HOME
業績
2013年

英文原著論文

  1. Arano, T., Nakagawa, H., Ikeda, H., and Koike, K. Adiponectin in chronic hepatitis C. Clin. J. Gastroenterol. 6: 259-263, 2013.
  2. Dohi, T., Miyauchi, K., Ohkawa, R., Nakamura, K., Kurano, M., Kishimoto, T., Yanagisawa, N., Ogita, M., Miyazaki, T., Nishino, A., Yaginuma, K., Tamura, H., Kojima, T., Yokoyama, K., Kurata, T., Shimada, K., Daida, H., and Yatomi, Y. Increased lysophosphatidic acid levels in culprit coronary arteries of patients with acute coronary syndrome. Atherosclerosis 229: 192-197, 2013.
  3. Enooku, K., Kato, R., Ikeda, H., Kurano, M., Kume, Y., Yoshida, H., Ono, T., Aizawa, K., Suzuki, T., Yamazaki, T., and Yatomi, Y. Inverse correlations between serum ADAMTS13 levels and systolic blood pressure, pulse pressure, and serum C-reactive protein levels observed at a general health examination in a Japanese population: a cross-sectional study. Clin. Chim. Acta 421: 147-151, 2013.
  4. Gotoh, H., Enooku, K., Soroida, Y., Sato, M., Hikita, H., Suzuki, A., Iwai, T., Yokota, H., Yamazaki, T, Koike, K., Yatomi, Y., and Ikeda, H. Perihepatic lymph node enlargement observed at a general health examination: a cross-sectional study. Hepatol. Res. 43: 906-910, 2013.
  5. Hikita, H., Nakagawa, H., Tateishi, R., Masuzaki, R., Enooku, K., Yoshida, H., Omata, M., Soroida, Y., Sato, M., Gotoh, H., Suzuki, A., Iwai, T., Yokota, H., Koike, K., Yatomi, Y., and Ikeda, H. Perihepatic lymph node enlargement is a negative predictor of liver cancer development in chronic hepatitis C patients. J. Gastroenterology 48: 366-373, 2013.
  6. Hikita, H., Enooku, K., Satoh, Y., Yoshida, H., Nakagawa, H., Masuzaki, R., Tateishi, R., Soroida, Y., Sato, M., Suzuki, A., Gotoh, H., Iwai, T., Yokota, H., Koike, K., Yatomi, Y., and Ikeda, H. Perihepatic lymph node enlargement is a negative predictor for sustained responses to pegylated interferon-a and ribavirin therapy for Japanese patients infected with hepatitis C virus genotype 1. Hepatol Res. 43: 1005-1012, 2013.
  7. Ikeda, H., Enooku, K., Ohkawa, R., Koike, K., and Yatomi, Y. Plasma lysophosphatidic acid levels and hepatocellular carcinoma. Hepatology. 57: 417-418, 2013.
  8. Inoue, Y., Tomiya, T., Nishikawa, T., Ohtomo, N., Tanoue, Y., Ikeda, H., and Koike, K. Induction of p53-dependent p21 limits proliferative activity of rat hepatocytes in the presence of hepatocyte growth factor. PLoS ONE 8: e78346, 2013.
  9. Ito, S., Iwaki, S., Koike, K., Yuda, Y., Nagasaki, A., Ohkawa, R., Yatomi, Y., Furumoto, T., Tsutsui, H., Sobel, B.E., and Fujii, S. Increased plasma sphingosine-1-phosphate in obese individuals and its capacity to increase the expression of plasminogen activator inhibitor-1 in adipocytes. Coron. Artery Dis. 24: 642-650, 2013.
  10. Kanno, K., Kaneko, M., Suzuki, A., and Yatomi, Y. Evaluation of factor XIII activity using Berichrom FXIII chromogenic assay on the fully-automated coagulation analyzer CS-2000i. Sysmex J. Int. 23: 1-8, 2013.
  11. Kawakami, M., Morita, S., Sunohara, M., Amano, Y., Ishikawa, R., Watanabe, K., Hamano, E., Ohishi, N., Nakajima, J., Yatomi, Y., Nagase, T., Fukayama, M., and Takai, D. FER overexpression is associated with poor postoperative prognosis and cancer-cell survival in non-small cell lung cancer. Int. J. Clin. Exp. Pathol. 6: 598-612, 2013.
  12. Kawakami, M., Ishikawa, R., Amano, Y., Sunohara, M., Watanabe, K., Ohishi, N., Yatomi, Y., Nakajima, J., Fukayama, M., Nagase, T., and Takai, D. Detection of novel paraja ring finger 2-fer tyrosine kinase mRNA chimeras is associated with poor postoperative prognosis in non-small cell lung cancer. Cancer Sci. 104: 1447-1454, 2013.
  13. Kimura, K., Takenaka, K., Ebihara, A., Uno, K., Morita, H., Nakajima, T., Ozawa, T., Aida, I., Yonemochi, Y., Higuchi, S., Motoyoshi, Y., Mikata, T., Uchida, I., Ishihara, T., Komori, T., Kitao, R., Nagata, T., Takeda, S., Yatomi, Y., Nagai, R., and Komuro, I. Prognostic impact of left ventricular noncompaction in patients with Duchenne/Becker muscular dystrophy - Prospective multicenter cohort study. Int. J. Cardiol. 168: 1900-1904, 2013.
  14. Kurano, M., Tsukamoto, K., Ohkawa, R., Hara, M., Iino, J., Kageyama, Y., Ikeda, H., and Yatomi, Y. Liver involvement in sphingosine 1-phosphate dynamism revealed by adenoviral hepatic overexpression of apolipoprotein M. Atherosclerosis 229: 102-109, 2013.
