みどり,植木 浩二郎,佐藤 麻子,永峰 康孝,前川 真人,矢冨 裕,HbA1c適正運用機構.HbA1c NGSP値のサーベイ.糖尿病 58:45-50,2015.
  16. 毛利 真理子,田中 雅美,影山 祐子,宿谷 賢一,大久保 滋夫,藤城 緑,下澤 達雄,矢冨 裕.次亜塩素酸ナトリウムを用いたアルカプトン尿の簡易検査法.医学検査 64:324-329,2015.
  17. 吉川 直之,増田 亜希子,常名 政弘,大久保 滋夫,矢冨 裕.ADVIA 2120iを用いた大型血小板比率の測定 血小板産生能の指標としての臨床的有用性.日本検査血液学会雑誌 16:272-281,2015.

和文総説

  1. 川口 直子.第31回世界医学検査学会(IFBLS)に参加して.Medical Technology 43:202-203,2015.
  2. 久米幸夫.腫瘍マーカー検査.Medical Technology 43: 581-586,2015.
  3. 蔵野 信,矢冨 裕.リゾリン脂質と動脈硬化:虚血性心疾患予防への新たなアプローチとしての可能性.呼吸と循環 63:847-851,2015.
  4. 下澤 達雄.高血圧患者へのアプローチ.日本内科学会雑誌 104:211-217,2015.
  5. 下澤達雄.高血圧治療における検査・診断の意義:バイオマーカー.日本臨牀 73:1833-1835,2015.
  6. 曽根 伸治.夜勤のための研修-どんな教育が必要か.臨床検査 59:281-287,2015.
  7. 大門 雅夫.心臓のアンチエイジングの指標は何か?Anti-aging Medicine 11:494-502,2015.
  8. 丸尾 理恵,金子 誠.血小板機能検査.検査と技術 43:110-116,2015.
  9. 矢冨 裕.質量分析によるがん診断への取り組み−司会のことば− 臨床病理 63:1080-1081,2015.
  10. 矢冨 裕.脂質メディエーターの臨床検査.臨床病理 63:1183-1186,2015.
  11. 矢冨 裕.リゾリン脂質と免疫制御 基礎から応用へ オートタキシン.炎症と免疫 23:280-284,2015.
  12. 渡辺 清明,矢冨 裕,大島 充一,宮地 勇人.臨床検査―基準範囲を考える.Vita 32:1-23,2015.
  13. Veillon Lucas,郷 慎司,松山 和佳奈,鈴木 明身,長崎 実佳,矢冨 裕,井ノ口 仁一.Identification of Ganglioside GM3 Molecular Species in Human Serum Associated With Risk Factors of Metabolic Syndrome.脂質生化学研究 57:217-222,2015.

和文著書

  1. 久米 幸夫.血栓性血小板減少性紫斑病(TTP),溶血性尿毒症症候群(HUS).「検査と技術」 増刊号「血液形態アトラス」.(矢冨 裕,増田 亜希子,常名 政弘 編)pp. 1072-1074,pp. 1075-1077.医学書院,東京.2015.
  2. 蔵野 信.糖尿病診断のための検査 東大病院糖尿病教室.(門脇 孝 編)医薬ジャーナル社.大阪.pp. 35,2015.
  3. 蔵野 信.炎症性サイトカイン.動脈硬化予防.(寺本 民生 編) pp. 52-57.メジカルビュー社,東京.2015.
  4. 蔵野 信,可野 邦行,矢冨 裕,青木 順賢.リゾリン脂質を標的とした診断と創薬.(村上 誠,横溝 岳彦 編)「実験医学 増刊号」 Vol.33 No.15,pp. 178-185,2015.
  5. 蔵野 信,塚本 和久.NPC1L1,NPC1.脂質代謝異常と関連疾患<上巻>(尾池 雄一,佐々木 雄彦,村上 誠,矢作 直也 編) pp. 221-228.エル・アイ・シー,東京.2015
  6. 蔵野 信,木下 誠.ABCG5/8. 脂質代謝異常と関連疾患<上巻>(尾池 雄一,佐々木 雄彦,村上 誠,矢作 直也 編) pp. 327-332.エル・アイ・シー,東京.2015.
