HOME
業績
2014年

英文原著論文

  1. Amemiya, K., Karino, S., Ishizu, T., Yumoto, M., and Yamasoba, T. Distinct neural mechanisms of tonal processing between musicians and non-musicians. Clin Neurophysiol. 125: 738-747, 2014.
  2. Daikoku, T., Yatomi, Y., and Yumoto, M. Implicit and explicit statistical learning of tone sequences across spectral shifts. Neuropsychologia. 63: 194-204, 2014.
  3. Enooku, K., Nakagawa, H., Soroida, Y., Ohkawa, R., Kageyama, Y., Uranbileg, B., Watanabe, N., Tateishi, R., Yoshida, H., Koike, K., Yatomi, Y., and Ikeda, H. Increased serum mitochondrial creatine kinase activity as a risk for hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis C patients. Int. J. Cancer 135: 871-879, 2014.
  4. Ibrahim, R., Matsubara, D., Osman, W., Morikawa, T., Goto, A., Morita, S., Ishikawa, S., Aburatani, H., Takai, D., Nakajima, J., Fukayama, M., Niki, T., and Murakami, Y. Expression of PRMT5 in lung adenocarcinoma and its significance in epithelial-mesenchymal transition. Hum Pathol. 45: 1397-1405, 2014.
  5. Ichinose, J., Watanabe, K., Sano, A., Nagase, T., Nakajima, J., Fukayama, M., Yatomi, Y., Ohishi, N., and Takai, D. Alternative polyadenylation is associated with lower expression of PABPN1 and poor prognosis in non-small cell lung cancer. Cancer Sci. 105: 1135-1141, 2014.
  6. Iida, Y., H. Tsuno, N., Kishikawa, J., Kaneko, K., Murono, K., Kawai, K., Ikeda, T., Ishihara, S., Yamaguchi, H., Sunami, E., Kitayama, J., Yatomi, Y., and Watanabe, T. Lysophosphatidylserine Stimulates Chemotactic Migration of Colorectal Cancer Cells Through GPR34 and PI3K/Akt Pathway. Anticancer Res. 34: 5465-5472, 2014.
  7. Iino, J., Osada, M., Kurano, M., Kaneko, M., Ohkawa, R,. Satoh, Y., Okubo, S., Ozaki, Y., Tozuka, M., Tsuno, N.H., and Yatomi, Y. Platelet-derived sphingosine 1-phosphate induces migration of Jurkat T cells. Lipids Health Dis. 13: 150, 2014.
  8. Ito, S., Iwaki, S. Kondo, R., Satoh, M., Iwabuchi, K., Ohkawa, R., Mishima, Y., Yatomi, Y., Furumoto, T., Tsutsui, H., and Fujii, S. TNF-α production in NKT cell hybridoma is regulated by sphingosine-1-phosphate: implications for inflammation in atherosclerosis. Coron Artery Dis. 25: 311-320, 2014.
  9. Jimbo, R., Kawakami-Mori, F., Mu, S., Hirohama, D., Majtan, B., Shimizu, Y., Yatomi, Y., Fukumoto, S., Fujita, T., and Shimosawa, T. Fibroblast growth factor 23 accelerates phosphate-induced vascular calcification in absence of Klotho deficiency. Kidney Int. 85: 1103-1111, 2014.
  10. Kobayashi, T., Seo, S., Morita, S., Goto, A., Masuda, A., Shimizu, N., Nishida, M., Nunobe, S., Ichikawa, M., Takazawa, Y., Seto, Y., Fukayama, M., and Kurokawa, M. Esophageal intramucosal hematoma after peripheral blood stem cell transplantation: case report and review of literature. Int. J. Clin. Exp. Pathol. 7: 2690-2694, 2014.
  11. Kondo, M., Ishizawa, T., Enooku, K., Tokuhara, Y., Ohkawa, R., Uranbileg, B., Nakagawa, H., Tateishi, R., Yoshida, H., Kokudo, N., Koike, K., Yatomi, Y., and Ikeda, H. Increased serum autotaxin levels in hepatocellular carcinoma patients were caused by background liver fibrosis but not by carcinoma. Clin. Chim. Acta. 433: 128-134, 2014.
  12. Kono, R., Kanozawa, K., Shimosawa, T., Tayama, Y., Matsuda, A., Hasegawa, H., and Mitarai, T. Adrenomedullin in peritoneal effluent expressed by peritoneal mesothelial cells. Clin. Exp. Nephrol. 18: 124-129, 2014.
  13. Kurano, M., Hara, M., Tsuneyama, K., Sakoda, H., Shimizu, T., Tsukamoto, K., Ikeda, H., and Yatomi, Y. Induction of insulin secretion by apolipoprotein M, a carrier for sphingosine 1-phosphate. Biochim. Biophys. Acta. 1841: 1217-1226, 2014.
  14. Mitome-Mishima, Y., Miyamoto, N., Tanaka, R., Shimosawa,T., Oishi, H., Arai, H., Hattori, N., and Urabe, T. Adrenomedullin Deficiency and Aging Exacerbate Ischemic White Matter Injury after Prolonged Cerebral Hypoperfusion in Mice. Biomed Res. Int. 2014: 861632, 2014.
  15. Nagai, H., Kuwahira, I., Schwenke, D.O., Tsuchimochi, H., Nara, A., Inagaki, T., Ogura, S., Fujii, Y., Umetani, K., Shimosawa, T., Yoshida, K., Pearson, J.T., Uemura, K., and Shirai, M. β2-Adrenergic Receptor-Dependent Attenuation of Hypoxic Pulmonary Vasoconstriction Prevents Progression of Pulmonary Arterial Hypertension in Intermittent Hypoxic Rats. PLoS One 9: e110693, 2014.
  16. Nishimura, S., Nagasaki, M., Okudaira, S., Aoki, J., Ohmori, T., Ohkawa, R., Nakamura, K., Igarashi, K., Yamashita, H., Eto, K., Uno, K., Hayashi, N., Kadowaki, T., Komuro, I., Yatomi, Y., and Nagai, R. ENPP2 Contributes to Adipose Tissue Expansion and Insulin Resistance in Diet-Induced Obesity. Diabetes. 63: 4154-4164, 2014.
  17. Nojiri, T., Kurano,M., Tokuhara, Y., Ohkubo, S., Hara, M., Ikeda, H., Tsukamoto, K., and Yatomi, Y. Modulation of sphingosine-1-phosphate and apolipoprotein M levels in the plasma, liver and kidneys in streptozotocin-induced diabetic mice. J. Diabetes Investig. 5: 639-648, 2014.
  18. Ogura, M., Ichikawa, M., Masuda, A., Kandabashi, K., Nannya, Y., and Kurokawa, M. A mixed-type autoimmune hemolytic anemia with immune thrombocytopenia related with myositis and post-transplantation lymphoproliferative disorder. Ann. Hematol. 93: 869-871, 2014.
  19. Saigusa, D., Okudaira, M., Wang, J., Kano, K., Kurano, M., Uranbileg, B., Ikeda, H., Yatomi, Y., Motohashi, H., and Aoki, J. Simultaneous quantification of sphingolipids in small quantities of liver by LC-MS/MS. Mass Spectrometry 3: S0046 (0041-0048), 2014.
  20. Satoh, Y., Masuda, A., Jona, M., Nannya, Y., Yokota, H., Kurokawa, M., and Yatomi, Y. Heparin-mediated inhibition of PCR in the accelerated phase of chronic myeloid leukaemia characterised by abundant basophilia. Eur. J. Haematol. 92: 456-457, 2014.
  21. Tokuhara, Y., Shukuya, K., Tanaka, M., Mouri, M., Ohkawa, R., Fujishiro, M., Takahashi, T., Okubo, S., Yokota, H., Kurano, M., Ikeda, H., Yamaguchi, S., Inagaki, S., Ishige-Wada, M., Usui, H., Yatomi, Y., and Shimosawa, T. Detection of novel visible-light region absorbance peaks in the urine after alkalization in patients with alkaptonuria. PLoS One 9: e86606, 2014.
  22. Uranbileg, B., Enooku, K., Soroida, Y., Ohkawa, R., Kudo, Y., Nakagawa, H., Tateishi, R., Yoshida, H., Shinzawa, S., Moriya, K., Ohtomo, N., Nishikawa, T., Inoue, Y., Tomiya, T., Koike, K., Yatomi, Y., and Ikeda, H. High ubiquitous mitochondrial creatine kinase expression in hepatocellular carcinoma denotes a poor prognosis with highly-malignant potential. Int. J. Cancer 134: 2189-2198, 2014.

