HOME
業績
2012年

英文原著論文

  1. Araki, J., Jona, M., Eto, H., Aoi, N., Kato, H., Suga, H., Doi, K., Yatomi, Y., and Yoshimura, K. Optimized Preparation Method of Platelet-Concentrated Plasma and Noncoagulating Platelet-Derived Factor Concentrates: Maximization of Platelet Concentration and Removal of Fibrinogen. Tissue Eng Part C Methods. 18: 176-185, 2012.
  2. Banno, F., Nojiri, T., Matsumoto, S., Kamide, K., and Miyata, T. RGS2 deficiency in mice does not affect platelet thrombus formation at sites of vascular injury. J. Thromb. Haemost. 10: 309-311, 2012.
  3. Dohi, T., Miyauchi, K., Ohkawa, R., Nakamura, K., Kishimoto, T., Miyazaki, T., Nishino, A., Nakajima, N., Yaginuma, K., Tamura, H., Kojima, T., Yokoyama, K., Kurata, T., Shimada, K., Yatomi, Y., and Daida, H. Increased circulating plasma lysophosphatidic acid in patients with acute coronary syndrome. Clin. Chim. Acta 413: 207-212, 2012.
  4. Dohi, T., Miyauchi, K., Ohkawa, R., Nakamura, K., Thuboi, S., Ogita, M., Miyazaki, T., Nishino, A., Yokoyama, K., Kurata, T., Yatomi, Y.,and Daida, H. Higher lipoprotein-associated phospholipase A2 levels are associated with coronary atherosclerosis documented by coronary angiography. Ann Clin Biochem. 49: 527-533, 2012.
  5. Goto, E., Masuzaki, R., Tateishi, R., Kondo, Y., Imamura, J., Goto, T., Ikeda, H., Akahane, M., Shiina, S., Omata, M., Yoshida, H., and Koike, K. Value of post-vascular phase (Kupffer imaging) by contrast-enhanced ultrasonography using Sonazoid in the detection of hepatocellular carcinoma. J. Gastroenterol. 47: 477-485, 2012.
  6. Hashimoto, T., Okudaira, S., Igarashi, K., Hama, K., Yatomi, Y., and Aoki, J. Identification and biochemical characterization of a novel autotaxin isoform, ATXδ, with a four-amino acid deletion. J. Biochem. 151: 89-97, 2012.
  7. Hoshina,K., Kaneko, M., Hosaka, A., Okamoto, H., Shigematsu, K., and Miyata, T. Lessons learned from a case of abdominal aortic aneurysm accompanied by unstable coagulopathy. Case Rep. Vasc. Med. 2012: 265860.
  8. Ikeda, H., Tejima, K., Masuzaki, R., Yatomi, Y., and Koike, K. Reply to the letter by H. Mawatari et al. regarding "Thrombocytopenia is more severe in patients with advanced chronic hepatitis C than B with the same grade of liver stiffness and splenomegaly". J. Gastroenterol. 47: 608, 2012.
  9. Kageyama, Y., Ikeda, H., Watanabe, N., Nagamine, M., Kusumoto, Y., Yashiro, M., Satoh, Y., Shimosawa, T., Shinozaki, K., Tomiya, T., Inoue, Y., Nishikawa, T., Ohtomo, N., Tanoue, Y., Yokota, H., Koyama, T., Ishimaru, K., Okamoto, Y., Takuwa, Y., Koike, K., and Yatomi, Y. Antagonism of sphingosine 1-phosphate receptor 2 causes a selective reduction of portal vein pressure in bile duct-ligated rodents. Hepatology 56: 1427-1438, 2012.
  10. Kimura, K., Takenaka, K., Ebihara, A., Okano, T., Uno, K., Fukuda, N., Ando, J., Fujita, H., Morita, H., Yatomi, Y., and Nagai, R. Speckle Tracking Global Strain Rate E/E' Predicts LV Filling Pressure More Accurately Than Traditional Tissue Doppler E/E'. Echocardiography. 29: 404-410, 2012.
  11. Kurano, M., Hara, M., Tsuneyama, K., Okamoto, K., Iso-O, N., Matsushima, T., Koike, K., and Tsukamoto, K. Modulation of lipid metabolism with the over-expression of NPC1L1 in mice liver. J. Lipid Res. 53: 2275-2285, 2012.
  12. Masuzaki, R., Tateishi, R., Yoshida, H., Arano, T., Uchino, K., Enooku, K., Goto, E., Nakagawa, H., Asaoka, Y., Kondo, Y., Goto, T., Ikeda, H., Shiina, S., Omata, M., and Koike, K. Assessment of disease progression in patients with transfusion-associated chronic hepatitis C using transient elastography. World J. Gastroenterol. 18:1385-90, 2012.
  13. Mori, F.K., Shimosawa, T., Wang, H., Ogura, S., Mu, S., Yatomi, Y., and Fujita, T. NADPH oxidase-mediated Rac1 GTP activity is necessary for non-genomic actions of the mineralocorticoid receptor in the CA1 region of the rat hippocampus. Am. J. Physiol. Endocrinol. Metab. 302: E425-E432, 2012.
  14. Nakamura, K., Igarashi, K., Ohkawa, R., Yokota, H., Masuda, A., Nakagawa, S., Yano, T., Ikeda, H., Aoki, J., and Yatomi, Y. Serum Autotaxin is not a Useful Biomarker for Ovarian Cancer. Lipids. 47: 927-930, 2012.
