HOME
業績
2011年

英文原著論文

  1. Arano, T., Nakagawa, H., Tateish,i R., Ikeda, H., Uchino, K., Enooku, K., Goto, E., Masuzaki, R., Asaoka, Y., Kondo, Y., Goto, T., Shiina, S., Omata, M., Yoshida, H., and Koike, K. Serum level of adiponectin and the risk of liver cancer development in chronic hepatitis C patients. Int. J. Cancer. 129:2226-2235, 2011.
  2. Chaya, T., Shibata, S., Tokuhara, Y., Yamaguchi, W., Matsumoto, H., Kawahara, I., Kogo, M., Ohoka, Y., and Inagaki, S. Identification of a negative regulatory region for the exchange activity and characterization of T332I mutant of Rho guanine nucleotide exchange factor 10 (ARHGEF10). J. Biol. Chem. 286: 29511-20, 2011.
  3. Dohi, T., Miyauchi, K., Okazaki, S., Yokoyama, T., Ohkawa, R., Nakamura, K., Yanagisawa, N., Tsuboi, S., Ogita, M., Yokoyama, K., Kurata, T., Yatomi, Y., and Daida, H. Decreased circulating lipoprotein-associated phospholipase A2 levels are associated with coronary plaque regression in patients with acute coronary syndrome. Atherosclerosis. 219: 907-912, 2011.
  4. Enooku, K., Tateishi, R., Kanai, F., Kondo, Y., Masuzaki, R., Goto, T., Shiina, S.,Yoshida, H., Omata, M., and Koike, K. Evaluation of molecular targeted cancer drug by changes in tumor markerdoubling times. J. Gastroenterol. 47: 71-78, 2011.
  5. Ichinose, A., Souri, M. ; Japanese collaborative research group on "Acquired haemorrha-philia due to factor XIII deficiency". As many as 12 cases with haemorrhagic acquired factor XIII deficiency due to its inhibitors were recently found in Japan. Thromb. Haemost. 105: 925-927, 2011.
  6. Ikeda, H., Tateishi, R., Enooku, K., Yoshida, H., Nakagawa, H., Masuzaki, R., Kondo, Y., Goto, T., Shiina, S., Kume, Y., Tomiya, T., Inoue, Y., Nishikawa, T., Ohtomo, N., Tanoue, Y., Ono, T., Koike, K., and Yatomi, Y. Prediction of hepatocellular carcinoma development by plasma ADAMTS13 in chronic hepatitis B and C. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 20: 2204-2211, 2011.
  7. Kage, H., Sugimoto, K., Sano, A., Kitagawa, H., Nagase, T., Ohishi, N., and Takai, D. Suppression of Tgfb1 in lung alveolar epithelium-derived cells using adeno-associated virus type 2/5 vectors to carry short hairpin RNA. Exp. Lung Res. 37: 175-185, 2011.
  8. Kawakubo, Y., Suga, M., Tochigi, M., Yumoto, M., Itoh, K., Sasaki, T., Kano, Y., Kasai, K. Effects of metabotropic glutamate receptor 3 genotype on phonetic mismatch negativity. PLoS One. 6: e24929, 2011.
  9. Kimura, K., Takenaka, K., Pan, X., Ebihara, A., Uno, K., Fukuda, N., Kohro, T., Morita, H., Yatomi, Y., and Nagai, R. Prediction of coronary artery stenosis using strain imaging diastolic index at rest in patients with preserved ejection fraction. J. Cardiol. 57: 311-315, 2011.
  10. Kimura, K., Takenaka, K., Ebihara, A., Uno, K., Iwata, H., Sata, M., Kohro, T., Morita, H., Yatomi, Y., and Nagai, R. Reproducibility and diagnostic accuracy of three-layer speckle tracking echocardiography in a Swine chronic ischemia model. Echocardiography. 28: 1148-1155, 2011.
  11. Kitano, K., Watanabe, K., Emoto, N., Kage, H., Hamano, E., Nagase, T., Sano, A., Murakawa, T., Nakajima, J., Goto, A., Fukayama, M., Yatomi, Y., Ohishi, N., and Takai, D. CpG island methylation of microRNAs is associated with tumor size and recurrence of non-small-cell lung cancer. Cancer Sci. 102: 2126-2131, 2011.