  7. 蔵野 信,塚本 和久.PON1.脂質代謝異常と関連疾患<上巻>(尾池 雄一,佐々木 雄彦,村上 誠,矢作 直也 編) pp. 429-433.エル・アイ・シー,東京.2015.
  8. 宿谷 賢一.カラー図譜 尿沈渣.臨床検査データブック2015-2016(高久 史麿 監修)pp. 30-32.医学書院,東京.2015.
  9. 宿谷 賢一,北村 聖.一般尿検査の採尿・定性・沈渣.臨床検査データブック2015-2016(高久 史麿 監修)pp. 80-82.医学書院,東京.2015.
  10. 宿谷 賢一,北村 聖.便潜血検査の採便.臨床検査データブック2015-2016(高久 史麿 監修)pp. 83-84.医学書院,東京.2015.
  11. 宿谷 賢一,下澤 達雄.胃液.臨床検査データブック2015-2016(高久史麿 監修)pp. 727-729.医学書院,東京.2015.
  12. 宿谷 賢一,下澤 達雄.髄液(CSF).臨床検査データブック2015-2016(高久 史麿 監修)pp. 734-736.医学書院,東京.2015.
  13. 宿谷 賢一,下澤 達雄.胆汁.臨床検査データブック2015-2016(高久 史麿 監修)pp. 739-740.医学書院,東京.2015.
  14. 宿谷 賢一,下澤 達雄.腹水.臨床検査データブック2015-2016(高久 史麿 監修)pp. 742-743.医学書院,東京.2015.
  15. 宿谷 賢一,下澤 達雄.便潜血(便中ヘモグロビン).臨床検査データブック2015-2016(高久 史麿 監修)pp. 718-719.医学書院,東京.2015.
  16. 宿谷 賢一.尿沈渣.臨床検査ガイド2015年改訂版(三橋 知明 編集)pp. 1082-1084.文光堂,東京.2015.
  17. 宿谷 賢一.髄液細胞の観察.髄液検査技術教本(日本臨床検査技師会 監修)pp. 31-38.丸善出版,東京.2015.
  18. 大門 雅夫.収縮能が保たれた心不全HFpEF.診断と治療.pp.47-53.診断と治療社,東京.2015.
  19. 大門 雅夫.弁膜症.Heart View (副嶋 弘文,小川 久雄 企画/構成)pp.59-64.メジカルビュー社,東京.2015.
  20. 中尾 倫子,大門 雅夫.心筋症の心臓超音波検査所見.医学のあゆみ(山本 一博 編)pp. 1047-1054.医歯薬出版社,東京.2015.
  21. 中尾 倫子,大門 雅夫.心不全診療のための心エコー図検査:2)拡張能をいかにとらえるか.診断と治療.pp.77-83.診断と治療社,東京.2015.
  22. 廣川 愛美,大門 雅夫.高齢者の拡張不全は必ずしも左室肥大を伴わないと聞きました。それはなぜでしょうか? 拡張不全のQ&A(伊藤 浩 編)pp.49-51.中外医学社,東京.2015.
  23. 廣川 愛美,大門 雅夫.心エコー図検査の正常値の加齢に伴う変化に関して教えてください.拡張不全のQ&A(伊藤 浩 編)pp.100−103.中外医学社,東京. 2015.
  24. 廣川 愛美,大門 雅夫.僧帽弁疾患.臨床雑誌内科(永井 良三 編)pp.1061-1064.南江堂,東京.2015.
  25. 廣川 愛美,大門 雅夫.拡張型心筋症治療戦略構築のための評価ポイント.心エコー (坂田 泰史 編)pp.1014−1023.文光堂,東京.2015.
  26. 増田 亜希子.免疫グロブリン遊離L鎖κ/λ比.medicina増刊号「これだけは知っておきたい検査のポイント-第9集」.(矢冨 裕 編)pp. 148-149.医学書院,東京.2015.
  27. 増田 亜希子.可溶性IL-2レセプター.medicina増刊号「これだけは知っておきたい検査のポイント-第9集」.(矢冨 裕 編)pp. 150-151.医学書院,東京.2015.