  15. Norimatsu, Y., Ohmori, T., Kimura, A., Madoiwa, S., Mimuro, J., Seichi, A., Yatomi, Y., Hoshino, Y., and Sakata, Y. FTY720 improves functional recovery after spinal cord injury by primarily nonimmunomodulatory mechanisms. Am. J. Pathol. 180: 1625-1635, 2012. Referred to by "This Month in AJP"
  16. Ohkawa, R., Kishimoto, T., Kurano, M., Dohi, T., Miyauchi, K., Daida, H., Nagasaki, M., Uno, K., Hayashi, N., Sakai, N., Matsuyama, N., Nojiri, T., Nakamura, K., Okubo, S., Yokota, H., Ikeda, H., and Yatomi, Y. Development of an enzymatic assay for sphingomyelin with rapid and automatable performances: Analysis in healthy subjects and coronary heart disease patients. Clin. Biochem. 45: 1463-1470, 2012.
  17. Ono, S., Fujishiro, M., Kodashima, S., Takahashi, Y., Minatsuki, C., Mikami-Matsuda, R., Asada-Hirayama, I., Konno-Shimizu, M., Tsuji, Y., Mochizuki, S., Niimi, K., Yamamichi, N., Kaneko, M., Yatomi, Y., and Koike, K. Evaluation of safety of endoscopic biopsy without cessation of antithrombotic agents in Japan. J. Gastroenterol. 47: 770-774, 2012.
  18. Osada, M., Kaneko, M., Sakamoto, M., Endoh, M., Takigawa, K., Suzuki-Inoue, K., Inoue, O., Satoh, K., Enomoto, N., Yatomi, Y., and Ozaki, Y. Causes of Thrombocytopenia in Chronic Hepatitis C Viral Infection. Clin. Appl. Thromb. Hemost. 18:272-280, 2012.
  19. Osada, M., Inoue, O., Ding, G., Shirai, T., Ichise, H., Hirayama, K., Takano, K., Yatomi, Y., Hirashima, M., Fujii, H., Suzuki-Inoue, K., and Ozaki, Y. Platelet activation receptor CLEC-2 regulates blood/lymphatic vessel separation by inhibiting proliferation, migration, and tube formation of lymphatic endothelial cells. J. Biol. Chem. 287: 22241-22252, 2012.
  20. Ozaki, I., Shiraishi, H., Kamada, K., Kameyama, S., Tsuyuguchi, N., Yumoto, M., Watanabe, Y., Hirata, M., Ishii, R., Iguchi, Y., Kimura, T., Takino, R., and Hashimoto, I. Publication criteria for evoked magnetic fields of the human brain: a proposal. Clin Neurophysiol. 123: 2116-2121, 2012.
  21. Saito, R., Shimosawa, T., Ogihara, T., Fujita, T., Maruyama, N., Okamura, N., and Nakahara, K. Function of adrenomedullin in inflammatory response of liver against LPS-induced endotoxemia. APMIS. 120: 706-711, 2012.
  22. Satoh, Y., Mori, K., Kitano, K., Kitayama, J., Yokota, H., Sasaki, H., Uozaki, H., Fukayama, M., Seto, Y., Nagawa, H., Yatomi, Y., and Takai, D. Analysis for the Combination Expression of CK20, FABP1 and MUC2 is Sensitive for the Prediction of Peritoneal Recurrence in Gastric Cancer. Jpn. J. Clin. Oncol. 42: 148-152, 2012.
  23. Soroida, Y., Ohkawa, R., Nakagawa, H., Satoh, Y., Yoshida, H., Kinoshita, H., Tateishi, R., Masuzaki, R., Enooku, K., Shiina, S., Sato, T., Obi, S., Hoshino, T., Nagatomo, R., Okubo, S., Yokota, H., Koike, K., Yatomi, Y., and Ikeda, H. Increased activity of serum mitochondrial isoenzyme of creatine kinase in hepatocellular carcinoma patients predominantly with recurrence. J. Hepatol. 57: 330-336, 2012.
  24. Sugiura, T., Dohi, Y., Yamashita, S., Ohte, N., Ito, S., Iwaki, S., Hirowatar,i .Y, Ohkawa, R., Mishima, Y., Yatomi, Y., Kimura, G., and Fujii, S. Analytical evaluation of plasma serotonin and sphingosine 1-phosphate and their clinical assessment in early atherosclerosis. Coron Artery Dis. 23: 234-238, 2012.
  25. Uno, K., Tanaka-Ishikawa, M., Ebihara, A., Sonoda, M., Kimura, K., Yatomi, Y., and Takenaka, K. Multiple coronary artery fistulae with biventricular
    hypertrophy. J. Echocardiography. 10: 132-134, 2012.
  26. Yashima, Y., Sasahira, N., Isayama, H., Kogure, H., Ikeda, H., Hirano, K., Mizuno, S., Yagioka, H., Kawakubo, K., Sasaki, T., Nakai, Y., Tada, M., Yoshida, H., Omata, M., and Koike, K. Acoustic radiation force impulse elastography for noninvasive assessment of chronic pancreatitis. J. Gastroenterol. 47: 427-432, 2012.
  27. Watanabe, K., Emoto, N., Hamano, E., Sunohara, M., Kawakami, M., Kage, H., Kitano, K., Nakajima, J., Goto, A., Fukayama, M., Nagase, T., Yatomi, Y., Ohishi, N., and Takai, D. Genome structure-based screening identified epigenetically silenced microRNA associated with invasiveness in non-small-cell lung cancer. Int. J. Cancer. 130: 2580-2590, 2012.