  15. Masuzawa, T., Kuniyoshi, S., Onishi, M., Kato,R., Saito, I., Yamada T., Koh, A. T. T., Chua,D. H. C. Shimosawa, T., and, Okano,K. Conditions for a carrier multiplication in amorphous-selenium based photodetector. Appl. Phys. Lett. 102: 073506-073506-4, 2013.
  16. Miyabe, Y., Miyabe, C., Iwai, Y., Takayasu, A., Fukuda, S., Yokoyama, W., Nagai, J., Jona, M., Tokuhara, Y., Ohkawa, R., Albers, H.M., Ovaa, H., Aoki, J., Chun, J., Yatomi, Y., Ueda, H., Miyasaka, M., Miyasaka, N., and Nanki, T. Lysophosphatidic acid receptor LPA is essential for development of arthritis. Arthritis. Rheum. 65: 2037-2047, 2013.
  17. Morita, K., Yoshimi, A., Masuda, A., Ichikawa, M., Yatomi, Y., and Kurokawa, M. Unique association of Waldenström macroglobulinemia with optic neuritis and monoclonal T cell expansion. Int J. Hematol. 98: 247-249, 2013.
  18. Nagafuchi, Y., Sumitomo, S., Soroida, Y., Kanzaki, T., Iwasaki, Y., Michishita, K., Iwai ,T., Ikeda, H., Fujio, K., and Yamamoto, K. The power Doppler twinkling artefact associated with periarticular calcification induced by intra-articular corticosteroid injection in patients with rheumatoid arthritis. Ann. Rheum Dis. 72: 1267-1269, 2013.
  19. Nagura, Y., Tsuno, N.H., Ohkawa, R., Nojiri, T., Tokuhara, Y., Matsuhashi, M., Yatomi, Y., and Takahashi, K. Inhibition of Lysophosphatidic Acid (LPA) Increase by Pre-storage Whole-Blood Leukocyte Reduction in Autologous CPDA-1 Whole Blood. Transfusion 53: 3139-48, 2013.
  20. Nakata, H., Sakamoto. K., Otsuka. A., Yumoto. M., Kakigi. R. Cortical rhythm of No-go processing in humans: an MEG study. Clin Neurophysiol. 124: 273-282, 2013.
  21. Nikitenko L.L, Shimosawa, T., Henderson, S., Mäkinen, T., Shimosawa, H., Qureshi U., Pedley B.,Rees M.C.P., Fujita, T., and Boshoff C. Adrenomedullin Haploinsufficiency Predisposes to Secondary Lymphedema. J. Invest Dermatol. 133: 1768-1776, 2013.
  22. Ogura,S., Shimosawa, T., Mu,S. Sonobe, T., Kawakami-Mori, F., Wang, H.,Uetake, Y. , Yoshida, K., Yatomi,Y., Shirai,M., and Fujita, T. Oxidative stress augments pulmonary hypertension in chronically hypoxic mice overexpressing oxidized LDL receptor. Am. J. Physiol. Heart Circ. Physiol. 305: H155-162, 2013.
  23. Okamoto, H., Yatomi, Y., Satoh, K., Yamane, T., Mitsumata, M., Chen, W.-T., Ozaki, Y., and Fujii, H. Sphingosine 1-phosphate stimulates cell migration and active seprase expression in human endothelial cells. Yamanashi Med. J. 27: 31-41, 2013.
  24. Ono, Y., Kurano, M., Ohkawa, R., Yokota, H., Igarashi, K., Aoki, J., Tozuka, M., and Yatomi, Y. Sphingosine 1-phosphate release from platelets during clot formation: close correlation between platelet count and serum sphingosine 1-phosphate concentration. Lipids Health Dis. 12: 20, 2013.
  25. Sasaki ,T,. Isayama, H., Nakai, Y., Takahara, N., Satoh, Y., Takai, D., Kogure, H., Yamamoto, N., Hirano, K., Tada, M., Yatomi, Y., and Koike, K. A pilot study of salvage irinotecan monotherapy for advanced biliary tract cancer. Anticancer Res. 33: 2619-2622, 2013.
  26. Sumida., H., Nakamura, K., Yanagida, K., Ohkawa, R., Asano, Y., Kadono, T., Tamaki, K., Igarashi, K., Aoki, J., Sato, S., Ishii, S., Shimizu, T., and Yatomi, Y. Decrease in circulating autotaxin by oral administration of prednisolone. Clin. Chim. Acta. 415: 74-80, 2013.
  27. Takahara, N., Nakai, Y., Isayama, H., Sasaki, T., Satoh, Y., Takai, D., Hamada, T., Uchino, R., Mizuno, S., Miyabayashi, K., Mohri, D., Kawakubo, K., Kogure, H., Yamamoto, N., Sasahira, N., Hirano, K., Ijichi, H., Tada, M., Yatomi, Y., and Koike, K. Uridine diphosphate glucuronosyl transferase 1 family polypeptide A1 gene (UGT1A1) polymorphisms are associated with toxicity and efficacy in irinotecan monotherapy for refractory pancreatic cancer. Cancer Chemother. Pharmacol. 71: 85-92, 2013.
  28. Watanabe-Okochi, N., Yoshimi, A., Sato, T., Ikeda, T., Kumano, K., Taoka, K., Satoh, Y., Shinohara, A., Tsuruta, T., Masuda, A., Yokota, H., Yatomi, Y., Takahashi, K., Kitaura, J., Kitamura, T., and Kurokawa, M. The shortest isoform of C/EBPβ, Liver inhibitory protein (LIP), collaborates with Evi1 to induce AML in a mouse BMT model. Blood. 121: 4142-4155, 2013.
  29. Yoshizato, T., Watanabe-Okochi, N., Nannya, Y., Ichikawa, M., Takahashi, T., Sato, T., Masuda, A., Yatomi, Y., Tsuno, NH., Kurokawa, M., and Takahashi, K. Prediction model for CD34 positive cell yield in peripheral blood stem cell collection on the fourth day after G-CSF administration in healthy donors. Int. J. Hematol. 98: 56-65, 2013.