英文総説

  1. Jimbo, R., Shimosawa, T. Cardiovascular Risk Factors and Chronic Kidney Disease−FGF23: A Key Molecule in the Cardiovascular Disease. Int. J. Hypertens. 2014: 9, 2014.
  2. Kaneko, M., Wanaka, K., Tsuno, N.H., Kanno, N., Nonobe, R., Takahashi, C., Matsuo, T., Okazaki, H., and Yatomi, Y. The diagnosis and management of heparin-induced thrombocytopenia in Japan. ISBT Sci. Ser. 9: 210–216, 2014.
  3. Kawakami-Mori F, Shimosawa, T. Oxidative Stress and Mineralocorticoid Receptor Signaling in the Brain: Possible Therapeutic Targets for Dementia. Ann Clin Exp Hypertension 2: 1015, 2014.
  4. Ogura, S., Shimosawa, T. Oxidative stress and organ damages. Curr. Hypertens. Rep. 16: 452, 2014

国際学会発表

  1. Daikoku, T., Yatomi, Y., and Yumoto, M. Statistical learning and relative processing of tone sequences. 30th International Congress of Clinical Neurophysiology. 2014. 3. 19-23. Berlin, Germany.
  2. Daikoku, T., Yatomi, Y., and Yumoto, M. Statistical learning in language acquisition. 19th International Conference on Biomagnetism. 2014. 8. 24-28. Halifax, Canada.
  3. Kawaguchi, N., Shukuya, K., Tanaka, M., Kageyama, Y., Hisasue, T., Okubo, S., Shimosawa, T., and Yatomi. Y. Performing Urinalysis Based on ISO 15189. The 31st World Congress of Biomedical Laboratory Science 2014 IFBLS. 2014. 10. 3-7. Taipei, Taiwan.
  4. Kurano, M., Aoki, J., Dohi, T., Shimizu, T., Hirowatari, Y., Igarashi, K., and Yatomi, Y. Lysophospholipids in atherosclerosis and thrombosis. 9th Metabolic Syndrome, Type 2 Diabetes, and Atherosclerosis Congress. 2014. 9. 13. Kyoto, Japan.
  5. Makimoto, H., Fujiu, K., Shimizu, K., Amiya, E., Asada, K., Kojima, T., Daimon, M., Meyer, C., and Komuro, I . Diminished Daily Fluction of Heart Rate Variability in Patients with Chronic Kidney Disease. American Heart Association (Scientific sessions 2014)
    2014. 12. 15-19. Chicago, IL, USA.
  6. Maruo, R., Kaneko, M., Kanno, N., Watanabe, Y., Kawate, Y., and Yatomi, Y., Assessment of platelet light transmission aggregometry using the automated coagulation analyzer CS-2000i. The 8th congress of Asia Pacific society on Thrombosis and Hemostasis (APSTH) 2014. 2014. 10. 9-11. Hanoi, Vietnam.
  7. Sato, M., Ohkawa, R.,Kameda, T., Yoshimoto, A., Okubo, S., Yatomi, Y., and Tozuka, M. Effect of SAA on the structure and measurement method of HDL. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2014 Annual Meeting and Clinical Lab Expo. 2014. 7. 27-31. Chicago, IL, USA.
  8. Sato, T., Watanabe-Okochi, N., Masamoto, Y., Yoshizato, T., Ikeda, T., Matsuhashi, M., Iino J., Mishima Y., Yoshikawa N., Masuda A., Yatomi Y., Tsuno N.H., and Okazaki, H. The High CD34+ Cell Count in Premobilization Peripheral Blood Predicts an Earlier Start of Leukapheresis and a Sufficient CD34+ Cell Yield in Autologous Hematopoietic Stem Cell Transplantation Patients. AABB Annual Meeting. 2014. 10. 25-28. Philadelphia, USA.
  9. Shukuya, K. The Trend of Urine Sediment Analysis in Japan - Clinical Importance of Urine Sediment Analysis .The 31st World Congress of Biomedical Laboratory Science 2014 IFBLS. 2014. 10. 3-7. Taipei, Taiwan.
  10. Yoshikawa, N., Masuda, A., Jona, M., Okubo, S., Yokota, H., and Yatomi, Y. Evaluation of Immature Platelet Fraction Measurements Using a New Automated Hematology Analyzer, Sysmex XN. The 9th Cherry Blossom Symposium. 2014. 4. 17-19. Yokoyama, Japan.