英文総説

  1. Ikeda, H., and Yatomi, Y. Autotaxin in liver fibrosis. Clin. Chim. Acta 413: 1817-21, 2012.
  2. Kashiwagi, A., Kasuga, M., Araki, E., Oka, Y., Hanafusa, T., Ito, H., Tominaga, M., Oikawa, S., Noda, M., Kawamura, T., Sanke, T., Namba, M., Hashiramoto, M.,Sasahara, T., Nishio, Y., Kuwa, K., Ueki, K., Takei, I., Umemoto, M., Murakami, M., Yamakado, M., Yatomi, Y., and Ohashi, H. International clinical harmonization of glycated hemoglobin in Japan: From Japan Diabetes Society to National Glycohemoglobin Standardization Program values. Diabetol. Int. 3: 8-10, 2012.
  3. Kashiwagi, A., Kasuga, M., Araki, E., Oka, Y., Hanafusa, T., Ito, H., Tominaga, M., Oikawa, S., Noda, M., Kawamura, T., Sanke, T., Namba, M., Hashiramoto, M., Sasahara, T., Nishio, Y., Kuwa, K., Ueki, K., Takei, I., Umemoto, M., Murakami, M., Yamakado, M., Yatomi, Y., and Ohashi, H. International clinical harmonization of glycated hemoglobin in Japan: From Japan Diabetes Society to National Glycohemoglobin Standardization Program values. J. Diabetes Invest. 3: 39-40, 2012.

国際学会発表

  1. Kaneko, M., Kanno, N., Tanaka, R., Suzuki, A., and Yatomi, Y. Difference in the Sensitivity of Donor-Platelet Responsiveness of Anti-Heparin/Platelet Factor 4 Complex Antibody in Heparin-induced Platelet Aggregation Assay. 7th Congress of the Asian-Pacific Society on Thrombosis and Haemostasis. 2012. 10. 28-31. Melbourne, Australia.
  2. Kurano, M., Tsukamoto, K., Ohkawa, R., Hara, M., Iino, J., Ikeda, H., and Yatomi, Y. Hepatic Apolipoprotein M Overexpression Increased Total Sphingosine 1-phosphate Mass and Ameliorate Insulin Resistance in Diet Induced Obesity Mice. Scientific Session of the American Heart Association. 2012. 11. 3-7. CA, USA.
  3. Fujii, S., Iwaki, S., Ito, S., Nagasaki, A., Ohkawa, R., Yatomi, Y., and Furumoto, T. Increased Plasma Sphingosine-1-Phosphate (S1P) and Its Capacity to Increase Expression of Plasminogen Activator Inhibitor-1 In Adipocytes and Obese Subjects. Scientific Session of the American Heart Association. 2012. 11. 3-7. CA, USA.
  4. Ohkawa, R., Kishimoto, T., Kurano, M., Dohi, T., Miyauchi, K., Daida, H., Nagasaki, M., Uno, K., Hayashi, N., Sakai, N., Matsuyama, N., Nojiri, T., Nakamura, K., Okubo, S., Yokota, H., Ikeda, H., and Yatomi, Y. Possible Usefulness of the Assay of Choline and Choline-containing Phospholipids in Clinical Laboratory Medicine in the Fields of Dyslipidemia and Atherosclerosis. Scientific Session of the American Heart Association. AHA Scientific Sessions. 2012. 11. 3-7. CA, USA.
  5. Sawada, T., Nakamura, K., Ohkawa, R., Shoji, A., Tahara, K., Hayashi, H., Kimura, E., Igarashi, K., Aoki, J., and Yatomi, Y. Serum phosphatidylserine-specific phospholipase A1 (PS-PLA1) identified as a novel biomarker for systemic lupus erythematosus (SLE). American College of Rheumatology 76th Annual Meeting, 2012. 11. 9-14. Washington DC, USA.
  6. Sugiura, T., Dohi, Y., Yamashita, S., Ohte, N., Ito, S., Sanagawa, A., Iwaki, S. Ohkawa, R., Mishima, Y., Yatomi, Y., Kimura, G., and Fujii, S. Circulating MicroRNA-126 as a Potential Biomarker for Recovery from Smoking-Related Endothelial Damage. Scientific Session of the American Heart Association. 2012. 11.3-7. CA, USA.
  7. Shukuya,K. Standardized urine routine tests for the diagnosis of CKD in Japan. Importance of the examination for urine sediment microscopy. 2012 Annual Meeting of Taiwan Society of Nephrology. 2012. 12. 8-9. Taichung.Taiwa.