  28. 増田 亜希子. WHO分類(第4版)に基づく血液疾患分類,芽球形質細胞様樹状細胞腫瘍(BPDCN),慢性骨髄性白血病(CML),慢性好酸球性白血病(CEL),骨髄異形成症候群の概略,特発性血球異形成(IDUS),特発性血球減少症(ICUS),節外性濾胞辺縁帯粘膜関連リンパ組織型リンパ腫(MALTリンパ腫),原発性アミロイドーシス,末梢性T細胞リンパ腫,非特定型(PTCL,NOS),未分化大細胞型リンパ腫(ALCL),T細胞大顆粒リンパ球性白血病(T-LGLL),Hematogones(HGs).「検査と技術」 増刊号「血液形態アトラス」.(矢冨 裕,増田 亜希子,常名 政弘 編)医学書院,東京.2015.
  29. 李 政哲,大門 雅夫.右心機能の評価と右心不全の治療.循環器(小室 一成,佐地 勉,坂田 隆造 編)pp.36-45.中外医学社,東京.2015.

和文編著等

  1. 小室 一成 監修.大門 雅夫,渡辺 弘之,川田 貴之 編.実践的心エコー入門.中山書店,東京.2015.
  2. 大門 雅夫 編.心エコー 「新しいAHA/ACC弁膜症ガイドラインを知る」.文光堂,東京.2015.
  3. 大門 雅夫 編.心エコー 特集「腫瘍、疣腫、それとも血栓?」.文光堂,東京.2015.
  4. 大門 雅夫 編.Heart View 特集「右心機能の重要性を考える」.メジカルビュー社.東京.2015.
  5. 大門 雅夫 編.心エコー 弁膜症のギモン A to Z.文光堂,東京.2015.金井 正光 監修.奥村 伸生,戸塚 実,矢冨 裕 編集.臨床検査法提要 改訂第34版.金原出版,東京.2015.
  6. 櫻林 郁之介 監修.矢冨 裕,廣畑 俊成,山田 俊幸,石黒 厚至 編集.今日の臨床検査2015-2016.南江堂,東京.2015.
  7. 矢冨 裕,増田 亜希子,常名 政弘 編.「検査と技術」増刊号「血液形態アトラス」.医学書院,東京.2015.
  8. 矢冨 裕,野田 光彦 編.最新 健康診断と検査がすべてわかる本.時事通信社,東京.2015.
  9. 矢冨 裕 編.medicina増刊号「これだけは知っておきたい検査のポイント-第9集」.医学書院,東京.2015.

国内学会発表

  1. 大金 亜弥,吉川 直之,常名 政弘,増田 亜希子,大久保 滋夫,矢冨 裕.新規多項目自動血球分析装置XN-550を用いた体腔液測定の基礎的検討.日本臨床検査自動化学会 第47回大会. 2015.10.8-10.横浜.
  2. 大金 亜弥,常名 政弘,吉川 直之,水間 知世,丸尾 理恵,寺島 道子,田邉 久美子,増田 亜希子,大久保 滋夫,矢冨 裕.デング熱の検査所見の特徴 当院で経験した症例の解析.第16回 日本検査血液学会学術集会.2015.7.11-12.名古屋.
  3. 影山 祐子,宿谷 賢一,森田 賢史,久末 直子,田中 雅美,大久保 滋夫,下澤 達雄,矢冨 裕.骨髄腫に伴う二次性Fanconi症候群によると思われたミオグロビン尿の一例.第7回 日本臨床一般検査学会.2015.9.12.春日井.
  4. 影山 祐子,宿谷 賢一,森田 賢史,久末 直子,田中 雅美,大久保 滋夫,下澤 達雄,矢冨 裕.横紋筋融解症を伴わないミオグロビン尿の症例.第11回 東京都医学検査学会.2015.11.1.立川.
  5. 影山 祐子,小野 佳一,野々部 亮子,佐藤 美知子,湯浅 薫,蔵野 信,大久保 滋夫,矢冨 裕.栄養指導とリンクしたCGM検査の導入とその効果.第62回 日本臨床検査医学会学術集会2015.11.19-22.岐阜.
  6. 川田 貴之,大門 雅夫,木村 公一,中尾 倫子,李 政哲,廣川 愛美,宇野 漢成,竹中 克,渡辺 昌文,矢冨 裕,小室 一成.重症心不全を呈した拡張型心筋症例における三尖弁輪等容収縮期移動速度の有用性.第26回 日本心エコー図学会学術集会. 2015.3.26-28. 北九州.