和文原著論文

  1. 大川 龍之介,村本 良三,徳原 康哲,荒木 秀夫,大久保 滋夫,横田 浩充,矢冨 裕.血清アルブミンに関する二年間の東京都臨床検査技師会精度管理調査結果の解析.医学検査 63:241-247,2014.
  2. 大金 亜弥,常名 政弘,増田 亜希子,大久保 滋夫,平野 賢二,小池 和彦,矢冨 裕.迅速な連絡が早期診断につながった薬剤性無顆粒球症.医学検査 63: 413-417,2014.
  3. 大久保 滋夫,大川 龍之介,池田 均,矢冨 裕.クレアチンキナーゼアイソザイムキット「L-タイプワコーCK-MB mass」の基礎検討.医学と薬学 71:1935-1943,2014.
  4. 川口 直子,永友 利津子,渡邉 奈緒美,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.BioPlex2200 ANA Screenを用いた抗核抗体のスクリーニング検査の有用性.日本臨床検査自動化学会会誌 39:141-146,2014.
  5. 宿谷 賢一,田中 雅美,久末 崇司,川口 直子,影山 祐子,大久保 滋夫,下澤 達雄,矢冨 裕.尿中有形成分分析装置USCANNER(E)とU-SCANNERUの比較検討.医療と検査機器・試薬 37:97-107,2014.
  6. 高井 大哉.非小細胞肺癌における予後不良因子および治療標的候補分子としてのFERキナーゼ,呼吸 32:189-200,2014.
  7. 高井 大哉.siRNAを用いた遺伝子ノックダウン.呼吸 33:788-793,2014.
  8. 高井 大哉.第60回学術集会シンポジウム9 呼吸器疾患診療を支える臨床検査 司会のことば.臨床病理 62:1203-1204,2014.
  9. 高井 大哉.第60回学術集会シンポジウム9 呼吸器疾患診療を支える臨床検査 気腫合併肺線維症(CPFE)の臨床—簡易呼吸機能検査の限界と検査現場での工夫—.臨床病理 62:1218-1225,2014.
  10. 田中 雅美,宿谷 賢一,毛利 真理子,久末 崇司,影山 祐子,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.尿化学分析装置クリニテックノーバスの基礎的検討.日本臨床検査自動化学会会誌 39:55-61,2014.
  11. 野尻 卓宏,大川 龍之介,大久保 滋夫,横田 浩充,蔵野 信,池田 均,矢冨 裕.新規クレアチニン測定試薬シグナスオートCREの基礎検討.日本臨床検査自動化学会会誌 39:68-72,2014.
  12. 野尻 卓宏,増田 亜希子,大川 龍之介,小井土 清子,下坂 浩則,大久保 滋夫,横田 浩充,蔵野 信,南谷 泰仁,池田 均,黒川 峰夫,矢冨 裕.著明な白血球増加を伴う慢性骨髄性白血病患者で認められた赤血球沈降速度の同一機種間における乖離.臨床病理 62:664-667,2014.
  13. 星 雅人,堀田 真希,宿谷 賢一,野崎 司,古川 博,滝 賢一,油野 友二,稲垣 勇夫.フォトアンケートから得られた典型的な硝子円柱判定基準の確立.医学検査 63:275-282,2014.
  14. 久末崇司,田中雅美,宿谷賢一,大久保滋夫,下澤達雄,矢冨裕. 当院の夜間・休日における自動血球分析装置による髄液細胞算定の運用法. Sysmex Journal Web 15:1-8,2014.
  15. 増田 亜希子,常名 政弘,中崎 久美,南谷 泰仁,黒川 峰夫,矢冨 裕.血液形態診断のためのケースカンファレンス 病型分類が困難であった急性白血病の1症例.日本検査血液学会雑誌 15: 223-232,2014.
  16. 水本 好美,山口 ひろ子,早川 明子,大久保 滋夫,横田 浩充,北中 幸子,矢冨 裕.全自動エンザイムイムノアッセイ装置AIA-2000を用いた高感度エストラジオール(hsE2)測定の基礎的検討.日本臨床検査自動化学会会誌 39:115-120,2014.
  17. 湯浅 薫,金子 誠,永友 利津子,小野 佳一,菅野 信子,植木 浩二郎,門脇 孝,矢冨 裕.測定原理の異なる各種血糖POCT対応機器の臨床現場での有用性.プラクティス 31:378-387,2014.
  18. 渡邉 奈緒美,曽根 伸治,横田 浩充,津野 寛和,矢冨 裕,高橋 孝喜 .手術室での輸血ネットワークシステムの有用性と課題.医学検査 63:3-10,2014.
  19. 渡邉 奈緒美,永友 利津子,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕 .蛍光酵素免疫測定法による抗核抗体スクリーニングの基礎および臨床性能評価.臨床病理 62:315-323,2014.