  12. Kurano, M., Iso-O, N., Hara, M., Noiri, E., Koike, K., Kadowaki, T., and Tsukamoto, K. Plant sterols increased IL-6 and TNF-α secretion from macrophages, but to a lesser extent than cholesterol. J. Atheroscler. Thromb. 18: 373-383, 2011.
  13. Kurano, M., Iso-O, N., Hara, M., Ishizaka, N., Moriya, K., Koike, K., and Tsukamoto, K. LXR agonist increases apoE secretion from HepG2 spheroid, together with an increased production of VLDL and apoE-rich large HDL. Lipids Health Dis. 10: 134, 2011.
  14. Masuda, A., Fujii, T., Iwasawa, Y., Nakamura, K., Ohkawa, R., Igarashi, K., Okudaira, S., Ikeda, H., Kozuma, S., Aoki, J., and Yatomi, Y. Serum autotaxin measurements in pregnant women: application for the differentiation of normal pregnancy and pregnancy-induced hypertension. Clin. Chim. Acta. 412: 1944-1950, 2011.
  15. Masuzaki, R., Shiina, S., Tateishi, R., Yoshida, H., Goto, E., Sugioka, Y., Kondo, Y., Goto, T., Ikeda, H., Omata, M., and Koike, K. Utility of contrast enhanced ultrasonography with sonazoid in radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma. J. Gastroenterol. Hepatol. 26: 759-764, 2011.
  16. Mu, S., Shimosawa, T., Ogura, S., Wang, H., Uetake, Y., Kawakami-Mori, F., Marumo, T., Yatomi, Y., Geller, DS., Tanaka, H., and Fujita, T. Epigenetic modulation of the renal β-adrenergic-WNK4 pathway in salt-sensitive hypertension. Nat Med. 17: 573-580, 2011.
  17. Nakagawa, H., Ikeda, H., Nakamura, K., Ohkawa, R., Masuzaki, R., Tateishi, R., Yoshida, H., Watanabe, N., Tejima, K., Kume, Y., Iwai, T., Suzuki, A., Tomiya, T., Inoue, Y., Nishikawa, T., Ohtomo, N., Tanoue, Y., Omata, M., Igarashi, K., Aoki, J., Koike, K., and Yatomi, Y. Autotaxin as a novel serum marker of liver fibrosis. Clin. Chim. Acta, 412: 1201-1206, 2011.
  18. Nakai, Y., Ikeda, H., Nakamura, K., Kume, Y., Fujishiro, M., Sasahira, N., Hirano, K., Isayama, H., Tada, M., Kawabe, T., Komatsu, Y., Omata, M., Aoki, J., Koike, K., and Yatomi, Y. Specific increase in serum autotaxin activity in patients with pancreatic cancer. Clin. Biochem. 44: 576-581, 2011.
  19. Soga, T., Sugimoto, M., Honma, M., Mori, M., Igarashi, K., Kashikura, K., Ikeda, S., Hirayama, A., Yamamoto, T., Yoshida, H., Otsuka, M., Tsuji, S., Yatomi, Y., Sakuragawa, T., Watanabe, H., Nihei, K., Saito, T., Kawata, S., Suzuki, H., Tomita, M., and Suematsu, M. Serum Metabolomics Reveals gamma-Glutamyl Dipeptides as Biomarkers for Discrimination among Different Forms of Liver Disease. J. Hepatol.55: 896-905, 2011.
  20. Oyama, D., Adachi, Y., Hatsusaka, N., Kasahara, T., Yumoto, M. , Hashimoto, I., and Uehara, G. Evaluation of an Isosceles-Triangle-Coil Phantom for Magnetoencephalography. IEEE Transactions on Magnetics 47: 3853-3856, 2011.
  21. Ota, T., Kamada, K., Kawai, K., Yumoto, M., Aoki, S., Saito, N. Refined analysis of complex language representations by non-invasive neuroimaging techniques. Br. J. Neurosurg. 25: 197-202, 2011.