和文原著論文

  1. 鹿毛 秀宣,加藤 幸子,下川 憲子,滑川 妙子,大石 展也,長瀬 隆英,矢冨 裕,高井 大哉.日本人における3歳から95歳までの換気機能予測式の最適な組み合わせ.呼吸と循環 60:211-216,2012.
  2. 影山 祐子,横田 浩充,常名 政弘,佐藤 優実子,高井 大哉,小山 高敏,矢冨 裕.AMLにおけるBAALC遺伝子発現定量法の構築とその有用性に関する検討.日本検査血液学会雑誌 13:17-23,2012.
  3. 菅野 信子,金子 誠,田辺 久美子,常名 政弘,横田 浩充,矢冨 裕.全自動血液凝固分析装置COAGTRON-350におけるBerichrom FXIIIを用いた血液凝固第XIII因子活性測定条件の検討.臨床病理 60:1131-1138,2012.
  4. 佐藤 優実子,横田 浩充,高井 大哉,矢冨 裕. 定量的白血病遺伝子検査の標準法確立に向けた基礎的検討.−特に核酸抽出法,逆転写反応,内部標準遺伝子の選択に関して−.臨床病理 60:740-747,2012.
  5. 佐藤 優実子,増田 亜希子,山田 真希子,南谷 泰仁,市川 幹,横田 浩充,高井 大哉,黒川 峰夫,矢冨 裕.イマチニブ不応症例におけるABL1遺伝子変異解析の有用性.日本検査血液学会雑誌 13:167-175,2012.
  6. 曽根 伸治,横田 浩充,高橋 孝喜,矢冨 裕.感染対策に配慮した外来採血の効率的運用に関する検討.臨床病理 60:853-859,2012.
  7. 永友 利津子,金子 誠,湯浅 薫,小野 佳一,佐藤 美和子,横田 浩充,植木 浩二郎,門脇 孝,矢冨 裕.新規酵素「キノプロテイングルコースデヒドロゲナーゼ(変異型)」を用いた自己検査用グルコース測定器3種の基礎的検討.医学と薬学 68: 537-545,2012.
  8. 田中 雅美,宿谷 賢一,下澤 達雄,矢冨 裕.全自動尿統合分析装置オーションハイブリッドAU-4050の基礎的検討尿中有形成分分析装置.医療と検査機器・試薬 35:603-610,2012.
  9. 田中 亮子,金子 誠,菅野 信子,市村 洋平,門野 岳史,佐藤 伸一,松本 智子,嶋 緑倫,横田 浩充,矢冨 裕.重度皮下血腫を契機に診断された後天性血友病の2症例.日本検査血液学会雑誌13:322-331,2012.
  10. 田中 亮子,金子 誠,菅野 信子,小野 佳一,久米 幸夫,横田 浩充,矢冨 裕.全自動血液凝固測定装置COAGTRON-350に関する性能評価 4種のPT試薬を用いた光学的・物理的検出法の比較検討.医学と薬学 68:891-898,2012.
  11. 増戸 梨恵,山口 ひろ子,早川 明子,大久保 滋夫,横田 浩充,青野 悠久子,内村 英正,池田 均,矢冨 裕.全自動免疫化学測定装置ADVIA Centaur XPによるTSH,FT4,FT3測定の基礎的検討.日本臨床検査自動化学会会誌 37:138-143,2012.
  12. 増戸 梨恵,山口 ひろ子,早川 明子,大久保 滋夫,横田 浩充,青野 悠久子,内村 英正,池田 均,矢冨 裕.全自動免疫化学測定装置ADVIA Centaur XPによる抗サイログロブリン抗体および抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体測定の基礎的検討.日本臨床検査自動化学会会誌 37:247-253,2012.
  13. 丸尾 理恵,佐藤 優実子,横田 浩充,影山 祐子,宿谷 賢一,矢冨 裕.当院でのC型肝炎ウイルスhepatitis C virus(HCV)遺伝子型検査の運用状況とその有用性について 2003年から2011年の集計.臨床病理 60:927-931,2012.
  14. 水本 好美,渡邉 奈緒美,永友 利津子,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.イムライト2000XPiを用いたACTH,コルチゾール,およびインタクトPTHの基礎的検討.日本臨床検査自動化学会会誌 37:327-332,2012.
  15. 保科 克行,金子 誠,白須 拓郎,赤井 隆文,谷口 良輔,根本 卓,山本 諭,赤井 淳,西山 綾子,工藤 昌良,保坂 晃弘,岡本 宏之,重松 邦広,宮田 哲郎.DICを伴う腹部大動脈瘤周術期に血小板減少が遷延した1例.血管外科 31:143,2012.
  16. 渡邉 奈緒美,永友 利津子,大久保 滋夫,横田 浩充,増田 亜希子,池田 均,矢冨 裕.イムライト2000XPiを用いた可溶性インターロイキン2受容体値の臨床的有用性.臨床病理 60:422-428,2012.

和文総説

  1. 池田 均.肝疾患の新たな血液マーカーの検索.臨床病理 60:218-223,2012.
  2. 池田 均,矢冨 裕.肝臓病における臨床検査の最前線 肝細胞癌の臨床検査の進歩.日本臨床検査自動化学会会誌 37:207-209,2012.
  3. 岩井 友美,疋田 宏美,後藤 寛昭,鈴木 淳史,揃田 陽子,佐藤 磨実子,小室 貴子,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.国公私立大学病院生理検査室の現況と課題 臨床検査技術者研修会のアンケート結果から.医療と検査機器・試薬 35:569-577,2012.
  4. 榎奥 健一郎,池田 均,矢冨 裕.非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の新規マーカー.Medical Technology 40:464-465,2012.
  5. 蔵野 信,木下 誠.HDLの多面的効果.呼吸と循環 60: 1166-1171,2012.
  6. 蔵野 信.ApoM.検査と技術 40:1395-1397,2012.
  7. 蔵野 信,松島 照彦.アポリポタンパクA-I欠損症・異常症.先天代謝異常症候群(第2版).別冊日本臨牀 .新領域別症候群シリーズ No.20:121-125.2012.
  8. 佐藤 優実子. 白血病遺伝子検査の意義〜診療支援の視点から〜. 日本検査血液学会雑誌 13:424-431,2012.
  9. 佐藤 優実子,横田 浩充,矢冨 裕. 分子標的治療と臨床検査−造血器腫瘍−.Medical Technology 40:49-54,2012.
  10. 宿谷 賢一,下澤 達雄.尿中有形成分分析装置をどう使うか?尿中有形成分分析装置の運用の工夫.医療と検査機器・試薬35:721-723,2012.
  11. 宿谷 賢一.尿沈渣検査の業務の効率化と省力化のために必要なidea.AUTION TOMORROW 7:10-12,2012.
  12. 曽根 伸治,横田 浩充,高橋 孝喜,矢冨 裕.採血業務の効率化に向けた取り組み.Medical Technology 40:1362-1365,2012.
  13. 田中 亮子,金子 誠,菅野 信子,横田 浩充,矢冨 裕,他.重症皮下血腫を契機に診断された後天性血友病の2症例.日本検査血液学会雑誌 13:322-331,2012.
  14. 田中 亮子,金子 誠,菅野 信子,小野 佳一,久米 幸夫,横田 浩充,矢冨 裕.全自動血液凝固測定装置COAGTRON-350に関する性能評価:4種のPT試薬を用いた光学的・物理的検出法の比較検討.医学と薬学 68:891-898,2012.
  15. 矢冨 裕.巻頭言-生理活性脂質と臨床検査.臨床検査 56:105-106,2012.
  16. 矢冨 裕.生理活性脂質測定の臨床検査医学的応用.臨床検査 56:137-143,2012.
  17. 矢冨 裕.FAB分類からWHO分類へ.臨床病理 60:550-552,2012.
  18. 矢冨 裕.抗血小板療法.SRL宝函 32:30-39,2012.
  19. 矢冨 裕.日本臨床検査自動化学会.内科 109:300,2012.