和文総説

  1. 朝倉 英策,高橋 芳右,内山 俊正,江口 豊,岡本 好司,川杉 和夫,小林 隆夫,瀧 正志,辻仲 利政,松下 正,松野 一彦,窓岩 清治,矢冨 裕,和田 英夫,DIC診断基準作成委員会.日本血栓止血学会DIC診断基準暫定案.日本血栓止血学会誌 25:629-646,2014.
  2. 大川 龍之介,大久保 滋夫,戸塚 実,矢冨 裕.試薬の選定,導入における検討時の注意点.(ブラックボックス化からの脱却−臨床検査の可視化)臨床検査 58: 1505-1510,2014.
  3. 大川 龍之介,大久保 滋夫,戸塚 実,矢冨 裕.発生原因別 異常データの解析・対処・防止策 1)検者由来の異常データ・異常事例.Medical technology 42:779-785,2014.
  4. 大久保 滋夫.Advanced Practice 生化学・一般・緊急・検査総論.マイクロタス(micro total analysis systems:μTAS)を用いたイムノアッセイシステムの特徴で正しいのはどれか.臨床検査 58:1536,2014.
  5. 小野 佳一,金子 誠.β-トロンボグロブリン,血小板第4因子測定のための採血では,強い駆血を行ってはダメ!,Medical Technology 42:1285-1287,2014.
  6. 金子 誠.臨床検査から見た血栓・止血疾患の診断.臨床血液 55:874-881,2014.
  7. 金子 誠.抗血小板療法および非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)投薬時の胃腸リスク低減に関するACCF/ACG/AHA 2008エキスパートコンセンサスの改訂版.血栓と循環 22:256-258,2014.
  8. 川田 貴之,大門 雅夫.心臓超音波.胸部外科 67:607-611,2014.
  9. 久保野 勝男,小松 京子,林 正好,矢冨 裕,宮地 勇人.グローバル化時代の臨床検査.Modern Media 60:1-16,2014.
  10. 佐藤 優実子.ABL1遺伝子変異解析.検査と技術 42: 224-230,2014.
  11. 佐藤 優実子,増田 亜希子,矢冨 裕.APLを遺伝子で追う.日本検査血液学会雑誌 15:364-371,2014.
  12. 佐藤 優実子,増田 亜希子,横田 浩充,矢冨 裕.造血器悪性腫瘍の新たな分類・治療と臨床検査 造血器腫瘍遺伝子検査の運用状況・課題.臨床病理 62: 369-377,2014.
  13. 宿谷 賢一.尿沈渣検査でここまでわかる.臨床病理 62:1098-1101,2014.
  14. 宿谷 賢一,田中 雅美.髄液検査の実際 サムソン染色による細胞分類.Medical Technology 42:437-440,2014.
  15. 宿谷 賢一,田中 雅美.髄液検査の実際 自動機器による髄液細胞算定・同定.Medical Technology 42:453-455,2014.
  16. 宿谷 賢一,田中 雅美,久末 崇司,川口 直子,影山 祐子,大久保 滋夫,下澤 達雄,矢冨 裕.一般検査室から発信する尿沈渣情報.臨床検査 58:450-454,2014.
  17. 高橋 千春,金子 誠.第VIII因子とフォンヴィレブランド因子の測定による血友病Aと血友病キャリアの鑑別.Medical Technology 42:10-11,2014.
  18. 高橋 千春,増田 亜希子,金子 誠. 血液・止血領域. 臨床検査 58:50-54,2014.
  19. 田中 雅美,宿谷 賢一.髄液検査の実際 髄液細胞の保存方法.Medical Technology 42:441-443,2014.
  20. 野々部 亮子,金子 誠.血小板機能の人種における差異と抗血小板薬. 血液内科 69:795-800,2014.
  21. 野々部 亮子,金子 誠.ヘマトクリット55%超の患者では,凝固採血時にクエン酸量を補正しないとダメ!,Medical Technology 42:1288-1290,2014.
  22. 廣井 透雄,矢冨 裕.ねらい「臨床検査-ここまで進んだ検査の世界」.診断と治療 102:1,2014.
  23. 増田 亜希子.敗血症の新規バイオマーカー「プレセプシン」の有用性.血液内科 69: 568-571,2014.
  24. 矢冨 裕.臨床検査の現状と課題-検査と検査室の標準化.診断と治療 102:6-10,2014.
  25. 矢冨 裕.扉「止血異常とDICの実地診療」.Medical Practice 31:5,2014.
  26. 矢冨 裕.この症例から何を学ぶか-軽症血友病Aの2例.Medical Practice 31:136-139,2014.
  27. 矢冨 裕.私の目指す臨床検査医学研究.臨床病理 62:1052-1055,2014.
  28. 矢冨 裕.血小板の臨床検査の進歩.臨床血液 55:2054-2059,2014.
  29. 矢冨 裕.「生理機能検査の進歩」特集のねらい.医療機器学 84:437,2014.
  30. 矢冨 裕.本態性血小板血症.ドクターサロン 58:326-329,2014.
  31. 和田 攻,矢冨 裕,大森 司,須永 眞司.実地医家は止血異常の症例の診断・治療をどう進めるか.Medical Practice 31:25-41,2014.