  22. Tsukada, K., Sugawara, Y., Kaneko, J., Tamura, S., Tachikawa, N., Morisawa, Y., Okugawa, S., Kikuchi, Y., Oka, S., Kimura, S., Yatomi, Y., Makuuchi, M., Kokudo, N., and Koike, K. Living donor liver transplantations in HIV- and hepatitis C virus-coinfected hemophiliacs: experience in a single center. Transplantation 91: 1261-1264, 2011.
  23. Yamamoto, C., Fukuda, N., Jumabay, M., Saito, K., Matsumoto, T., Ueno, T., Soma, M., Matsumoto, K., and Shimosawa, T. Protective effects of statin on cardiac fibrosis and apoptosis in adrenomedullin-knockout mice treated with angiotensin II and high salt loading. Hypertens. Res. 34: 348-353, 2011.
  24. Yoshikado, T., Takada, T., Yamamoto, T., Yamaji, H., Ito, K., Santa, T., Yokota, H., Yatomi, Y., Yoshida, H., Goto, J., Tsuji, S., and Suzuki, H. Itraconazole-induced cholestasis: involvement of the inhibition of bile canalicular phospholipid translocator MDR3/ABCB4. Mol. Pharmacol. 79: 241-250, 2011.

国際学会発表

  1. Kaneko, M., Yatomi, Y., and Ichinose, A.Point-of-care assay of FXIII (13) activity by utilizing clot retraction reaction in clinical settings. 55. Jahrestagung der Deutschen Gesellschaft für Thrombose- und Hämostaseforschung. 2011. 2. 16. Wiesbaden, Germany.
  2. Kaneko, M., Kanno, N., Suzuki, A., Tanaka, R., Souri, M., Yatomi, Y. and Ichinose, A. A novel quick point of care test of coagulation factor XIII activity based on clot retraction in humans. XXIIIrd Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis. 2011. 7. 23-28. Kyoto, Japan.
  3. Shukuya, K. Examination of urinary sediment 2010.The conference of clinical importance and utilities for urine routine examination and standardization. 2011. 10. 22-23. Kaohsiung, Taiwan.
  4. Sugiura, T., Dohi, Y., Yamashita, S., Ohte, N., Ito, S., Mori, C., Iwaki, S., Hirowatari, Y., Ohkawa, R., Mishima, Y., Yatomi, Y., Kimura, G., and Fujii, S. Statin-Induced Improvement of Human Endothelial Function Is Mediated by Sphingosine 1-Phosphate. Scientific Session of the American Heart Association. 2011. 11. 12-16. Florida, USA.
  5. Ogita, M., Miyauchi, K., Dohi, T., Okazaki, S., Yokoyama, T., Ohkawa, R., Nakamura, K., Tsuboi, S., Ogita, M., Yokoyama, K., Kurata, T., Yatomi, Y., and Daida, H. Decreased Circulating Lipoprotein-Associated Phospholipase A2 Levels Are Associated with Coronary Plaque Regression in Patients with Acute Coronary Syndrome. Scientific Session of the American Heart Association. 2011. 11. 12-16. Florida, USA.
  6. Yatomi, Y. Metabolism of lysophospholipids in the blood. XXIIIrd Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis. 2011. 7. 23-28. Kyoto, Japan.

和文原著論文

  1. 大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.ISO15189の認定の概要と取得後の効果および維持活動について.生物試料分析 34:273-280,2011.
  2. 影山 祐子,金子 誠,菅野 信子,小野 佳一,久米 幸夫,横田 浩充,矢冨 裕.改良された遺伝子組換え型PT試薬「リコンビプラスチン」と他PT試薬における互換性の評価.日本臨床検査自動化学会会誌 36:45-53,2011.
  3. 菅野 信子,金子 誠,鈴木 明子,矢冨 裕.ベリクロームFXIII(Berichrom FXIII)を用いた血液凝固第XIII因子活性測定 全自動血液凝固測定装置CS-2000iでの基礎的検討と他機種での比較.Sysmex Journal 34:72-80,2011.
  4. 曽根 伸治,盛田 和治,名倉 豊,大川 龍之介,横田 浩充,高橋 孝喜,矢冨 裕.新しいシステム導入による外来採血の効率化.日本臨床検査自動化学会会誌 36:325-330,2011.