  7. 木村 公一,森田 啓行,大門 雅夫,中尾 倫子,李 政哲,廣川 愛美,竹中 克,小室 一成.筋ジストロフィー患者における静脈血栓症.第63回 日本心臓病学会学術集会.2015.9.18-20.横浜.
  8. 久米 幸夫, 小野 佳一, 常名 政弘, 大久保 滋夫, 蔵野 信, 矢冨 裕.DM-JACK Exを用いたメタボリードHbA1cの基礎的検討.日本臨床検査自動化学会 第47回大会.2015.10.8-10.横浜.
  9. 久米 幸夫,小野 佳一,常名 政弘,大久保 滋夫,蔵野 信,矢冨 裕.IFCC HbA1c標準液Lot IstanbulとReCCS JCCRM411-3の関係性 アークレイHA8181と東ソーG9での比較検討 第55回 日本臨床化学会年次学術集会.2015.10.30-1.大阪.
  10. 蔵野 信,原 眞純,常山 幸一,矢冨 裕,塚本 和久.肝臓ー胆汁間のコレステロールハンドリングの糖代謝への影響.第52回 日本臨床分子医学会 年次学術集会.2015.4.10.京都.
  11. 蔵野 信,清水 知,宮崎 修,原 眞純,塚本 和久,矢冨 裕.アポ蛋白Mの抗インスリン抵抗性作用・抗糖尿性腎症作用.第58回 日本糖尿病学会 年次学術集会.2015.5.21.下関.
  12. 蔵野 信,常山 幸一,原 眞純,矢冨 裕,塚本 和久.Human Hepatic ABCG5 lacks the potency for sterol excretion.第47回 日本動脈硬化学会年次学術集会.2015.7.9.仙台.
  13. 蔵野 信,池田 均,矢冨 裕.CETPは,リポ蛋白におけるアポ蛋白M,スフィンゴシン1-リン酸の分布を変化させる.第55回 日本臨床化学会学術集会.2015.10.31.大阪.
  14. 蔵野 信.アポ蛋白Mを通じたスフィンゴシン1-リン酸学の構築.第55回 日本臨床化学会学術集会.2015.10.31.大阪.
  15. 蔵野 信.肝疾患による二次性脂質異常症.第61回 日本臨床検査医学会学術集会 シンポジウム.2015.11.21.岐阜.
  16. 蔵野 信,清水 知,矢冨 裕.糖尿病性腎症におけるアポ蛋白Mの役割.第61回 日本臨床検査医学会学術集会.2015.11.22.岐阜.
  17. 後藤 寛昭,手嶋 桃江,疋田 宏美,小室 貴子,大久保 滋夫,矢冨 裕.腎細胞癌との鑑別に難渋した腎血管筋脂肪腫の1症例.第64回 日本医学検査学会.2015.5.16-17.福岡.
  18. 小室 貴子,森 和彦,山形 研一郎,宇野 漢成,清水 康平,田嶋 江里子,飯野 弘子,塚本 裕美,木村 恵美子,大久保 滋夫,中尾 倫子,大門 雅夫,瀬戸 泰之,矢冨 裕.食道再建術後の心電図・心機能変化と術式の関連についての検討.第62回 日本臨床検査医学会学術集会.2015.11.19-22.岐阜.
  19. 清水 康平,牧元 久樹,藤生 克仁,小室 貴子,大久保 滋夫,大門 雅夫,網谷 英介,矢冨 裕,小室 一成.慢性腎臓病は夜間特異的に心臓副交感神経活性を低下させる.第79回 日本循環器学会,2015.4.24-26.大阪.
  20. 宿谷 賢一.血尿診断ガイドライン2013発刊を受けて.腎・泌尿器検査研究会 第11回学術集会,シンポジウム.2015.3.21.東京.
  21. 宿谷 賢一.尿沈渣検査におけるエビデンスの構築を目指して.腎・泌尿器検査研究会 第11回学術集会,公開討論会.2015.3.21.東京.
  22. 宿谷 賢一.尿検査から考える病態 尿沈渣検査でここまでわかる.第64回 日本医学検査学会.シンポジウム.2015.5.16-17.福岡.