国際学会発表

  1. Daikoku, T., Yumoto, M., and Yatomi, Y. Magnetoenchephalographic study on statistical learning and relative learning of auditory sequences. International Society for Advancement of Clinical Magnetoencephalography. 2013. 8. 28-30. Hokkaido, Japan.
  2. Shukuya,K. Standardized urine routine tests for the diagnosis of CKD in Japan.
    Importance of the examination for urine sediment microscopy.6th Asia-Pacific Medical Laboratory Science Forum. 2013. 4. 20-21. New Taipei City. Taiwan.
  3. Yatomi, Y. Existence of multiple pathways for the increase in plasma lysophosphatidic acid in acute coronary syndrome: possible involvement of minor lysophospholipids. The 8th ASO International meeting. 2013. 5. 16-18. Kumamoto, Japan.
  4. Yatomi, Y., Kurano, M., Ohkawa, R., Ikeda, H., Igarashi, K., and Aoki, J. Introduction of lysophosphatidic acid and autotaxin assays into laboratory testing. FASEB Summer Research Conference on Lysophospholipids and Other Related Mediators. 2013. 8. 4 - 9. Hokkaido, Japan.

英文総説

  1. Takuwa, Y., Ikeda, H., Okamoto, Y., Takuwa, N., and Yoshida, K. Sphingosine 1-phosphate as a mediator involved in development of fibrotic diseases. Biochim Biophys Acta. 1831: 185-192, 2013.

英文著書

  1. Yatomi, Y., Igarashi, K., Nakamura, K., Ohkawa, R., Masuda, A., Suzuki, A., Kishimoto, T., Ikeda, H., and Aoki, J. Clinical introduction of lysophosphatidic acid (LPA) and autotaxin assays. Lysophospholipid Receptors: Signaling and Biochemistry (eds., J. Chun, T. Hla, W. Moolenaar, and S. Spiegel) pp. 709-735. John Wiley & Sons, Inc., Hoboken. 2013.

和文原著論文

  1. 飯塚 浩光,吉見 昭秀,山本 豪,増田 亜希子,南谷 泰仁,市川 幹,矢冨 裕,黒川 峰夫.本態性血小板血症から移行しアザシチジンが有効であった骨髄異形成症候群.臨床血液 54:468-472,2013.
  2. 大川 龍之介,名倉 豊,宿谷 賢一,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.TAT(Turn around time)短縮を目的とした監視システムの構築.日本臨床検査自動化学会会誌 38:312-317,2013.
  3. 小野 佳一,久米 幸夫,金子 誠,永友 利津子,湯浅 薫,佐藤 美知子,宿谷 賢一,横田 浩充,矢冨 裕.全自動化学発光免疫測定装置ADVIA Centaur XPによる「ケミルミインスリン」「ケミルミC-ペプチド」試薬の基礎的検討.日本臨床検査自動化学会会誌 38:51-56,2013.
  4. 金子 誠,中尾 博之,盛田 和治,曽根 伸治,増田 亜希子,矢冨 裕.外来採血室の防災訓練―地震災害時の外来採血室での初期対応に関するシミュレーション―.臨床病理 61:1101-1106,2013.
  5. 栗原 真希子,佐藤 優実子,須永 英二,宿谷 賢一,横田 浩充,高井 大哉,渡邉 聡明,矢冨 裕. 当施設における大腸癌KRAS遺伝子変異解析の集計と評価.日本臨床検査自動化学会会誌 38:199-202,2013.
  6. 齊藤 由香里,金子 誠,岡田 寛之,武冨 修治,矢冨 裕,田中 栄.人工膝関節置換術施行後にヘパリン起因性血小板減少症(HIT)を発症した1例.整形・災害外科 56:295-299,2013.
  7. 佐藤 美知子,小野 佳一,永友 利津子,金子 誠,鈴木 淳史,野々部 亮子,大竹 奈都子,湯浅 薫,矢冨 裕.血糖自己測定器「メディセーフミニ」と「メディセーフフィット」の基本的性能評価の比較.医学と薬学 70:389-397,2013.
  8. 下澤達雄.高血圧と臓器障害の病因解明と診断法開発.臨床病理 61:263-270,2013.
  9. 鈴木 明子,金子 誠,菅野 信子,矢冨 裕.合成基質法とトロンビン生成試験による各種ヘパリン類の抗Xa活性の評価.臨床病理 61:567-575,2013.
  10. 田中 雅美,宿谷 賢一,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.尿中有形成分分析装置U-SCANNERUによる異型細胞の検出性能.医療と検査機器・試薬 36:201-206,2013.
  11. 田中 雅美,宿谷 賢一,常名 政弘,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.総合血液学ADVIA2120iによる髄液・体腔液細胞算定の検討.日本臨床検査自動化学会誌 38:129-136,2013.
  12. 徳原 康哲,大川 龍之介,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.保存安定性を改良したCK及びCK-MB試薬の基礎的検討.日本臨床検査自動化学会会誌 38:207 -213,2013.
  13. 長田 美智子,奥山 純子,中澤 久美子,西嶋 敏恵,杉山 央,矢冨 裕,尾崎 由基男.肥満小児における血管内皮機能検査の検討.超音波検査技術 38:149-154,2013.
  14. 永友 利津子,金子 誠,斎藤 由香里,新井 千穂,小野 佳一,湯浅 薫,佐藤 美知子,植木 浩二郎,門脇 孝,矢冨 裕.血糖自己測定機器の機種間差と誤差要因の検討.プラクティス 30:103-112,2013.
  15. 久末 崇司,田中 雅美,常名 政弘,宿谷 賢一,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.多項目自動血球分析装置XN-2000による髄液細胞算定の検討.日本臨床検査自動化学会会誌 38:346-351,2013.
  16. 増戸 梨恵,山口 ひろ子,早川 明子,大久保 滋夫,横田 浩充,青野 悠久子,内村 英正,池田 均,矢冨 裕.全自動電気化学発光免疫測定装置Cobas e411によるTSHレセプター抗体(TRAb)測定の基礎的検討.日本臨床検査自動化学会会誌 38:287-292,2013.