和文著書

  1. 新井 千穂,小野 佳一,金子 誠.臨床検査のピットフォール 凝固検体採取の注意点(Ht補正の重要性).検査と技術 40:537-540,2012.
  2. 金子 誠.解明されつつある血小板機能異常の分子病態−先天性血小板機能異常症の解析から− 日本血栓止血学会誌 23:457-464, 2012.
  3. 小野 佳一,金子 誠.ワンポイントアドバイス HbA1cの国際標準化.検査と技術 40:1356-1358,2012.
  4. 佐々木 正義,宿谷 賢一.精度管理.一般検査技術教本(日本臨床衛生検査技師会 編)pp.191-195.日本臨床衛生検査技師会,東京.2012.
  5. 宿谷 賢一,田中 雅美,下澤 達雄.尿沈渣.顕微鏡検査ハンドブック(管野 治重,相原 雅典,伊瀬 恵子,伊藤 仁,手島 伸一,矢冨 裕 編) pp.155-160.医学書院,東京.2012.
  6. 宿谷 賢一.尿量.ナースのための検査値ガイド(中原一彦 監修)pp.252.総合医学社,東京.2012.
  7. 宿谷 賢一.尿比重.ナースのための検査値ガイド(中原一彦 監修)pp.253.総合医学社,東京.2012.
  8. 宿谷 賢一.尿pH.ナースのための検査値ガイド(中原一彦 監修)pp.254.総合医学社,東京.2012.
  9. 宿谷 賢一.尿蛋白.ナースのための検査値ガイド(中原一彦 監修)pp.255.総合医学社,東京.2012.
  10. 宿谷 賢一.尿中アルブミン.ナースのための検査値ガイド(中原一彦 監修)pp.256.総合医学社,東京.2012.
  11. 宿谷 賢一.尿潜血.ナースのための検査値ガイド(中原一彦 監修)pp.257.総合医学社,東京.2012.
  12. 宿谷 賢一.尿糖.ナースのための検査値ガイド(中原一彦 監修)pp.258.総合医学社,東京.2012.
  13. 宿谷 賢一.尿ケトン体.ナースのための検査値ガイド(中原一彦 監修)pp.259.総合医学社,東京.2012.
  14. 宿谷 賢一.尿ウロビリノゲン/尿ビリルビン.ナースのための検査値ガイド(中原一彦 監修)pp.260.総合医学社,東京.2012.
  15. 宿谷 賢一.亜硝酸塩.ナースのための検査値ガイド(中原一彦 監修)pp.261.総合医学社,東京.2012.
  16. 宿谷 賢一.尿沈渣.ナースのための検査値ガイド(中原一彦 監修)pp.262.総合医学社,東京.2012.
  17. 宿谷 賢一.尿中α1−ミクログロブリン.ナースのための検査値ガイド(中原一彦 監修)pp.263.総合医学社,東京.2012.
  18. 宿谷 賢一.尿中β2−ミクログロブリン.ナースのための検査値ガイド(中原一彦 監修)pp.264.総合医学社,東京.2012.
  19. 宿谷 賢一.尿中N−アセチル−β−D−グルコサミニナーゼ(NAG).ナースのための検査値ガイド(中原一彦 監修)pp.265.総合医学社,東京.2012.
  20. 宿谷 賢一.虫卵.ナースのための検査値ガイド(中原一彦 監修)pp.266.総合医学社,東京.2012.
  21. 宿谷 賢一.便潜血(便中ヘモグロビン).ナースのための検査値ガイド(中原一彦 監修)pp.267.総合医学社,東京.2012.
  22. 宿谷 賢一.尿量.コンパクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.277.総合医学社,東京.2012.
  23. 宿谷 賢一.尿比重.コンパクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.278.総合医学社,東京.2012.
  24. 宿谷 賢一.尿pH.コンパクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.279.総合医学社,東京.2012.
  25. 宿谷 賢一.尿蛋白.コンパクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.280.総合医学社,東京.2012.
  26. 宿谷 賢一.尿中アルブミン.コンパクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.281.総合医学社,東京.2012.
  27. 宿谷 賢一.尿潜血.コンパクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.282.総合医学社,東京.2012.
  28. 宿谷 賢一.尿糖.コンパクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.283.総合医学社,東京.2012.
  29. 宿谷 賢一.尿ケトン体.コンパクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.284.総合医学社,東京.2012.
  30. 宿谷 賢一.尿ウロビリノゲン,尿ビリルビン.コンパクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.285.総合医学社,東京.2012.
  31. 宿谷 賢一.亜硝酸塩.コンパクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.286.総合医学社,東京.2012.
  32. 宿谷 賢一.尿沈渣.コンパクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.287.総合医学社,東京.2012.
  33. 宿谷 賢一.尿中α1−ミクログロブリン.コンパクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.288.総合医学社,東京.2012.
  34. 宿谷 賢一.尿中β2−ミクログロブリン.コンパクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.289.総合医学社,東京.2012.
  35. 宿谷 賢一.尿中N−アセチル−β−D−グルコサミニナーゼ(NAG).コンパクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.290.総合医学社,東京.2012.
  36. 宿谷 賢一.虫卵.コンパクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.291.総合医学社,東京.2012.
  37. 宿谷 賢一.便潜血(便中ヘモグロビン).コンパクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.292.総合医学社,東京.2012.
  38. 宿谷 賢一,山下 美香,米山 正芳.尿沈渣検査.一般検査技術教本(日本臨床衛生検査技師会 編)pp.50-91.日本臨床衛生検査技師会,東京.2012.
  39. 田中 雅美,宿谷 賢一,下澤 達雄.検体保存の影響.顕微鏡検査ハンドブック(管野 治重,相原 雅典,伊瀬 恵子,伊藤 仁,手島 伸一,矢冨 裕 編) pp.146-149.医学書院,東京.2012.
  40. 田中 雅美,宿谷 賢一.自動分析装置.一般検査技術教本(日本臨床衛生検査技師会 編)pp.92-97.日本臨床衛生検査技師会,東京.2012.
  41. 増田 亜希子.血液・造血器疾患の検査.標準臨床検査学 臨床検査医学総論(矢冨 裕 編) pp. 83-102.医学書院.東京.2012.
  42. 増田 亜希子.悪性腫瘍の検査.標準臨床検査学 臨床検査医学総論(矢冨 裕 編) pp. 199-204.医学書院.東京.2012.
  43. 矢冨 裕.総ヨウ素(尿),CCR4蛋白質,抗血小板第4因子-ヘパリン複合体抗体.最新検査・画像診断事典2012-13年版(宮澤 幸久,米山 彰子 監修,日本臨床検査医学会 編集協力).医学通信社,東京.2012.
  44. 矢冨 裕.検査所見の見方,(血液・造血器疾患)臨床検査.内科学(門脇 孝,永井 良三 総編集)pp. 78-81,1342-1346.西村書店,東京.2012.
  45. 矢冨 裕.出血傾向.臨床検査のガイドラインJSLM2012(日本臨床検査医学会ガイドライン作成委員会 編)pp. 149-152.日本臨床検査医学会,東京.2012.