  5. 永友 利津子,金子 誠,湯浅 薫,小野 佳一,菅野 信子,植木 浩二郎,門脇 孝,矢冨 裕.感染防止に配慮した新グルコース分析装置の基礎的検討および有用性の評価.日本臨床検査自動化学会会誌 36:275-283,2011.
  6. 永友 利津子,渡邉 奈緒美,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.自己抗体測定試薬「ユニキャップエリア」の従来法との比較検討.臨床病理 59:31-36,2011.
  7. 永友 利津子,金子 誠,湯浅 薫,小野 佳一,菅野 信子,植木 浩二郎,門脇 孝,矢冨 裕.医療従事者を対象にした血糖測定用POCT機器アントセンスロゼに関するアンケート調査 交差感染防止対策を中心とした評価.臨床病理 59:577-582,2011.
  8. 渡邉 奈緒美,永友 利津子,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.梅毒TP抗体検査試薬の評価 ラテックス凝集法と化学発光法の比較を中心に.臨床病理 59:115-120,2011.

和文総説

  1. 池田 均.肝胆膵.日本内科学会雑誌 100:3224-3229,2011.
  2. 上竹 勇三郎.血管・その他臓器のインスリン抵抗性.日本臨床 69:197-200,2011.
  3. 金子 誠.検査部でよく目にする血小板/凝固異常 検査異常値の際に確認すべきこと.日本検査血液学会雑誌 12:260-262,2011.
  4. 金子 誠.抗血小板薬に対する反応多様性. 日本検査血液学会雑誌 12:153-160,2011.
  5. 桐谷 博巳,千明 真弓,宇野 漢成,海老原 文,月原 弘之,竹中 克.右室心尖部ペーシングに起因する収縮後期の左室内異常高速血流.超音波医学 39:113-119,2011.
  6. 蔵野 信.細菌・ウイルス感染.日本臨床 69:25-29,2011.
  7. 蔵野 信,塚本 和久.二次性高脂血症をどのように鑑別するか?Heart View 9:26-31,2011.
  8. 鈴木 明子,菅野 信子,金子 誠.血液凝固第XIII因子測定法.検査と技術 39:277-282,2011.
  9. 常名 政弘,増田 亜希子,宿谷 賢一,横田 浩充,矢冨 裕.特殊染色の意義を考えてみよう-ペルオキシダ−ゼ(POD)染色-.日本検査血液学会雑誌 12:463-471,2011.
  10. 宿谷 賢一,田中 雅美,下澤 達雄.質的精度を狙った尿沈渣検査の技術向上の試み−ISOと尿沈渣検査−.Sysmex Journal 34:10-15,2011.
  11. 宿谷 賢一.尿中赤血球形態はどのように分類・判定するか.Medical Technology 39:892-896,2011.
  12. 宿谷 賢一,田中 雅美,下澤 達雄.尿所見から何が分かるか−尿沈渣の評価と意義−.Mebio 28:41-49,2011.
  13. 宿谷 賢一,田中 雅美,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.尿沈渣検査における付加価値情報提供の実践と意義.検査と技術 39:1012-1015,2011.
  14. 増田 亜希子.リンパ系腫瘍の基本事項 細胞表面形質.日本内科学会雑誌 100:1807-1816,2011.
  15. 矢冨 裕.血栓・止血検査.日本内科学会雑誌 100:3240-3246,2011.
  16. 矢冨 裕.臨床検査医学教育における我々の取り組み.臨床病理 59:781-782,2011.
  17. 矢冨 裕.抗血小板薬レジスタンス.血栓と循環 19:265-269,2011.
  18. 矢冨 裕.抗血栓と抗炎症.カレントテラピー 29:546,2011.
  19. 矢冨 裕.新しい抗血小板薬の開発状況.Heart View 15:514-518,2011.
  20. 矢冨 裕.血小板や血管における脂質メディエーターの役割について教えてください.血栓と循環 19:35-37,2011.
  21. 矢冨 裕.静脈血栓塞栓症.最新医学 66:703-710,2011.
  22. 矢冨 裕.生理活性脂質と血小板.日本血栓止血学会誌 22:33-40,2011.
  23. 矢冨 裕.血小板減少症.Sysmex Journal 34(補冊2):3-12,2011.