  23. 宿谷 賢一,田中 雅美,森田 賢史,久末 直子,影山 祐子,大久保 滋夫,下澤 達雄,矢冨 裕.新規尿中有形成分分析装置(試作機)における異型細胞検出の可能性について.日本臨床検査自動化学会 第47回大会.2015.10.8-10.横浜.
  24. 宿谷賢一,影山 祐子,下澤 達雄.尿沈渣検査法JCCLS GP1-P4における尿中赤血球形態と今後の展開.第7回日本臨床一般検査学会 パネルディスカッション.2015.9.12.春日井.
  25. 宿谷 賢一.これからの髄液検査法 髄液検査法2002からの変更のポイント.平成27年度日臨技関甲信支部医学検査学会(第52回).シンポジウム.2015.10.16-.長野.
  26. 宿谷 賢一,影山 祐子,下澤 達雄,大久保 滋夫,矢冨 裕.JCCLS GP1-P4における尿中赤血球形態と今後の展開.第62回 日本臨床検査医学会学術集会 シンポジウム13「新たな血尿診断ガイドラインと検尿の今後」.2015.11.19-22.岐阜.
  27. 圓山 雅己,加藤 倫子,森本 良子,宮崎 彩記子,大門 雅夫,大村 寛敏,天野 篤,代田 浩之.大動脈弁狭窄症患者における弁置換・冠動脈バイパス術同時施行例における術後心房細動発症に関わる因子の検討.第26回 日本心エコー図学会学術集会.2015.3.26-28.北九州.
  28. 大黒 達也,矢冨 裕,湯本 真人.聴覚誘発脳磁場応答を用いたヒトの統計学習の解明,第17回日本ヒト脳機能マッピング学会.2015.7.2-3.大阪.
  29. 大黒 達也,矢冨 裕,湯本 真人.Pitch class認知と無調和音列の統計学習の関連性.第17回 日本ヒト脳機能マッピング学会.2015.7.2-3.大阪.
  30. 大黒 達也,矢冨 裕,湯本 真人.顕在・潜在統計学習の神経生理学的指標.第20回 認知神経科学会学術集会.2015.8.8-9.東京,
  31. 大黒 達也,矢冨 裕,湯本 真人,神経生理学的指標を用いた領域一般的統計学習の解明.第45回 日本臨床神経生理学会学術大会,2015.11.5-7.大阪.
  32. 大黒 達也,湯本 真人,潜在・顕在条件における領域一般的学習の神経生理学的指標,第24回 日本柔道整復接骨医学会学術大会,2015.11.7-8,新潟,
  33. 大門 雅夫,川田 貴之,中尾 倫子,木村 公一,李 政哲,廣川 愛美,宇野 漢成,竹中 克.加齢に伴う心エコー図指標の変化について.第16回 心筋会. 2015.1.31.東京.
  34. 高木 力,福田 祥大,渡辺 弘之,岩倉 克臣,大門 雅夫,伊藤 浩,吉川 純一.高齢高血圧患者における心房細動患者の頻度と病態 The AAA Japan Studyサブ解析.第63回 日本心臓病学会学術集会.2015.9.18-20.横浜.
  35. 高橋 勇二,大黒 達也,二神 弘子,樽本 修和,安田 秀喜.運動が統計学習とその周波数スペクトル変化に対する耐性に及ぼす影響.第20回 認知神経科学会学術集会.2015.8.8-9.東京,
  36. 高橋 勇二,大黒 達也,二神 弘子,樽本 修和,安田 秀喜.律動的運動が領域一般的学習とその周波数スペクトル変化に対する耐性に及ぼす影響.第24回 日本柔道整復接骨医学会学術大会.2015.11.7-8.新潟,
  37. 伊達 亜理沙,高橋 恵,森田 賢史,堤 由紀子,久末 崇司,曽根 伸治,大久保 滋夫,蔵野 信,矢冨 裕.採血時のトラブル減少に向けた取り組み.第62回 日本臨床検査医学会学術集会.2015.11.19-22.岐阜.
  38. 田中 雅美,影山 祐子,川口 直子,久末 崇司,宿谷 賢一,大久保 滋夫,矢冨 裕.小型の多項目自動血球分析装置(試作機)を用いた髄液細胞算定の基礎的検討.第64回 日本医学検査学会.2015.5.16-17.福岡.