和文著書

  1. 伊井野 潤子,金子 誠.診断に直結する検査値の読み方事典(池田 均 編),分担執筆《クロスミキシング試験(混合交差試験);pp. 392-393,凝固因子インヒビター(第VIII因子,第IX因子インヒビター);pp. 394-395,抗胃抗体(抗内因子抗体,抗胃壁細胞抗体);pp. 500-501》,総合医学社,東京,2014.
  2. 大川 龍之介,矢冨 裕.スフィンゴシン 1-リン酸(Sph-1-P).検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 292.総合医学社,東京.2014.
  3. 小野 佳一,金子 誠.診断に直結する検査値の読み方事典(池田 均 編),分担執筆《フィブリノゲン;pp. 365-367,可溶性フィブリンモノマー複合体;pp. 368-369,フィブリン,フィブリノゲン分解産物;pp. 370-371,Dダイマー;pp. 372-373,共通系因子(第II因子(プロトロンビン),第V因子,第X因子);pp. 374-375》,総合医学社,東京,2014.
  4. 金子 誠.凝固因子に関する検査.出血性疾患の実践診療マニュアル-すべての臨床医のために(矢冨 裕,大森 司 編) pp. 36-46.南江堂,東京,2014.
  5. 金子 誠.血栓性血小板減少性紫斑病(TTP).出血性疾患の実践診療マニュアル-すべての臨床医のために(矢冨 裕,大森 司 編)pp. 162-165.南江堂,東京,2014.
  6. 金子 誠.先天性の血栓性血小板減少性紫斑病(Upshaw-Schulman症候群).出血性疾患の実践診療マニュアル-すべての臨床医のために(矢冨 裕,大森 司 編)pp. 166-169.南江堂,東京,2014.
  7. 久米 幸夫,金子 誠.診断に直結する検査値の読み方事典(池田 均 編),分担執筆《出血時間;pp. 352-353,全血凝固時間;pp. 354-355,毛細管抵抗試験;pp. 356-357,外因系凝固因子(第VII因子,組織因子,組織因子経路インヒビター);pp. 378-379,ADAMTS13;pp. 384-385》,総合医学社,東京,2014.
  8. 菅野 信子,丸尾 理恵,金子 誠.診断に直結する検査値の読み方事典(池田 均 編),分担執筆《プロトロンビンフラグメント1+2;pp. 376-377,von Willebrand factor,von Willebrand factorマルチマー解析;pp. 382-383》,総合医学社,東京,2014.
  9. 蔵野 信.NASHを合併した壮年男性.脂質異常症 診療ガイド Q&A(寺本 民生 編)南山堂,東京.2014.
  10. 蔵野 信.喫煙.脂質異常症 診療ガイド Q&A(寺本 民生 編)南山堂,東京.2014.
  11. 宿谷 賢一.尿量.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 659.総合医学社,東京.2014.
  12. 宿谷 賢一.尿比重.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 660.総合医学社,東京.2014.
  13. 宿谷 賢一.尿pH.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 661.総合医学社,東京.2014.
  14. 宿谷 賢一.尿蛋白.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 662.総合医学社,東京.2014.
  15. 宿谷 賢一.尿中アルブミン.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 663.総合医学社,東京.2014.
  16. 宿谷 賢一.尿潜血.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 664.総合医学社,東京.2014.
  17. 宿谷 賢一.尿糖.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 665.総合医学社,東京.2014.
  18. 宿谷 賢一.尿ケトン体.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 666.総合医学社,東京.2014.
  19. 宿谷 賢一.尿ウロビリノゲン,尿ビリルビン.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 667.総合医学社,東京.2014.
  20. 宿谷 賢一.尿亜硝酸塩.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 668.総合医学社,東京.2014.
  21. 宿谷 賢一.尿沈渣.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 669.総合医学社,東京.2014.
  22. 宿谷 賢一.尿中α1−ミクログロブリン.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 670.総合医学社,東京.2014.
  23. 宿谷 賢一.尿中β2−ミクログロブリン.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 671.総合医学社,東京.2014.
  24. 宿谷 賢一.尿中N−アセチル−β−D−グルコサミニナーゼ(NAG).パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 672.総合医学社,東京.2014.
  25. 宿谷 賢一.先天性代謝異常症検査.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 673.総合医学社,東京.2014.
  26. 宿谷 賢一.ミオイノシトール定量(UM).パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 674.総合医学社,東京.2014.
  27. 宿谷 賢一.Tamm−Horsfall−protein.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 675.総合医学社,東京.2014.
  28. 宿谷 賢一.虫卵.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 676.総合医学社,東京.2014.
  29. 宿谷 賢一.原虫.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 678.総合医学社,東京.2014.
  30. 宿谷 賢一.便潜血(便中ヘモグロビン).パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 監修) pp. 679.総合医学社,東京.2014.
  31. 宿谷 賢一,田中 雅美,下澤 達雄.尿沈渣検査.ワンランク上の検査値の読み方・考え方 ルーチン検査から病態変化を見抜く 第2版ハンディ版(本田 孝行 編)pp. 128-132.総合医学社,東京.2014.
  32. 中村 和宏,矢冨 裕.リゾホスファチジン酸.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 編).pp. 293.総合医学社,東京.2014.
  33. 永友 利津子,金子 誠.診断に直結する検査値の読み方事典(池田 均 編),分担執筆《Donath-Landsteiner試験(寒冷溶血反応);pp. 502-503.》,総合医学社,東京,2014.
  34. 野々 部亮子,金子 誠.診断に直結する検査値の読み方事典(池田 均 編),分担執筆《プロトロンビン時間;pp. 358-360,トロンボテスト,ヘパプラスチンテスト;pp. 361-362,活性化部分トロンボプラスチン時間;pp. 363-364,第VIII因子;pp. 380-381,第IX因子;pp. 386-387,内因凝固因子(第VIII因子,第IX因子を除く);pp. 388-389,第XIII因子;pp. 390-391》,総合医学社,東京,2014.
  35. 増田 亜希子.総蛋白質 (TP). 診断に直結する検査値の読み方事典(中原 一彦 監修, 池田 均 編) pp. 2-3. 総合医学社,東京,2014.
  36. 増田 亜希子.アルブミン (Alb).診断に直結する検査値の読み方事典(中原 一彦 監修, 池田 均 編) pp. 4-5.総合医学社,東京,2014.
  37. 増田 亜希子.蛋白分画.診断に直結する検査値の読み方事典(中原 一彦 監修, 池田 均 編) pp. 6-7.総合医学社,東京,2014.
  38. 増田 亜希子.トランスサイレチン(TTR) (プレアルブミン).診断に直結する検査値の読み方事典(中原 一彦 監修, 池田 均 編) pp. 8-9.総合医学社,東京,2014.
  39. 増田 亜希子.免疫電気泳動.診断に直結する検査値の読み方事典(中原 一彦 監修, 池田 均 編) pp. 10-11.総合医学社,東京,2014.
  40. 増田 亜希子.ハプトグロビン (Hp).診断に直結する検査値の読み方事典(中原 一彦 監修, 池田 均 編) pp. 24-25.総合医学社,東京,2014.
  41. 増田 亜希子.鉄(Fe) (血清鉄).診断に直結する検査値の読み方事典(中原 一彦 監修, 池田 均 編) pp. 108-109.総合医学社,東京,2014.
  42. 増田 亜希子.総鉄結合能(TIBC),不飽和鉄結合能(UIBC).診断に直結する検査値の読み方事典(中原 一彦 監修, 池田 均 編) pp. 110-111.総合医学社,東京,2014.
  43. 増田 亜希子.フェリチン(腫瘍マーカーとしてのフェリチンも含む).診断に直結する検査値の読み方事典(中原 一彦 監修, 池田 均 編) pp. 112-114.総合医学社,東京,2014.
  44. 増田 亜希子.トランスフェリン(Tf).診断に直結する検査値の読み方事典(中原 一彦 監修, 池田 均 編) pp. 115-116.総合医学社,東京,2014.
  45. 増田 亜希子.尿中トランスフェリン(Tf)(尿中マイクロトランスフェリン精密測定).診断に直結する検査値の読み方事典(中原 一彦 監修, 池田 均 編) pp. 117-118.総合医学社,東京,2014.
  46. 増田 亜希子.免疫グロブリンG (IgG), 免疫グロブリンA (IgA), 免疫グロブリンM (IgM).診断に直結する検査値の読み方事典(中原 一彦 監修, 池田 均 編) pp. 430-432.総合医学社,東京,2014.
  47. 増田 亜希子.免疫グロブリンD (IgD).診断に直結する検査値の読み方事典(中原 一彦 監修, 池田 均 編) pp. 433-434.総合医学社,東京,2014.
  48. 増田 亜希子.免疫グロブリンE (IgE).診断に直結する検査値の読み方事典(中原 一彦 監修, 池田 均 編) pp. 435-437.総合医学社,東京,2014.
  49. 増田 亜希子.アレルゲン特異的IgE抗体.診断に直結する検査値の読み方事典(中原 一彦 監修, 池田 均 編) pp. 438-440.総合医学社,東京,2014.
  50. 増田 亜希子.ヒスタミン遊離試験(HRT) (アレルゲン刺激性遊離ヒスタミン).診断に直結する検査値の読み方事典(中原 一彦 監修, 池田 均 編) pp. 441-442.総合医学社,東京,2014.
  51. 増田 亜希子.クリオグロブリン.診断に直結する検査値の読み方事典(中原 一彦 監修, 池田 均 編) pp. 443-444.総合医学社,東京,2014.
  52. 増田 亜希子.Bence Jones蛋白(BJP).診断に直結する検査値の読み方事典(中原 一彦 監修, 池田 均 編) pp. 445-446.総合医学社,東京,2014.
  53. 松橋 美佳,津野 寛和,金子 誠.診断に直結する検査値の読み方事典(池田 均 編),分担執筆《抗血小板同種抗体;pp. 495-497,抗血小板自己抗体(血小板関連IgG);pp. 498-499.》,総合医学社,東京,2014.
  54. 矢冨 裕.血小板に関する検査,管理の概念と原則,チーム医療の概念.スタンダード検査血液学 第3版(日本検査血液学会 編)pp. 187-191,389-393,393-394.医歯薬出版,東京.2014.
  55. 矢冨 裕.臨床検査値の読み方.NSTのための疾患診断・治療と臨床検査の基礎知識(田中 明,加藤 昌彦,津田 博子 編)pp. 124-141.建帛社,東京.2014.
  56. 矢冨 裕.血小板寿命・血小板回転,血小板凝集能,血小板粘着能,血小板放出能,β-トロンボグロブリン・血小板第4因子,トロンボキサンB2,6-keto-プロスタグランジンF1α,11-デヒドロトロンボキサンB2,血小板膜糖蛋白.パーフェクトガイド検査値事典 第2版(中原 一彦 編).pp. 355-363.総合医学社,東京.2014.