和文著書

  1. 大川 龍之介,矢冨 裕.スフィンゴシン 1-リン酸(Sph-1-P).検査値事典(中原 一彦 監修) pp.296.総合医学社,東京.2011.
  2. 大川 龍之介,矢冨 裕.スフィンゴシン 1-リン酸を中心としたスフィンゴ脂質分析と定量.セラミド−基礎と応用−(セラミド研究会 編)pp.192-200.食品化学新聞社.東京,2011.
  3. 金子 誠,矢冨 裕.血小板機能異常症の診断と対応.わかりやすい血栓と止血の臨床.(日本血栓止血学会編集委員会)pp. 48-54.南江堂,東京.2011.
  4. 菅野 信子,金子 誠.活性化部分トロンボプラスチン時間,プロトロンビン時間,トロンボテスト,ヘパプラスチンテスト,トロンビン時間.臨床検査ガイド 2011〜2012.(Medical Practice編集委員会)pp. 594-610.文光堂,東京,2011.
  5. 菅野 信子,金子 誠,矢冨 裕.第一世代のDIC診断基準 厚生労働省(旧厚生省)DIC診断基準.臨床病理レビュー 第147号DIC〜とびらを拓く第三世代へ〜,(尾崎 由基男,和田 英夫 編)pp. 31-35,臨床病理刊行会,東京.2011.
  6. 小池 由佳子,矢冨 裕.網血小板/幼若血小板比率測定の臨床応用.わかりやすい血栓と止血の臨床(日本血栓止血学会 編)pp. 45-47.南江堂,東京.2011.
  7. 常名 政弘,増田 亜希子.鉄染色.最新染色法のすべて(水口 國雄 監修)pp.317-318.医師薬出版,東京.2011.
  8. 常名 政弘,増田 亜希子.墨汁貪食試験.最新染色法のすべて(水口 國雄 監修)pp.329-330.医師薬出版,東京.2011.
  9. 宿谷 賢一,北村 聖.一般尿検査の採尿・定性・沈渣.臨床検査データブック2011-2012(高久 史麿 監修)pp.86-88.医学書院,東京.2011.
  10. 宿谷 賢一,北村 聖.便潜血検査の採便.臨床検査データブック2011-2012(高久 史麿 監修)pp.89-90.医学書院,東京.2011.
  11. 宿谷 賢一,下澤 達雄.胃液.臨床検査データブック2011-2012(高久 史麿 監修)pp.709-711.医学書院,東京.2011.
  12. 宿谷 賢一,下澤 達雄.髄液(CSF).臨床検査データブック2011-2012(高久 史麿 監修)pp.716-718.医学書院,東京.2011.
  13. 宿谷 賢一,下澤 達雄.胆汁.臨床検査データブック2011-2012(高久 史麿 監修)pp.721-722.医学書院,東京.2011.
  14. 宿谷 賢一,下澤 達雄.腹水.臨床検査データブック2011-2012(高久 史麿 監修)pp.724-725.医学書院,東京.2011.
  15. 宿谷 賢一,下澤 達雄.便潜血(便中ヘモグロビン).臨床検査データブック2011-2012(高久 史麿 監修)pp.700-701.医学書院,東京.2011.
  16. 宿谷 賢一.好酸球染色(ハンセル染色).最新染色法のすべて(水口國雄 監修)pp.391-392.医師薬出版,東京.2011.
  17. 宿谷 賢一.亜硝酸塩.パーフェクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.683.総合医学社,東京.2011.
  18. 宿谷 賢一.尿沈渣.パーフェクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.684.総合医学社,東京.2011.
  19. 宿谷 賢一.尿中α1−ミクログロブリン.パーフェクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.685.総合医学社,東京.2011.
    宿谷 賢一.尿中β2−ミクログロブリン.パーフェクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.686.総合医学社,東京.2011.
  20. 宿谷 賢一.尿中N−アセチル−β−D−グルコサミニナーゼ(NAG).パーフェクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.687.総合医学社,東京.2011.
  21. 宿谷 賢一.先天代謝異常症検査.パーフェクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.688.総合医学社,東京.2011.
  22. 宿谷 賢一.ミオイノシトール定量(UM).パーフェクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.689.総合医学社,東京.2011.