  39. 田中 雅美,宿谷 賢一,森田 賢史,久末 直子,影山 祐子,大久保 滋夫,下澤 達雄,矢冨 裕.新規尿中有形成分分析装置(試作機)「体液測定モード」の基礎的検討.日本臨床検査自動化学会 第47回大会.2015.10.8-10.横浜.
  40. 田邉 久美子,増田 亜希子,寺島 道子,佐藤 優実子,常名 政弘,大久保 滋夫,矢冨 裕.BCR-ABL1を伴うTリンパ芽球性白血病の一症例.第25回 日本サイトメトリー学会学術集会.2015.7.11-12.東京.
  41. 千明 真弓,宇野 漢成,大門 雅夫,中尾 倫子,川田 貴之,木村 公一,李 政哲,廣川 愛美,佐々木 賀津乃,岡野 智子,宮崎 令子,菅原 将代,安東 恵,竹中 克,矢冨 裕.簡便な運動負荷心エコーが労作時息切れの診断に有効であった一例.第26回 日本心エコー図学会学術集会.2015.3.26-28.北九州.
  42. 飛田 明子,下坂 浩則,奥山 恵理子,大久保 滋夫,池田 均,矢冨 裕.AIA-CL2400によるBNP測定試薬の基本的性能評価.第47回 日本臨床検査自動化学会大会.2015.10.10.横浜.
  43. 中尾 倫子,大門 雅夫,上原 雅恵,縄田 寛,廣川 愛美,木村 公一,川田 貴之,小野 稔,小室 一成.僧帽弁位感染性心内膜炎に対する僧帽弁形成術後に仮性心室瘤を形成した症例.第6回 日本心臓弁膜症学会.2015.12.4-5.東京.
  44. 西森 まどか,永友 利津子,下坂 浩則,大久保 滋夫,矢冨 裕.新規試薬抗Sm抗体検査キット「エリア SmDp」の基礎検討.第64回 日本医学検査学会.2015.5.16.福岡.
  45. 早川 明子,山口 ひろ子,奥山 恵理子,大竹 奈都子,下坂 浩則,大久保 滋夫,矢冨 裕.全自動化学発光酵素免疫測定装置AIA-CLによるTg測定試薬の基礎的検討.第64回 日本医学検査学会.2015.5.16.福岡.
  46. 久末 崇司,宿谷 賢一,久末 直子,影山 祐子,田中 雅美,大久保 滋夫,下澤 達雄,矢冨 裕.関節液が白色を呈した痛風の一症例.第11回 東京都医学検査学会.2015.11.1.立川.
  47. 久末 直子,宿谷 賢一,森田 賢史,影山 祐子,田中 雅美,大久保 滋夫,下澤 達雄,矢冨 裕.ミエローマ円柱を認めた3症例.第11回 東京都医学検査学会.2015.11.1.立川.
  48. 廣川 愛美,大門 雅夫,川田 貴之,木村 公一,中尾 倫子,李 政哲,宇野 漢成,竹中 克,加藤 倫子,渡辺 昌文,山崎 力,小室 一成.高齢女性における左室拡張障害:閉経時期の違いとその後の左室拡張障害の関係.第26回 日本心エコー図学会学術集会.2015.3.26-28.北九州.
  49. Megumi Hirokawa, Masao Daimon, Takayuki Kawata, Koichi Kimura, Tomoko Nakao, Cheng-Che Lee, Tomoko Katoh, Masafumi Watanabe, Tsutomu Yamazaki, Issei Komuro.Influence of Early Menopause on Left Ventricular Diastolic Dysfunction:A Clinical Observational Study in Healthy Subjects.第79回 日本循環器病学会学術集会.2015.4.24-26.大阪.
  50. 廣川 愛美,大門 雅夫,馬原 啓太郎,金 一,高梨 秀一郎,友池 仁暢,小室 一成.高度三尖弁逆流に対する単独外科的治療後の右心機能評価について. 第6回 日本心臓弁膜症学会.2015.12.4-5.東京.
  51. 増田 亜希子.第5回血液検査機器技術セミナ− 臨床医が求める血液検査の報告 〜緊急性の高い検査データとは?〜.日本臨床検査自動化学会 第47回大会. 2015.10.8.横浜.