和文総説

  1. 大川 龍之介.ジャーナルトピックス スフィンゴシン1-リン酸(Sph-1-P)と免疫(さらなる創薬の可能性).臨床化学 42:205,2013.
  2. 大川 龍之介,蔵野 信,中村 和宏,大久保 慈夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.スフィンゴ脂質の動脈硬化マーカーとしての有用性.臨床病理 61:795-802,2013.
  3. 大久保 滋夫.Advanced Practice 生化学・一般・緊急・検査総論.臨床検査の国際規格ISO 15189に引用されている規格はどれか.臨床検査 57:678,2013.
  4. 大久保 滋夫.Advanced Practice 生化学・一般・緊急・検査総論.血清総カルシウムの酵素法の特徴はどれか.臨床検査 57:918,2013.
  5. 大河内 直子,吉見 昭秀,佐藤 智彦,池田 敏之,熊野 恵城,田岡 和城,佐藤 優美子,篠原 明仁,鶴田 貴子,増田 亜希子,横田 浩充,矢冨 裕,高橋 孝喜,北浦 次郎,北村 俊雄,黒川 峰夫.C/EBPβのショートアイソフォームであるLIPはマウス移植モデルにおいてEvi1と協調作用して急性骨髄性白血病を誘発する.臨床血液 54:749-758,2013.
  6. 金子 誠. 心当たりがないのに血小板が減少しているのはなぜですか?臨床検査 57:1240-1241,2013.
  7. 蔵野 信,大川 龍之介,池田 均,矢冨 裕.スフィンゴシン1-リン酸-基礎から臨床へ.臨床化学 42:242-249,2013.
  8. 宿谷 賢一,菊池 春人.尿沈渣検査.日本臨床検査同学院通信 38:53-57,2013.
  9. 永友 利津子,金子 誠.血清蛋白,その他の生化学検査 免疫電気泳動法・免疫固定法.内科 111:1281-1282,2013.
  10. 常名 政弘,増田 亜希子.リンパ形質細胞性リンパ腫.臨床検査 57:1607-1610,2013.
  11. 永友 利津子,金子 誠.血清蛋白,その他の生化学検査 Bence-Jones蛋白同定.内科 111:1293,2013.
  12. 大門 雅夫.循環機能検査の新展開.日本内科学会雑誌 102:3160-3166,2013.
  13. 高井 大哉. 呼吸機能検査の新展開.日本内科学会雑誌 102:3167-3173,2013.
  14. 増田 亜希子.リンパ系腫瘍の診断におけるCD45ゲーティングの活用 組織や体腔液を中心に.Cytometry Research 23:15-22,2013.
  15. 増田 亜希子.造血器腫瘍関連検査 造血器腫瘍関連遺伝子.内科 111:1080-1083,2013.
  16. 増田 亜希子.造血器腫瘍関連検査 染色体分析,FISH.内科 111:1076-1079,2013.
  17. 増田 亜希子.造血器腫瘍関連検査 細胞表面マーカー.内科 111:1072-1075,2013.
  18. 増田 亜希子.臨床医からの質問に答える 免疫グロブリン遊離L鎖κ/λ比の意義を教えてください.検査と技術 41:771-775,2013.
  19. 増田 亜希子,常名 政弘.節外性濾胞辺縁帯粘膜関連リンパ組織型リンパ腫(MALTリンパ腫).臨床検査 57:1589-1594,2013.
  20. 矢冨 裕.出血性疾患の診療のポイント.日本内科学会雑誌 102:658-663,2013.
  21. 矢冨 裕.Editorial「臨床検査の新時代」.日本内科学会雑誌 102:3077-3079,2013.
  22. 矢冨 裕.「脂質メディエーター研究の最前線」序文.臨床化学 42:220,2013.
  23. 横山 貴,宿谷 賢一.尿沈渣の標準化.腎臓 36:80-86,2013.
  24. 横田 浩充,矢冨 裕.今後の大学病院における臨床検査部門と臨床検査技師のあり方.臨床病理 61:686-691,2013.