  23. 宿谷 賢一.Tamm−Horsfall−protein.パーフェクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.690.総合医学社,東京.2011.
  24. 宿谷 賢一.虫卵.パーフェクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.692.総合医学社,東京.2011.
  25. 宿谷 賢一.原虫.パーフェクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.693.総合医学社,東京.2011.
  26. 宿谷 賢一.便潜血(便中ヘモグロビン).パーフェクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.694.総合医学社,東京.2011.
  27. 宿谷 賢一,藤乘 嗣泰,福田 覚.尿沈渣の形態学による腎炎の鑑別診断:risk-free renal biopsy.病気の分子形態学(日本臨床分子形態学会 編)pp.205-208.学際企画,東京.2011.
  28. 宿谷 賢一,田中 雅美,下澤 達雄.尿沈渣.緊急報告すべき検査結果のすべて(検査と技術編集委員会編)pp.936-938.医学書院,東京.2011.
  29. 宿谷 賢一,田中 雅美,下澤 達雄.尿沈渣検査.検査値の読み方・考え方(本田孝行 特集編集)pp.1713-1717.総合医学社,東京.2011.
  30. 中村 和宏,矢冨 裕.リゾホスファチジン酸(LPA).検査値事典(中原 一彦 監修) pp.297.総合医学社,東京.2011.
  31. 矢冨 裕.特発性血小板減少性紫斑病.今日の治療指針2011年版(山口 徹,北原 光夫,福井 次矢 編)pp. 610-612.医学書院,東京.2011.
  32. 矢冨 裕.血小板寿命・血小板回転,血小板凝集能,血小板粘着能,血小板放出能,β-トロンボグロブリン・血小板第4因子,トロンボキサンB2,6-keto-プロスタグランジンF1α,11-デヒドロトロンボキサンB2,血小板膜糖蛋白.パーフェクトガイド検査値事典(中原 一彦 編).pp. 362-370.総合医学社,東京.2011.
  33. 横田 浩充.血液細胞核酸増幅同定検査.臨床検査データブック2011-2012(高久 史麿 監修)pp.362-364.医学書院,東京.2011.
  34. 横田 浩充.免疫関連遺伝子再構成.臨床検査データブック2011-2012 (高久 史麿 監修)pp.457-458.医学書院,東京.2011.
  35. 横田 浩充.癌細胞遺伝子検査 CEA mRNA.臨床検査データブック2011-2012 (高久 史麿 監修)pp.667-668.医学書院,東京.2011.
  36. 横田浩充.血液・尿以外の体液検査-羊水-.臨床検査データブック2011-2012 (高久 史麿 監修)pp.725.医学書院,東京.2011.
  37. 横田浩充.染色体検査.パーフェクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.308.総合医学社,東京.2011.
  38. 横田 浩充.血液細胞核酸増幅同定検査.パーフェクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.309.総合医学社,東京.2011.
  39. 横田 浩充.major BCR-ABL1 キメラmRNA定量.パーフェクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.310.総合医学社,東京.2011.
  40. 横田 浩充.WT1 mRNA定量.パーフェクトガイド検査値辞典(中原一彦 監修)pp.311.総合医学社,東京.2011.
  41. 横田 浩充,矢冨 裕.悪性腫瘍の化学療法の適応を調べる遺伝子検査.臨床検査ガイド2011-2012.pp.1025-1034.文光堂,東京.2011.

和文編著等

  1. 櫻林 郁之介 監修.矢冨 裕,星 恵子,廣畑 俊成,石黒 厚至 編集.今日の臨床検査2011-2012.南江堂,東京.2011.

国内学会発表

  1. 新井 千穂,齊藤 由香里,金子 誠,菅野 信子,鈴木 明子,小野 佳一,田中 亮子,久米 幸夫,横田 浩充,矢冨 裕.多血症患者の凝固検査におけるクエン酸補正の臨床的有用性の検討.第12回 日本検査血液学会学術集会.2011.7.18.倉敷.
  2. Ando,M., Yumoto, M., Hara, K., Suzuki, Y., Kuriki, S., Yatomi,Y., Matsuura, M. Predictability of Auditory Stimulus Timing Modulates Neuromagnetic N1m Responses. Proceedings of the 26th Symposium on Biological and Physiological Engineering. (BPES2011) 2011.9.20-22.滋賀.