和文編著等

  1. 菅野 治重,相原 雅典,伊瀬 恵子,伊藤 仁,手島 伸一,矢冨 裕 編.顕微鏡検査ハンドブック.医学書院,東京.2012.
  2. 矢冨 裕,通山 薫 編.血液検査学.医学書院,東京.2012.
  3. 矢冨 裕 編.臨床検査医学総論.医学書院,東京.2012.

国内学会発表

  1. 新井 千穂,常名 政弘,寺島 道子,塚本 裕美,田邉 久美子,小野 佳一,佐藤 美知子,増田 亜希子,横田 浩充,矢冨 裕.好塩基球の増加を伴った急性前骨髄球性白血病の一症例.第13回 日本検査血液学会学術集会.2012.7.28-29.高槻.
  2. 大竹 奈都子,田中 雅美,毛利 真理子,影山 祐子,宿谷 賢一,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.尿蛋白定量検査と定性検査の相関性.腎・泌尿器検査研究会 第8回学術集会.2012.3.17.東京.
  3. 影山 祐子.AMLにおけるBAALC遺伝子定量法の構築とその有用性に関する検討.第13回 日本検査血液学会学術集会.2012.7.28-29.高槻.
  4. 金子 誠,菅野 信子,鈴木 明子,矢冨 裕.ヘパリン惹起血小板凝集試験におけるHIT抗体の健常者血小板に対する感受性の差異.第34回 日本血栓止血学学術集会.2012.6.7-9.東京.
  5. 川口 直子,永友 利津子,渡邉 奈緒美,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.BioPlex2200 ANA Screen を用いた自己抗体測定の基礎的検討.日本臨床検査自動化学会 第44回大会.2012.10.13.横浜.
  6. 佐藤 優実子,増田 亜希子,山田 真希子,丸尾 理恵,横田 浩充,高井 大哉,矢冨 裕.CMLの分子標的治療に対するABL1遺伝子変異解析の有用性−当院での知見から−.第22回 生物試料分析科学会年次学術集会.2012.3.10.福岡.
  7. 田中 亮子,金子 誠,小野 佳一,久米 幸夫,菅野 信子,内野 康志,小池 和彦,横田 浩充,矢冨 裕.光学的検出法で測定不可能であった凝固検体の一例.第13回 日本検査血液学会学術集会.2012.7.28-29.高槻.
  8. 齊藤 由香里,金子 誠,田中 亮子,小野 佳一,久米 幸夫,菅野 信子,横田 浩充,矢冨 裕.高感度VIII因子活性測定のための改変APTT測定法の検討.第13回 日本検査血液学会学術集会.2012.7.28-29.高槻.
  9. 蔵野 信.肝臓NPC1L1発現によるリポ蛋白の修飾.第9回 Lipid Club.2012.5.12.千葉.
  10. 蔵野 信.肝臓でのアポ蛋白M過剰発現はS1Pの総量を増加させ,またS1P1依存的にインスリン抵抗性を改善する.第7回 スフィンゴテラピィ研究会.2012.7.13-14.石川.
  11. 蔵野 信,原 眞純,塚本 和久.Hepatic NPC1L1 over-expression attenuates VLDL-TG secretion and gluconeogenesis via the suppression of hepatic FoxO1 pathway
    第44回 日本動脈硬化学会総会・学術集会.2011.7.19-20.福岡.
  12. 蔵野 信,大川 龍之介,池田 均,矢冨 裕.アポリポ蛋白Mによるスフィンゴシン‐1‐リン酸代謝の修飾.第52回 日本臨床化学会年次学術集会.2012.9.6-8.盛岡.
  13. 蔵野 信,鈴木 明子,大川 龍之介,中村 和宏,土肥 智貴,宮内 克己,代田 浩之,井上 飛鳥,青木 淳賢,池田 均,矢冨 裕.急性冠症候群における血漿リゾホスファチジン酸増加機序の検討:LC/MSによるリゾリン脂質分子種解析.第59回 日本臨床検査医学会学術集会.2012.12.1.京都.
  14. 後藤 寛昭,榎奥 健一郎,岩井 友美,疋田 宏美,鈴木 淳史,揃田 陽子,佐藤 磨実子,小室 貴子,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.鑑別に難渋した血管筋脂肪腫の一例.第37回 日本超音波検査学会.2012.6.1‐3.札幌.
  15. 後藤 寛昭,榎奥 健一郎,佐藤 磨実子,揃田 陽子,鈴木 淳史,疋田 宏美,岩井 友美,矢冨 裕,池田 均. CAPを用いた慢性C型肝炎患者の解析.第59回 日本臨床検査医学会学術集会.2012.11.29‐12.2.京都.