和文著書

  1. 大川 龍之介.期待される新たな検査項目.検査診断学への展望−臨床検査指針:測定とデータ判読のポイント−(野村 努,正田 孝明,横田 浩充,香川県臨床検査技師会編集委員会 編)pp. 148-153.南江堂.東京,2013.
  2. 金子 誠,矢冨 裕.先天性血小板機能異常症.臨床に直結する血栓止血学(朝倉 英策 編)pp. 133-138.中外医学社,東京,2013.
  3. 菅野 信子,金子 誠.活性化部分トロンボプラスチン時間,プロトロンビン時間,トロンボテスト,ヘパプラスチンテスト,トロンビン時間.臨床検査ガイド 2013〜2014.(Medical Practice 編集委員会)pp. 607-624.文光堂,東京,2013.
  4. 蔵野 信,大川 龍之介,矢冨 裕.スフィンゴ脂質の蛍光分析法・自動分析法.遺伝子医学MOOK 24「最新生理活性脂質研究」(横溝 岳彦 監修.青木 淳賢,杉本 幸彦,村上 誠 編)pp. 49-54.メディカルドゥ,大阪.2013.
  5. 宿谷 賢一.尿沈渣(検査法).標準臨床検査学 臨床検査総論(伊藤機一・松尾秀二 編)pp. 79-83.医学書院,東京.2013.
  6. 宿谷 賢一.脳脊髄液検査.標準臨床検査学 臨床検査総論(伊藤機一・松尾秀二 編)pp. 102-106.医学書院,東京.2013.
  7. 宿谷 賢一.関節液検査.標準臨床検査学 臨床検査総論(伊藤機一・松尾秀二 編)pp. 107-109.医学書院,東京.2013.
  8. 宿谷 賢一.胸水・腹水・心嚢液.標準臨床検査学 臨床検査総論(伊藤機一・松尾秀二 編)pp. 110-111.医学書院,東京.2013.
  9. 宿谷 賢一.その他の分泌物の検査.標準臨床検査学 臨床検査総論(伊藤機一・松尾秀二 編)pp. 127-128.医学書院,東京.2013.
  10. 宿谷 賢一,田中 雅美,下澤 達雄.ISO 15189による尿検査の精度保証.尿検査教本From2013(菊池春人・油野友二・宿谷賢一・八木靖二・芝 紀代子・富野康日己 監修)pp. 56-60.医学書院,東京.2013.
  11. 宿谷 賢一.カラー図譜 尿沈渣.臨床検査データブック2013-2014(高久史麿 監修)pp. 30-92.医学書院,東京.2013.
  12. 宿谷 賢一,北村 聖.一般尿検査の採尿・定性・沈渣.臨床検査データブック2013-2014(高久史麿 監修)pp. 92-94.医学書院,東京.2013.
  13. 宿谷 賢一,北村 聖.便潜血検査の採便.臨床検査データブック2013-2014(高久史麿 監修)pp. 95-96.医学書院,東京.2013.
  14. 宿谷 賢一,下澤 達雄.胃液.臨床検査データブック2013-2014(高久史麿 監修)pp. 717-719.医学書院,東京.2013.
  15. 宿谷 賢一,下澤 達雄.髄液(CSF).臨床検査データブック2013-2014(高久史麿 監修)pp. 724-725.医学書院,東京.2013.
  16. 宿谷 賢一,下澤 達雄.胆汁.臨床検査データブック2013-2014(高久史麿 監修)pp. 729-730.医学書院,東京.2013.
  17. 宿谷 賢一,下澤 達雄.腹水.臨床検査データブック2013-2014(高久史麿 監修)pp. 732-733.医学書院,東京.2013.
  18. 宿谷 賢一,下澤 達雄.便潜血(便中ヘモグロビン).臨床検査データブック2013-2014(高久史麿 監修)pp. 708-709.医学書院,東京.2013.
  19. 宿谷 賢一.尿沈渣検査.若葉マーク臨床検査学エッセンス・ノート臨床生物化学分析検査学(山内一由 編)pp. 218-228.メジカルビュー社,東京.2013.
  20. 宿谷 賢一.その他の尿検査.若葉マーク臨床検査学エッセンス・ノート臨床生物化学分析検査学(山内一由 編)pp. 229.メジカルビュー社,東京.2013.
  21. 宿谷 賢一.糞便検査.若葉マーク臨床検査学エッセンス・ノート臨床生物化学分析検査学(山内一由 編)pp. 230.メジカルビュー社,東京.2013.
  22. 宿谷 賢一.脳脊髄液検査.若葉マーク臨床検査学エッセンス・ノート臨床生物化学分析検査学(山内一由 編)pp. 231-235.メジカルビュー社,東京.2013.
  23. 宿谷 賢一.その他の穿刺液・精液検査.若葉マーク臨床検査学エッセンス・ノート臨床生物化学分析検査学(山内一由 編)pp. 236-238.メジカルビュー社,東京.2013.
  24. 矢冨 裕.血栓性血小板減少性紫斑病.今日の治療指針2013年版(山口 徹,北原 光夫,福井 次矢 編)pp. 623-624.医学書院,東京.2013.
  25. 矢冨 裕.血液学的検査:血球検査.標準臨床検査医学 第4版(高木 康,山田 俊幸 編)pp. 48-68.医学書院,東京.2013.
  26. 矢冨 裕.止血・血栓検査の判読のポイント.検査診断学への展望(第62回日本医学検査学会記念誌編集委員会 監修)pp. 224-231.南江堂,東京.2013.
  27. 矢冨 裕.血小板数,血小板関連IgG/抗血小板抗体,抗血小板第4因子-ヘパリン複合体抗体(HIT抗体),CYP2C19,CYP2C9,VKORC1.内科増刊号:検査値を読む2013(小立 鉦彦 編)pp. 1065, 1066, 1149, 1614-1416.南江堂,東京.2013.
  28. 矢冨 裕.基準値.内科学 第10版(矢崎 義雄 総編集)pp. 付1-18.朝倉書店,東京.2013.
  29. 矢冨 裕.血液疾患の検査.内科学書 改訂第8版(小川 聡 編)pp. 36-50.中山書店,東京.2013.
  30. 横田 浩充,矢冨 裕.悪性腫瘍の化学療法の適応を調べる遺伝子検査.臨床検査ガイド2013-2014(Medical Practice編集委員会 編)pp. 1052-1063.文光堂,東京.2013.