  3. 伊井野 潤子,増田 亜希子,塚本 裕美,田邉 久美子,常名 政弘,佐藤 美知子,宿谷 賢一,横田 浩充,金子 誠,矢冨 裕.鎌状赤血球症の診断にSickling Testが有用であった一症例.第12回 日本検査血液学術集会.2011.7.17-18.倉敷.
  4. 大川 龍之介,中村 和宏,大久保 滋夫,横田 浩充,増田 亜希子,池田 均,矢冨 裕.臨床検査への応用を目指した生理活性リゾリン脂質関連物質の測定.第60回 日本医学検査学会.2011.6.4. 東京.
  5. 大川 龍之介,中村 和宏,大久保 滋夫,横田 浩充,増田 亜希子,池田 均,矢冨 裕.血漿・血清におけるスフィンゴ脂質測定の臨床検査医学的用〜動脈硬化マーカーとしての有用性の検証〜.第58回 日本医学検査学会.2011.11.17-20.岡山.
  6. 大竹 奈都子,曽根 伸治,堤 由紀子,中尾 哲也,横田 浩充,矢冨 裕.採血業務の効率化.第60回 日本医学検査学会.2011.6.4.東京.
  7. 大竹 奈都子,曽根 伸治,堤 由紀子,横田 浩充,矢冨 裕.効率的な採血業務のための取組とその(定量)評価 .日本臨床検査自動化学会 第43回大会.2011.10.7 .横浜.
  8. 岡野 智子,木村 公一,竹中 克,海老原 文,宇野 漢成,佐々木 賀津乃,千明 真弓,飯野 弘子,福田 延昭,安東 治郎,藤田 英雄,森田 啓行,永井 良三,矢冨 裕.Detection of Tissue Doppler Velocity and Speckle Tracking Strain Rate During Isovolmic Relaxation Time. 第22回 日本心エコー図学会学術集会.2011.4.21-23.鹿児島.
  9. 大久保 滋夫,増戸 梨恵,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.シリーズ・ドライケミストリーの検証「測定値の一致性」.第43回 日本臨床検査自動化学会 ランチョンセミナー.2011.10.7.横浜.
  10. 岡野 智子,木村 公一,竹中 克,海老原 文,宇野 漢成,安東 治郎,藤田 英雄,森田 啓行,永井 良三,矢冨 裕.拡張早期僧帽弁通過血流速度とspeckle tracking strain rateを用いた左室充満圧の推定.日本超音波医学会 第84回学術集会.2011.5.27-29.東京.
  11. 岡野 智子,寺尾 安生,福田 秀樹,花島 律子,矢冨 裕,辻 省次,宇川 義一.Gap saccade課題におけるエラーサッカード(premature saccade).第41回 日本臨床神経生理学会学術大会.2011.11.10-12.静岡.
  12. 影山 祐子,池田 均,佐藤 優実子,岡本 安雄,多久和 陽,矢冨 裕.S1P2アンタゴニストによる門脈圧低下作用機序の解明.第6回 スフィンゴテラピィ研究会 2011.7.15-16.鳥取.
  13. 影山 祐子,横田 浩充,常名 政弘,佐藤 優実子,高井 大哉,小山 高敏,矢冨 裕.BAALC遺伝子定量法の構築とAMLマーカーとしての有用性に関する検討.日本臨床検査自動化学会 第43回大会.2011.10.8.横浜.
  14. 金子 誠.血小板・凝固検査.第9回 日本検査血液学会 冬季セミナー.2011.2.20.石和.
  15. 金子 誠.敗血症と凝固異常(病態・検査法など)技術情報協会 セミナー.2011. 5.30.東京.
  16. 川口 直子,永友 利津子,渡邉 奈緒美,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.CL-JACKを用いたMEBLux CL-CCPテストの基礎的検討.第43回 日本臨床検査自動化学会.2011.10.8.横浜.
  17. Kurano, M., Hara,M.,Tsuneyama,K., Ishizaka, N., Noiri, E., Iso-o, N., Matsushima,T., Kadowaki, T., Tsukamoto, K. Modulation of lipid metabolism with hepatic expression of NPC1L1 in mice. 第43回 日本動脈硬化学会総会・学術集会.2011.7.15-16.札幌.