  52. 松本 彩,仲村 恵,若林 祐里江,永松 明美,佐藤 麻友子,金子 真佐美,柳田 道孝,下坂 浩則,影山 祐子,宮本 和子,渡部 歌織,森豊 隆志,山崎 力,東大病院P1ユニット試験実施グループ.ARO機能を活用して臨床試験を実施する東大病院P1ユニット.ARO協議会 第3回学術集会.2015.9.18-19.東京.
  53. 丸尾 理恵,金子 誠,菅野 信子,佐藤 金夫,小野 佳一,久米 幸夫,常名 政弘,大久保 滋夫,尾崎 由基男,矢冨 裕.血小板凝集能検査の自動測定化:測定法標準化と抗血小板薬効果判定に向けて.第16回 日本検査血液学会学術集会.2015.7.11-12.名古屋.
  54. 丸尾 理恵,金子 誠,菅野 信子,渡邊 ゆり,佐藤 金夫,常名 政弘,大久保 滋夫,尾崎 由基男,矢冨 裕.全自動血液凝固測定装置CS-2000iでの血小板凝集能検査:時間経過における凝集能の安定性.日本臨床検査自動化学会 第47回大会.2015.10.8-10.横浜.
  55. 森田 賢史,田中 雅美,久末 直子,影山 祐子,宿谷 賢一,大久保 滋夫,下澤 達雄,矢冨 裕.髄液一般検査における髄液異型細胞の検出率.第7回日本臨床一般検査学会.2015.9.12.春日井.
  56. 森田 賢史,田中 雅美,久末 直子,影山 祐子,宿谷 賢一,大久保 滋夫,下澤 達雄,矢冨 裕.サムソン染色による髄液異型細胞の検出状況.第11回 東京都医学検査学会.2015.11.1.立川.
  57. 森本 良子,大門 雅夫,喜多村 健一,高橋 由佳里,圓山 雅己,宮崎 彩記子,加藤 倫子,大村 寛敏,代田 浩之.心サルコイドーシスの病勢評価に対して心エコースペックトラッキング法ストレイン値が有用であった一例.第63回 日本心臓病学会学術集会.2015.9.18-20.横浜.
  58. 森本 良子,大門 雅夫,宮崎 彩記子,圓山 雅己,加藤 倫子,大村 寛敏,代田 浩之.骨粗鬆症治療薬の大動脈弁狭窄症進展抑制効果における検討.第26回 日本心エコー図学会学術集会.2015.3.26-28.北九州.
  59. 矢冨 裕.検査結果の見かた.第32回 東京大学医師会 公開講座.2015.2.20.東京.
  60. 矢冨 裕.脂質メディエーターの臨床検査.第10回 日本臨床検査医学会特別例会「シンポジウム1:未来的臨床検査のパースペクティブ」.2015.4.13.京都.
  61. 矢冨 裕.R-CPC.第64回 日本医学検査学会.2015.5.16-17.福岡.
  62. 矢冨 裕.学術講演2「オートタキシンの臨床検査への導入を目指して」.第33回 日本臨床化学会 甲信越支部総会.2015.6.6-7.松本.
  63. 矢冨 裕.血小板の臨床検査.大阪府医師会医学会 学術講演会.2015.6.25.大阪.
  64. 吉川 直之,増田 亜希子,常名 政弘,大久保 滋夫,矢冨 裕.新規多項目自動血球分析装置XN-550の基礎的検討.日本臨床検査自動化学会 第47回大会. 2015.10.8-10.横浜.
  65. 李 政哲,大門 雅夫,中尾 倫子,川田 貴之,木村 公一,廣川 愛美,宇野 漢成,竹中 克,山崎 力,小室 一成. 左房容積の決定因子:左房容積は左室拡張能のみで規定されるのか? 第26回 日本心エコー図学会学術集会.2015.3.26-28.北九州.
  66. 徐 博卿,中尾 倫子,大門 雅夫,川田 貴之,木村 公一,廣川 愛美,宇野 漢成,竹中 克,矢冨 裕,小室 一成.若年で難治性の拡張性心不全を呈した一例. 第58回 東京心エコー図研究会.2015.11.21.東京.
このページのトップへ
Copyright © 東京大学医学部附属病院検査部. All Rights Reserved.