和文編著等

  1. 矢冨 裕,大森 司 編集.出血性疾患の実践診療マニュアル.南江堂,東京.2014.

国内学会発表

  1. 大金 亜弥,常名 政弘,増田 亜希子,永友 利津子,保田 奈緒美,増戸 梨恵,田邉 久美子,寺島 道子,大久保 滋夫,矢冨 裕.可溶性インターロイキン2受容体高値症例の臨床検査医学的検討.第15回 日本検査血液学会学術集会.2014.7.20-21.仙台.
  2. 大川 龍之介,蔵野 信,岸本 達也,松山 直人,長崎 実佳,宇野 漢成,林 直人,大久保 滋夫,池田 均,戸塚 実,矢冨 裕.スフィンゴミエリン,ホスファチジルコリンおよびリゾホスファチジルコリンの血中動態の検討.第54回 日本臨床化学会年次学術集会.2014.9.6.東京.
  3. 小野 佳一,蔵野 信,大川 龍之介,大久保 滋夫,矢冨 裕.血小板活性化に伴うスフィンゴシン 1-リン酸の放出〜血清S1P濃度は血小板数とよく相関する〜.第54回 日本臨床化学会年次学術集会.2014.9.6.東京.
  4. 影山 祐子,小野 佳一,佐藤 美知子,永友 利津子,蔵野 信,大久保 滋夫,矢冨 裕. 持続血糖モニタリング(CGM)と血糖自己測定(SMBG)による血糖変動パラメータの比較. 第54回 日本臨床化学会年次学術集会. 2014.9.7.東京.
  5. 影山 祐子,宿谷 賢一,田中 雅美,久末 崇司,川口 直子,大久保 滋夫,下澤 達雄,矢冨 裕.フローサイトメトリー(FCM)法による尿中赤血球形態判定の信頼性について.第46回 日本臨床検査自動化学会大会. 2014.10.11. 神戸.
  6. 影山 祐子,宿谷 賢一,田中 雅美,久末 崇司,川口 直子,大久保 滋夫,下澤 達雄,矢冨 裕.慢性腎臓病(CKD)の重症度分類と糸球体型赤血球形態との関連性. 第61回 日本臨床検査医学会学術集会. 2014.11.25. 福岡.
  7. 金子 誠,和中 敬子,菅野 信子,高橋 千春,松尾 武文,矢冨 裕.ヘパリン起因性血小板減少症の臨床診断に関する解析.第111回 日本内科学会総会・講演会,2014.4.11-13.東京.
  8. 金子 誠,菅野 信子,矢冨 裕.トロンビン時間を基礎としたトロンビン阻害薬の新規測定法の構築.第36回 日本血栓止血学会学術集会.2014. 5.29-31.大阪.
  9. 金子 誠.非放射性セロトニン放出アッセイを用いた血小板活性化HIT抗体の検出.第54回 日本臨床化学会年次学術集会.2014.9.5-7.東京.
  10. 金子 誠,野々部 亮子,菅野 信子,矢冨 裕.ソノクロットを用いた新規経口抗凝固薬の薬効評価法の検討.第54回 日本臨床化学会年次学術集会.2014.9.5-7.東京.
  11. 金子 誠,和中 敬子,菅野 信子,高橋 千春,松尾 武文,矢冨 裕.HIT診断適正化の現状と今後の動向.第8回 日本血栓止血学会学術標準化委員会(SSC)シンポジウム.2014.2.22.東京.
  12. 川口 直子,宿谷 賢一,田中 雅美,影山 祐子,久末 崇司,大久保 滋夫,下澤 達雄,矢冨 裕.ISO 15189に準じた尿検査の運用.腎・泌尿器検査研究会 第10回学術集会・記念大会.2014.3.21.大阪.
  13. 蔵野 信,原 眞純,常山 幸一,迫田 秀之,野尻 卓宏,塚本 和久,矢冨 裕.アポ蛋白M-スフィンゴシン1-リン酸経路を介した,糖代謝の恒常性維持における肝臓の役割.第57回 日本糖尿病学会学術集会.2014. 5. 24. 大阪.
  14. 蔵野 信,廣渡 祐史,徳原 康哲,土肥 智貴,宮内 克己,代田 浩之,五十嵐 浩二,井上 飛鳥,青木 淳賢,矢冨 裕.血小板活性化の血漿リゾフォスファチジルセリン上昇への関与.第36回 日本血栓止血学会学術集会.2014. 5.30.大阪.
  15. 蔵野 信,原 眞純,矢冨 裕,塚本 和久.Plant sterol protects diet induced obese mice against inflammation in liver and adipose tissue. 第46回 日本動脈硬化学会総会・学術集会.2014.7.10-11.東京.
  16. 蔵野 信,矢冨 裕.リポ蛋白代謝とスフィンゴシン1-リン酸.第9回 スフィンゴテラピー研究会 2014.7.19.金沢.
  17. 蔵野 信.アポ蛋白Mとスフィンゴシン1-リン酸〜アポ蛋白の新しい役割.四谷メディカルフォーラム 2014.8.1. 東京.
  18. 蔵野 信,廣渡 祐史,大川 龍之介,青木 淳賢,矢冨 裕.冠動脈疾患患者におけるセロトニン,高感度CRPとリゾリン脂質の相関.第54回 日本臨床化学会年次学術集会.2014.9.6.東京.
  19. 蔵野 信.リゾリン脂質と肝臓 第54回日本臨床化学会学術集会 シンポジウム2014.9.6.東京.
  20. 蔵野 信,矢冨 裕,塚本 和久.植物ステロールとコレステロールの炎症における生物学的作用の相違第54回 日本臨床化学会年次学術集会.2014.9.7.東京.
  21. 蔵野 信,常山 幸一,織田 絵夢,外尾 亮治,矢冨 裕.肝癌発症モデル,DIAR-nSTZマウスにおいて,インスリン治療は,糖・脂質代謝異常は改善させるが,肝癌の進行を促進させる.第29回 日本糖尿病合併症学会.2014.10.3-4.東京
  22. 蔵野 信,廣渡 祐史,青木 淳賢,矢冨 裕 冠動脈疾患におけるリゾリン脂質と血栓・止血関連マーカーの関係 第61回 日本臨床検査医学会学術集会.2014.11.25.福岡.
  23. 蔵野 信,矢冨 裕.リゾリン脂質と動脈硬化.第21回 動脈硬化若手研究会.2014.10.25.大阪.
  24. 迫田 龍,穂積 卓朗,金子 誠,太田 誠一,市村 重俊,矢冨 裕,伊藤 大知.ポリリン酸とヒアルロン酸ゲルを用いた2液混合型局所止血剤の開発.第54回 日本臨床化学会年次学術集会.2014.9.5-7.東京.