  16. 佐藤 美知子,常名 政弘,寺島 道子,塚本 裕美,田邉 久美子,吉川 直之,新井 千穂,増田 亜希子,横田 浩充,矢冨 裕.体腔液中に形質細胞の増加を伴い,診断にフローサイトメトリー(FCM)が有用であった3症例.第13回 日本検査血液学会学術集会.2012.7.28-29.高槻.
  17. 佐藤 優実子,増田 亜希子,栗原 真希子,南谷 泰仁,市川 幹,宿谷 賢一,横田 浩充,高井 大哉,黒川 峰夫,矢冨 裕.当院におけるABL1遺伝子変異の検出状況 臨床経過との関連について.第13回 日本検査血液学会学術集会.2012.7.28-29.高槻.
  18. 下坂 浩則,矢冨 裕.委託先検査室との医療情報連携におけるセキュリティの検討.第87回 日本医療機器学会大会.2012.6.7-9.札幌.
  19. 宿谷 賢一.尿中有形成分分析装置をどう使うか?尿中有形成分分析装置の運用の工夫.腎・泌尿器検査研究会 第8回学術集会.2012.3.17.東京.
  20. 宿谷 賢一,田中 雅美,大竹 奈都子,毛利 真理子,影山 祐子,山田 真希子,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.尿中有形成分分析装置U-SCANNER(E)の検討.第61回 日本医学検査学会.2012.6.9.津.
  21. 宿谷 賢一,久末 崇司,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.尿沈渣検査の有用性に関する検討―検査依頼時に尿路腫瘍の疑いがなく異型細胞を検出した症例の解析―.第59回 日本臨床検査医学会学術集会.2012.12.1.京都.
  22. 田邉 久美子,常名 政弘,吉川 直之,塚本 裕美,寺島 道子,小野 佳一,佐藤 美知子,増田 亜希子,横田 浩充,矢冨 裕.当院血球検査における緊急異常値の解析.第13回 日本検査血液学会学術集会.2012.7.28-29.高槻.
  23. 塚本 裕美,常名 政弘,吉川 直之,寺島 道子,小野 佳一,田邉 久美子,佐藤 美知子,増田 亜希子,横田 浩充,矢冨 裕.リンパ形質細胞性リンパ腫に併発した寒冷凝集素症の3症例.第13回 日本検査血液学会学術集会.2012.7.28-29.高槻.
  24. 寺島 道子,常名 政弘,増田 亜希子,宿谷 賢一,横田 浩充,矢冨 裕.気管支肺胞洗浄液のFCMが診断に有用であった肺MALTリンパ腫の2症例.第22回 日本サイトメトリー学会学術集会.2012.6.30.豊中.
  25. 徳原 康哲,宿谷 賢一,田中 雅美,毛利 真理子,大川 龍之介,大久保 滋夫,横田 浩充,下澤 達雄,池田 均,矢冨 裕.分光法を用いたアルカプトン尿症の簡便・迅速検査法の開発.腎・泌尿器検査研究会 第8回学術集会.2012.3.17.東京.
  26. 徳原 康哲,大川 龍之介,谷川 幸乃,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.溶血が生化学検査結果に与える影響に関する検討.第61回 日本医学検査学会.2012.6.9.三重.
  27. 徳原 康哲,宿谷 賢一,大川 龍之介,大久保 滋夫,横田 浩充,下澤 達雄,池田 均,矢冨 裕.分光法によるアルカプトン尿症の迅速検査法の考案.第59回 日本臨床検査医学会学術集会.2012.12.1.京都.
  28. 永友 利津子,金子 誠,湯浅 薫,小野 佳一,佐藤 美知子,矢冨 裕,矢作 直也.POCT対応機器HbA1c 微量血液分析装置HbA1c GEAR Sの基礎的検討.第55回 糖尿病学会年次学術集会.2012.5.18-20.横浜.
  29. 野尻 卓宏,大川 龍之介,大久保 滋夫,横田 浩充,蔵野 信,池田 均,矢冨 裕.ラテックス免疫比濁法を測定原理とするMMP-3測定試薬の基礎的検討.第44回 日本臨床検査自動化学会.2012.10.12.横浜.
  30. 野尻 卓宏,大川 龍之介,大久保 滋夫,横田 浩充,蔵野 信,池田 均,矢冨 裕.新規クレアチニン測定試薬シグナスオートCREの基礎検討.第44回 日本臨床検査自動化学会.2012.10.12.横浜.
  31. 畑尾 史彦,森 和彦,山形 幸徳,和田 郁雄,清水 伸幸,野村 幸世,永友 利津子,小野 佳一,金子 誠,瀬戸 泰之.食道癌手術における血液凝固第13因子の動態と縫合不全.第67回 日本消化器外科学会総会.2012.7.18-20.富山.