和文編著等

  1. 櫻林 郁之介 監修.矢冨 裕,廣畑 俊成,山田 俊幸,石黒 厚至 編集.今日の臨床検査2013-2014.南江堂,東京.2013.

国内学会発表

  1. 大金 亜弥,常名 政弘,宿谷 賢一,増田 亜希子,横田 浩充,矢冨 裕.抗生剤により発症した薬剤性無顆粒球症の一例.第62回 日本医学検査学会.2013.5.12.高松.
  2. 大金 亜弥,常名 政弘,田辺 久美子,吉川 直之,毛利 真理子,宿谷 賢一,増田 亜希子,横田 浩充,矢冨 裕.多項目自動血球分析装置XN-9000による体腔液測定の基礎的検討.日本臨床検査自動化学会 第45回大会.2013.10.12.横浜.
  3. 大川 龍之介,村本 良三,荒木 秀夫,大久保 滋夫,横田 浩充,矢冨 裕.アルブミンに関する2年間の都臨技精度管理調査結果の解析.第62回 日本医学検査学会.2013.5.18.高松.
  4. 大川 龍之介.「大学病院における検体検査自動化システム−運用紹介と課題−」”東京大学医学部附属病院の包括的検体検査システムの更新について”.第62回 日本医学検査学会 ランチョンセミナー.2013.5.19.高松.
  5. 大川 龍之介,蔵野 信,酒井 登,岸本 達也,松山 直人,五十嵐 浩二,中村 和宏,野尻 卓宏,徳原 康哲,奥平 真一,青木 淳賢,細萱 茂実,尾崎 由基男,土肥 智貴,宮内 克己,代田 浩之,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.自動分析装置を用いた血漿コリン濃度の測定と関連項目との比較.第60回 日本臨床検査医学会学術集会.2013.11.3.神戸.
  6. 小野 佳一,金子 誠,久米 幸夫,野々部 亮子,川口 直子,大濱 侑季,菅野 信子,横田 浩充,家子 正裕,矢冨 裕重症肝障害により凝固異常(APTT延長)の判断に苦慮した1症例.第14回 日本検査血液学会学術集会.2013.7.27-28.東京.
  7. 金子 誠,菅野 信子,矢冨 裕.低活性域の血液凝固VIII因子活性に対するAPTT試薬,FVIII欠乏血漿の特性評価.第13回 TTMフォーラム.2013.3.16.東京.
  8. 金子 誠.敗血症治療薬開発における試験デザインと被験者選定基準(敗血症と早期発見に向けた診断法)技術情報協会 セミナー.2013.4.19.東京.
  9. 金子 誠.臨床医が期待する臨床検査室(血栓・止血検査に関して).第62回 日本医学検査学会 ランチョンセミナー.2013.5.12.高松.
  10. 金子 誠,菅野 信子,鈴木 明子,松本 智子,嶋 緑倫,矢冨 裕.血友病A症例への遺伝子組換え型血液凝固第VIII因子製剤補充後に検査試薬の差異により第VIII因子活性に大きな差が生じた一例.第61回 日本輸血・細胞治療学会総会.2013.5.16-18.横浜.
  11. 金子 誠,和中 敬子,菅野 信子,金子 知枝子,宮下 久美子,久米 幸夫,松尾 武文,矢冨 裕.ヘパリン起因性血小板減少症に対する臨床診断(4T’Sスコア)と免疫学的測定結果との比較.第35回 日本血栓止血学会学術集会.2013.5.30-6.1.山形.
  12. 金子 誠,菅野 信子,奥山 恵理子,矢冨 裕.ヘパリン類の濃度測定時の注意点(テストチームヘパリンSキットの検討から).第60回 日本臨床検査医学会学術集会.2013.10.31-11.3.神戸.
  13. 川口 直子,永友 利律子,渡邉奈緒美,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.BioPlex2200 ANA Screeの臨床的有用性.第60回 日本臨床検査医学会学術集会.2013.11.3.神戸.
  14. 蔵野 信,大川 龍之介,小野 圭一 ,中村 和宏,池田 均,矢冨 裕.スフィンゴシン1-リン酸測定の臨床検査医学への応用.第110回 日本内科学会総会・講演会.2013.4.13.東京.
  15. 後藤 寛昭,榎奥 健一郎,疋田 宏美,鈴木 淳史,岩井 友美,横田 浩充,山崎 力,矢冨 裕,池田 均.一般健康診断で認められる肝門部リンパ節腫大の臨床的意義.第86回 日本超音波医学会学術集会.2013.5.24‐26.大阪.
  16. 佐藤 優実子,増田 亜希子,山田 真希子,南谷 泰仁,市川 幹,横田 浩充,高井 大哉,黒川 峰夫,矢冨 裕.イマチニブ不応症例におけるABL1遺伝子変異解析の有用性.第14回 日本検査血液学会学術集会.2013.7.27-28.東京.
  17. 下澤 達雄,小倉 彩世子,宿谷 賢一,田中 雅美,矢冨 裕.急性食塩負荷時の交感神経活動の変化 LF/HFでの評価.第60回 日本臨床検査医学会学術集会.2013.11.1.神戸.