  25. 佐藤 恵美,表谷 文美芳,大川 龍之介,亀田 貴寛,吉本 明,大久保 滋夫,矢冨 裕,戸塚 実.急性炎症時におけるHDLの抗酸化機能評価.第9回 日本臨床検査教育学会学術大会.2014.8.21.東京.
  26. 佐藤 智彦,大河内 直子,正本 庸介,吉里 哲一,池田 敏之,松橋 美佳,伊井野 潤子,三島 由祐子,増田 亜希子,津野 寛和,岡崎 仁.造血器悪性腫瘍における自家末梢血造血幹細胞採取時期の最適化の検討.第62回 日本輸血・細胞治療学会 総会.2014.5.14-17.奈良.
  27. 佐藤 優実子,増田 亜希子,矢冨 裕.APLを遺伝子検査で追う.第15回 日本検査血液学会学術集会.2014.7.20-21.仙台.
  28. 清水 美保,山端 潤也,大川 龍之介,矢冨 裕,和田 隆志.糖尿病性腎症における血清リゾリン脂質産生酵素測定の意義.第54回 日本臨床化学会年次学術集会.2014.9.6.東京.
  29. 宿谷 賢一.臨床検査と尿検査の連携 尿沈渣検査でここまでわかる.腎・泌尿器検査研究会 第10回学術集会・記念大会.2014.3.21.大阪.
  30. 宿谷 賢一.尿沈渣検査法2010を踏まえて 尿沈渣の見方・考え方から報告まで.平成26年度日臨技北日本支部医学検査学会第3回.2014.11.22.盛岡.
  31. 大黒 達也,矢冨 裕,湯本 真人.言語獲得に関わる統計学習の時空間処理機構.第19回 認知神経科学会学術集会.2014. 7. 26-27.東京.
  32. 大黒 達也,矢冨 裕,湯本 真人.言語獲得における統計学習の時間推移.第44回 日本臨床神経生理学会学術大会.2014. 11. 19-21.福岡.
  33. 煖エ 千春,蔵野 信,西川 真子,青木 淳賢,矢冨 裕.脂肪細胞におけるオートタキシン産生へのリゾリン脂質の関与.第54回 日本臨床化学会年次学術集会.2014. 9. 6.東京.
  34. Takahashi, C., Kaneko, M., Kanno, N., Wanaka, K., Hirowatari, Y., Yatomi, Y.Introduction of non-radioactive serotonin release assay for the detection of functional HIT Ab. 第76回 日本血液学会学術集会.2014.11.2.大阪.
  35. Takahashi, C., Kurano, M., Nishikawa, M., Aoki, J., Yatomi, Y. The involvement if lysophospholipids in PAI-1 secretion from 3T3L1 adipocytes. 第76回 日本血液学会学術集会.2014.11.2.大阪.
  36. 田中 雅美,宿谷 賢一,久末 崇司,影山 祐子,川口 直子,大久保 滋夫,矢冨 裕.全自動尿統合装置UX-2000による尿中アルブミン試験紙の性能評価.第63回 日本医学検査学会.2014.5.17.新潟.
  37. 田邉 久美子,増田 亜希子,寺島 道子,常名 政弘,大久保 滋夫,矢冨 裕.びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に合併したγδ型T-LGL leukemiaの一症例.第24回 日本サイトメトリー学会学術集会.2014.6.28-29.枚方.
  38. 寺島 道子,常名 政弘,大金 亜弥,毛利 真理子,吉川 直之,佐藤 優実子,田邉 久美子,増田 亜希子,大久保 滋夫,矢冨 裕.骨髄形態所見およびフローサイトメトリーが診断に有用であった全身性肥満細胞症の1例.第15回 日本検査血液学会学術集会.2014.7.20-21.仙台.
  39. 徳原 康哲,蔵野 信,野尻 卓宏,大久保 滋夫,青木 淳賢,矢冨 裕.多機能性生理活性脂質リゾホスファチジン酸の新規合成経路の探索.第54回 日本臨床化学会年次学術集会.2014.9.6.東京.
  40. 西川 真子,増田 亜希子,常名 政弘,大久保 滋夫,矢冨 裕.Mixed phenotype acute leukemia, NOS-rare typesの1症例.第15回 日本検査血液学会学術集会.2014.7.20-21.仙台.
  41. 西川 真子,蔵野 信,池田 均,青木 淳賢,矢冨 裕.Lysophosphatidylserine(LysoPS)のRAW264.7細胞とマウス腹腔マクロファージ(MPMs)に対する催動脈硬化作用の検討.第54回 日本臨床化学会年次学術集会.2014.9.5-7.東京.
  42. 西川 真子,蔵野 信,矢冨 裕.K562細胞の細胞増殖に対するFTY720(Fingolimod)の作用の検討.第54回 日本臨床化学会年次学術集会.2014.9.5-7.東京.
  43. 野々部 亮子,金子 誠,丸尾 理恵,小野 佳一,久米 幸夫,菅野 信子,大久保 滋夫,矢冨 裕.ソノクロットを用いた各種ヘパリン類抗凝固薬および新規経口抗凝固薬の検討.第14回 TTMフォーラム.2014.3.8.東京.
  44. 野々部 亮子,金子 誠,丸尾 理恵,小野 佳一,久米 幸夫,菅野 信子,大久保 滋夫,矢冨 裕.ソノクロットを用いた各種ヘパリン類抗凝固薬および新規経口抗凝固薬の検討.第36回 日本血栓止血学会学術集会.2014.5.29-31.大阪.
  45. 野々部 亮子,小野 佳一,金子 誠,菅野 信子,丸尾 理恵,久米 幸夫,宿谷 賢一,大久保 滋夫,矢冨 裕.ソノクロットを用いた各種ヘパリン類抗凝固薬および新規経口抗凝固薬の検討.第15回 日本検査血液学会学術集会.2014.7.21.仙台.