  32. 早川 明子,山口 ひろ子,西森 まどか,水本 好美,増戸 梨恵,大久保 滋夫,横田 浩充,矢冨 裕.FT3改良試薬(東ソーAIA用)の評価検討.第61回 日本医学検査学会.2012.6.10.三重.
  33. 久末 崇司,田中 雅美,宿谷 賢一,毛利 真理子,影山 祐子,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.多項目自動分析装置XN-2000による髄液細胞算定の検討.日本臨床検査自動化学会 第44回大会.2012.10.12.横浜.
  34. 久末 崇司,常名 政弘,塚本 裕美,寺島 道子,田邉 久美子,佐藤 美知子,増田 亜希子,宿谷 賢一,横田 浩充,矢冨 裕.当院におけるEDTA依存性偽性血小板減少の解析.第13回 日本検査血液学会学術集会.2012.7.28-29.高槻.
  35. 増田 亜希子,矢冨 裕. 検査部におけるWHO2008分類への対応.骨髄病理研究会名古屋. 2012. 2. 4. 名古屋.
  36. 増田 亜希子,常名 政弘,寺島 道子,横田 浩充,矢冨 裕.FCMによるリンパ系腫瘍への新たなアプローチ 悪性リンパ腫の診断におけるCD45ゲーティングの活用 組織や体腔液を中心に.第22回 日本サイトメトリー学会学術集会.2012.6.30.豊中.
  37. 増田 亜希子,常名 政弘,横田 浩充,蕪城 俊克,矢冨 裕.眼内悪性リンパ腫の診断における硝子体液フローサイトメトリーの有用性.第59回 日本臨床検査医学会学術集会.2012.11.30.京都.
  38. 水本 好美,山口 ひろ子,早川 明子,増戸 梨恵,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.全自動エンザイムイムノアッセイ装置AIA-2000を用いた高感度エストラジオール(hsE2)測定の基礎的検討.日本臨床検査自動化学会 第44回大会.2012.10.13.横浜.
  39. 毛利 真理子,田中 雅美,宿谷 賢一,影山 祐子,久末 崇司,横田 浩充,矢冨 裕.尿化学分析装置クリニテックノーバスの基礎的検討.日本臨床検査自動化学会第44回大会.2012.10.12.横浜.
  40. 矢冨 裕.私たちの目指している臨床検査部門の方向性.東京都臨床検査技師会 創立60周年記念講演.2012.2.17.東京.
  41. 矢冨 裕.抗血栓療法の基礎と最近の話題.東京都江戸川区医師会 学術講演会.2012.2.24.東京.
  42. 矢冨 裕.出血性疾患の診療のポイント.日本内科学会生涯教育講演会.2012.6.10,2012.10.21.大阪,松本.
  43. 矢冨 裕.内科診療に必要な血液学領域の臨床検査の最前線.日本内科学会北陸支部生涯教育講演会.2012.6.24.金沢.
  44. 湯浅 薫,金子 誠,勝山 修行,原口 貴美子,永友 利津子,植木 浩二郎,門脇 孝,矢冨 裕.Pain Visionを用いた糖尿病神経障害評価の有効性に関する検討.第59回 日本臨床検査医学会学術集会.2012.11.29-12.2.京都 .
  45. 吉川 直之,常名 政弘,増田 亜希子,宿谷 賢一,横田 浩充,矢冨 裕.赤血球浸透圧抵抗試験 特に抗凝固剤の種類・濃度が与える影響について.第61回 日本医学検査学会.2012.6.9-10.三重.
  46. 吉川 直之,常名 政弘,佐藤 美知子,塚本 裕美,寺島 道子,田邉 久美子,小野 佳一,増田 亜希子,横田 浩充,矢冨 裕.多項目自動血球分析装置XN-2000を用いた幼若血小板比率(IPF)測定の基礎的性能評価.第13回 日本検査血液学会学術集会.2012.7.28-29.高槻.
  47. 吉川 直之,常名 政弘,宿谷 賢一,増田 亜希子,横田 浩充,矢冨 裕.血小板産生能の指標としての大型血小板比率(LPLT%)測定意義に関する検討.日本臨床検査自動化学会 第44回大会.2012.10.12.横浜.
  48. 和田 英夫,松野 一彦,川杉 和夫,金子 誠,遠見 真理,阪田 敏幸,田中 秀明,矢冨 裕,尾崎 由基男,村田 満,登 勉.抗Xa活性のモニター法の開発と標準化.第52回 日本臨床化学会学術集会臨床化学.2012.9.6-8.盛岡.
このページのトップへ
Copyright © 東京大学医学部附属病院検査部. All Rights Reserved.