  18. 宿谷 賢一.尿検査・尿沈渣の今後 尿沈渣検査法2010から.第62回 日本医学検査学会.2013.5.12.高松.
  19. 宿谷 賢一,田中 雅美,川口 直子 ,久末 崇司,影山 祐子,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.全自動尿分注装置IDS-CLAS・Hr.日本臨床検査自動化学会 第45回大会.2013.10.12.横浜.
  20. 宿谷 賢一.教科書では学べない尿検査.日臨技首都圏支部医学検査学会(第2回).2013.10.26.東京.
  21. 宿谷 賢一.一致団結!腎・泌尿器領域の臨床検査 尿沈渣検査でここまでわかる.第60回 日本臨床検査医学会学術集会.2013.11.2.神戸.
  22. 宿谷 賢一.一般検査の匠を育てる!ISO15189と一般検査教育.中四国支部医学検査学会(第46回).2013.11.10.広島.
  23. 大黒 達也,湯本 真人,矢冨 裕.潜在的・顕在的学習条件による聴覚統計学習効果の解明.第15回 日本ヒト脳機能マッピング学会.2013.7.5-6.東京.
  24. 大黒 達也,湯本 真人,矢冨 裕.領域一般的学習に関わる脳磁場反応.第18回
    認知神経科学会学術集会.2013.7.27-28.東京.
  25. 大黒 達也,矢冨 裕,湯本 真人. 音列の高次構造の統計学習.第43回日本臨床
    神経生理学会学術大会,2013.11.7-9.高知.
  26. 田辺 久美子,常名 政弘,宿谷 賢一,横田 浩充,増田 亜希子,矢冨 裕.造血器腫瘍細胞におけるCD123発現の解析.第60回 日本臨床検査医学会学術集会.2013.11.3.神戸 .
  27. 寺島 道子,常名 政弘,大金 亜弥,吉川 直之,田邉 久美子,佐藤 美知子,増田 亜希子,宿谷 賢一,横田 浩充,矢冨 裕.好塩基球増加症例に対する当院での対応 CML早期発見の試み.第14回 日本検査血液学会学術集会.2013.7.27-28.東京.
  28. 徳原 康哲,大川 龍之介,大久保 滋,横田 浩充,矢冨 裕.新規CKおよびCK-MB試薬「シグナスオートCK」,「シグナスオートCK-MB MtO」の基礎的検討.第9回 東京都医学検査学会.2013.2.17.東京.
  29. 徳原 康哲,宿谷 賢一,大川 龍之介,大久保 滋夫,横田 浩充,下澤 達雄,池田 均,稲垣 忍,矢冨 裕.アルカプトン尿症のスクリーニング検査法の考案.第8回 日本臨床検査学教育学会学術大会.2013.8.28.大阪.
  30. 徳原 康哲,蔵野 信,大川 龍之介,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.リゾホスファチジルエタノールアミン,リゾホスファチジルイノシトールの急性冠症候群における役割の検討.第60回 日本臨床検査医学会学術集会.2013.11.3.神戸.
  31. 野尻 卓宏,大川 龍之介,大久保 滋夫,横田 浩充,蔵野 信,池田 均,矢冨 裕.ラテックス免疫比濁法を測定原理とするMMP-3測定試薬の基礎的検討.第9回 東京都医学検査学会.2013.2.17.東京.
  32. 野々部 亮子,金子 誠,菅野 信子,久米 幸夫,小野 佳一,横田 浩充,矢冨 裕.ラテックス凝集法による抗血小板第4因子/ヘパリン複合体抗体測定の評価.第3回 血栓止血検査研究会-Tokyo.2013.6.22.東京.
  33. 野々部 亮子,金子 誠,菅野 信子,久米 幸夫,小野 佳一,横田 浩充,矢冨 裕.ラテックス凝集法による抗血小板第4因子/ヘパリン複合体抗体測定の評価.第14回 日本検査血液学会学術集会.2013.7.27-28.東京.
  34. 野々部 亮子,金子 誠,久米 幸夫,小野 佳一,丸尾 理恵,菅野 信子,横田 浩充,矢冨 裕.凝固検査における適正オーダーに向けた当院検査室の取り組み.第60回 日本臨床検査医学会学術集会.2013.10.31-11.3.神戸.
  35. 早川 明子,山口 ひろ子,水本 好美,大久保 滋夫,横田 浩充,矢冨 裕.AIA-2000によるPIVKAU測定試薬の基礎的検討.第62回 日本医学検査学会.2013.5.18.香川.
  36. 久末 崇司,田中 雅美,宿谷 賢一,毛利 真理子,影山 祐子,横田 浩充,矢冨 裕.多項目自動血球分析装置XN-2000による髄液細胞測定の検討 ー夜間・休日対応への取り組みー.第9回 東京都医学検査学会.2013.2.17.東京.