  46. 早川 明子,山口 ひろ子,水本 好美,大竹 奈都子,下坂 浩則,大久保 滋夫,池田 均,矢冨 裕.全自動エンザイムイムノアッセイ装置AIA-CL2400の基本的性能評価.第46回 日本臨床検査自動化学会大会.2014.10.11.神戸.
  47. 久末 崇司,田中 雅美,宿谷 賢一,影山 祐子,川口 直子,大久保 滋夫,矢冨 裕.クリニテックノーバスのソフトウェアバージョンアップによる改善点.第63回 日本医学検査学会 2014.5.17.新潟.
  48. 増井 優花,渡部歌織,何 俊郎,三澤 知代,戸田 智惠子,荒川 義弘,山崎 力,岩坪 威,森豊 隆志,東大病院P1試験実施グループ. 東大病院P1ユニットで実施したTAK-070の第T相医師主導治験における本院AROによる支援体制第14回CRCと臨床試験のあり方を考える会議. 2014.10.4.浜松.
  49. 増井 優花,渡部 歌織,三澤 知代,戸田 智惠子,松本 彩,石川 瑞萌,小堀 恵理,酒巻 かおり,野田 理美,柳沢 彩,奥山 恵理子,影山 祐子,下坂 浩則,大久保 滋夫,矢冨 裕,荒川 義弘,山崎 力,岩坪 威,森豊 隆志,東大病院P1試験実施グループ.東大病院AROを活かしてP1ユニットで実施した第T相医師主導治験における検査部と臨床検査技師の役割. 第61回 日本臨床検査医学会学術集会. 2014.11.24.福岡.
  50. 増田 亜希子,常名 政弘,大金 亜弥,吉川 直之,佐藤 優実子,寺島 道子,田邉 久美子,大久保 滋夫,矢冨 裕.末梢血赤芽球出現とフェリチン異常高値を契機に診断されたidiopathic bone marrow dysplasia of uncertain significance (IDUS).第15回 日本検査血液学会学術集会.2014.7.21.仙台.
  51. 増田 亜希子,常名 政弘,佐藤 優実子,寺島 道子,下坂 浩則,南谷 泰仁,横田 浩充,黒川 峰夫,矢冨 裕. 慢性骨髄性白血病を疑うための末梢血好塩基球数の基準.第7回 日本血液学会学術集会.2014.10.31.大阪.
  52. 松田 綾沙,曽根 伸治,小林 玉宜,大久保 滋夫,矢冨 裕.安全な外来採血を目指した取り組み.第63回 日本医学検査学会.2014.5.17.新潟.
  53. 松本 彩,戸田 智惠子,柳田 道孝,増井 優花,宮本 洋美,荒川 義弘,岩坪 威,山崎 力,森豊 隆志,東大病院 P1ユニット試験実施グループ. 医療用体組成計を用いた日本人健康成人992名の身体組成の正常範囲抽出を目的とした臨床試験実施支援体制の構築. 第14回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議. 2014.10.4. 浜松.
  54. 松本 彩,戸田 智恵子,柳田 道孝,増井 優花,宮本 洋美,影山 祐子,下坂 浩則,石川 瑞萌,小堀 恵理,酒巻 かおり,野田 理美,柳沢 彩,大久保 滋夫,矢冨 裕,荒川 義弘,岩坪 威,山崎 力,森豊 隆志,東大病院 P1ユニット試験実施グループ. 日本人健康成人992名の身体組成の正常範囲抽出を目的とした臨床試験の実施体制〜臨床検査技師の役割〜. 第61回 日本臨床検査医学会学術集会. 2014.11.24. 福岡.
  55. 松本 彩,戸田 智惠子,柳田 道孝,増井 優花,宮本 洋美,荒川 義弘,岩坪 威,山崎 力,森豊 隆志,東大病院 P1ユニット試験実施グループ. 医療用体組成計を用いた日本人健康成人992名を対象とした身体組成の正常範囲抽出〜臨床試験実施支援体制の構築と解析結果〜. 第35回 日本臨床薬理学会学術総会.2014.12.6. 松山.
  56. 丸尾 理恵,小野 佳一,金子 誠,菅野 信子,久米 幸夫,野々部 亮子,宿谷 賢一,大久保 滋夫,矢冨 裕.トロンビン時間を基礎としたトロンビン阻害薬の新規測定法の構築.第15回 日本検査血液学会学術集会.2014.7.21.仙台.
  57. 丸尾 理恵,金子 誠,菅野 信子,川手 康徳,渡邊 ゆり,小野 佳一,久米 幸夫,常名 政弘,大久保 滋夫,矢冨 裕.血小板凝集能検査標準化の探求:CS-2000iを用いた自動化測定.第61回 日本臨床検査医学会学術集会.2014.11.24.福岡.
  58. 毛利 真理子,常名 政弘,増田 亜希子,田邉 久美子,寺島 道子,吉川 直之,大金 亜弥,大久保 滋夫,矢冨 裕.DxH800のリサーチ項目を用いた悪性リンパ腫細胞の検出の試み DxH800 Cell Population Dataの有用性.第15回 日本検査血液学会学術集会.2014.7.20-21.仙台.
  59. 矢冨 裕.教育講演「大学病院検査部がなすべき臨床検査医学研究」.全国国立大学臨床検査技師会50周年記念研修会.2014.1.11.東京.
  60. 矢冨 裕.会長講演「生理活性脂質の臨床化学」.第54回 日本臨床化学会年次学術集会.2014.9.5-7.東京.
  61. 矢冨 裕.教育講演「血小板の臨床検査の進歩」.第76回 日本血液学会学術集会.2014.10.31-11.2.大阪.
  62. 山端 潤也,清水 美保,大川 龍之介,矢冨 裕,和田 隆志.ループス腎炎におけるAutotaxin,Phosphatidylserine-specific phospholipase A1の関与.第54回 日本臨床化学会年次学術集会.2014.9.6.東京.
  63. 吉川 直之,蔵野 信,増田 亜希子,野尻 卓宏,大川 龍之介,常名 政弘,大久保 滋夫,矢冨 裕.オートタキシン阻害剤を用いた血漿リゾホスファチジン酸測定の臨床検査への応用.日本臨床検査自動化学会 第46回大会.2014.10.9-11.神戸.
このページのトップへ
Copyright © 東京大学医学部附属病院検査部. All Rights Reserved.