  37. 久末 崇司,田中 雅美,宿谷 賢一,毛利 真理子,影山 祐子,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.全自動尿分析装置US-3100R plusの基礎的検討 〜A/C比,P/C比を中心に〜.腎・泌尿器検査研究会 第9回学術集会.2013.3.16.東京.
  38. 久末 崇司,田中 雅美,宿谷 賢一,毛利 真理子,影山 祐子,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.全自動尿分析装置US-3100R plusの性能評価.第62回 日本医学検査学会.2013.5.18.高松.
  39. 久末 崇司,田中 雅美,常名 政弘,宿谷 賢一,毛利 真理子,影山 祐子,横田 浩充,矢冨 裕.髄液中に形質細胞が認められた多発性骨髄腫の一症例.第62回 日本医学検査学会.2013.5.18.高松.
  40. 久末 崇司,田中 雅美,宿谷 賢一,影山 祐子,川口 直子,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.全自動尿分析装置US‐3100R plusを用いた尿中アルブミン定性検査の有用性.日本臨床検査自動化学会 第45回大会.2013.10.12.横浜.
  41. 増井 優花,松本 彩,影山 祐子,下坂 浩則,渡部 歌織,戸田 智惠子,森豊 隆志,荒川 義弘,山崎 力,横田 浩充,矢冨 裕. 東大病院におけるP1ユニットの活動と臨床検査技師の貢献. 第60回 日本臨床検査医学会学術集会.2013.11.2.神戸.
  42. 増田 亜希子,常名 政弘,横田 浩充,矢冨 裕.寒冷凝集素症に合併したリンパ腫の診断においてFCMが有用であった2症例.第23回 日本サイトメトリー学会学術集会.2013.6.23.東京.
  43. 増田 亜希子,常名 政弘,田辺 久美子,佐藤優実子,宿谷 賢一,横田 浩充,矢冨 裕.Hematogonesの増加を認め,再発との鑑別が困難であったBCR-ABL1陽性急性リンパ性白血病の1症例.第60回 日本臨床検査医学会学術集会.2013.11.1.神戸.
  44. 増田 亜希子.血液形態診断のためのケースカンファレンス 系統不明な急性白血病の1症例.第60回 日本臨床検査医学会学術集会.2013.11.2.神戸.
  45. 松本 彩,戸田 智惠子,渡部 歌織,白澤 サトエ,葛山 晴子,増井 優花,柳田 道孝,山崎 力,荒川 義弘,森豊 隆志. Integrated P1ユニットの構築と運用を目指して(3)—機能的かつ機動的な臨床試験実施チームによる運用—. 第13回 CRCと臨床試験のあり方会議.2013.9.15.舞浜.
  46. 毛利 真理子,田中 雅美,久末 崇司,影山 祐子,宿谷 賢一,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.C型肝炎患者に出現した尿中不明結晶について―テラプレビルを用いた3剤併用療法中に認められた尿検査所見―.腎・泌尿器検査研究会 第9回学術集会.2013.3.16.東京.
  47. 矢冨 裕.会長講演「高度医療・チーム医療を支える中央診療部門〜臨床検査の立場から」.第88回 日本医療機器学会大会.2013.6.6-8.横浜.
  48. 矢冨 裕.会長講演「私の目指す臨床検査医学研究」.第60回 日本臨床検査医学会学術集会.2013.10.31-11.3.神戸.
  49. 吉川 直之,常名 政弘,増田 亜希子,宿谷 賢一,横田 浩充,矢冨 裕.血小板定値域測定の信頼性について―自動血球分析装置4社5機種と免疫学的測定(CD61)の比較検討.第62回 日本医学検査学会.2013.5.12.高松.
  50. 吉川 直之,常名 政弘,増田 亜希子,佐藤 智彦,大河内 直子,南谷 泰仁,横田 浩充,黒川 峰夫,高橋 孝喜,矢冨 裕.多項目自動血球分析装置XNを用いた造血前駆細胞(HPC)測定の基礎的性能評価および臨床的有用性の検討.第14回 日本検査血液学会学術集会.2013.7.27-28.東京.
  51. 渡邉 奈緒美,増戸 梨恵,永友 利津子,金子 誠.プロカルシトニンとDICの関連性.第13回 日本DIC研究会.2013.2.2.東京.
  52. 和田 英夫,村田 満,尾崎 由基男,矢冨 裕,金子 誠,川杉 和夫,松野 一彦,中尾 考志,阪田 敏幸,田中 秀明,岸谷 健一郎.抗Xa活性のモニターとその標準化(II).第53回 日本臨床化学会年次学術集会.2013.8.30.-9.1.徳島.

このページのトップへ
Copyright © 東京大学医学部附属病院検査部. All Rights Reserved.