  18. Kurano, M., Tsukamoto, K., Iso-o, N., Hara, M., Kadowaki, T., Ohkawa, R., Yatomi, Y. Comparison of Pioglitazone and Metformin in their effects on PWV and markers for atherosclerosis. 第43回 日本動脈硬化学会総会・学術集会.2011.7.15-16.札幌.
  19. 齊藤 由香里,金子 誠,鈴木 明子,田中 亮子,小野 佳一,久米 幸夫,横田 浩充,矢冨 裕.活性化第X因子阻害薬のモニタリングにおけるソノクロットの有用性に関する基礎検討.第11回 TTMフォーラム.2011.3.5.東京.
  20. 佐々木 賀津乃,竹中 克,宇野 漢成,海老原 文,岡野 智子,千明 真弓,飯野 弘子,縄田 寛,小野 稔,矢冨 裕.僧帽弁形成術・左心耳結紮術後に出現した左房内異常血流より推察する左心耳機能. 第22回日本心エコー図学会学術集会.2011.4.21-23.鹿児島.
  21. 佐々木 賀津乃,竹中 克,宇野 漢成,中尾 倫子,海老原 文,矢冨 裕.収縮が保たれたミトコンドリア心筋症による急性心不全の一例.日本超音波医学会第84回学術集会.2011.5.27-29.東京.
  22. 佐藤 美知子,常名 政弘,田邉 久美子,増田 亜希子,宿谷 賢一,横田 浩充,矢冨 裕.多項目自動血球分析装置XE-5000を用いたRBC-Heの基礎的検討.日本臨床検査自動化学会 第43回大会.2011.10.6-8.横浜.
  23. 佐藤 優実子,横田 浩充,高井 大哉,矢冨 裕. 定量的白血病遺伝子検査の標準法確立に向けた基礎的検討−特に核酸抽出法,逆転写反応,内部標準遺伝子の選択に関して−.第58回 日本臨床検査医学会. 2011.11.17-20.岡山.
  24. 佐藤 優実子,横田 浩充,矢冨 裕. 胃癌症例における腹腔内洗浄液を用いたCEA mRNA定量検査の有用性. 第51回 日本臨床化学会年次学術集会. 2011.8.28.札幌.
  25. 佐藤 優実子,増田 亜希子,山田 真希子,影山 祐子,丸尾 理恵,常名 政弘,横田 浩充,高井 大哉,矢冨 裕. 急性白血病同種移植後再発の予測において遺伝子検査が有用であった2症例 第12回 日本検査血液学会学術集会. 2011.7.17.倉敷.
  26. 下坂 浩則.検体検査搬送システム.第86回日本医療機器学会大会.2011.6.2-4.横浜.
  27. 常名 政弘,増田 亜希子,宿谷 賢一,横田 浩充,矢冨 裕.テクニカルセミナー.特殊染色の意義を考えてみよう-ペルオキシダ−ゼ(POD)染色-.第12回 日本検査血液学術集会.2011.7.17-18.倉敷.
  28. 常名 政弘.第1回血液検査機器技術セミナー.各施設における血液像目視再検基準のデータ提示.日本臨床検査自動化学会 第43回大会.2011.10.6-8.横浜.
  29. 宿谷 賢一.尿沈渣検査に求められる変化への対応.第60回 日本医学検査学会教育カンファレンスV.2011.6.4.東京.
  30. 宿谷 賢一,田中 雅美,荻原 真二,毛利 真理子,山田 真希子,横田 浩充,矢冨 裕.オーションハイブリットAU-4050の基礎的検討.第60回 日本医学検査学会.2011.6.4.東京.
  31. 宿谷 賢一,田中 雅美,大竹 奈都子,毛利 真理子,影山 祐子,山田 真希子,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.全自動尿統合分析装置オーションハイブリットAU-4050の基本性能.日本臨床検査自動化学会 第43回大会.2011.10.7.横浜.
  32. 宿谷 賢一,田中 雅美,大竹 奈都子,毛利 真理子,影山 祐子,山田 真希子,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.尿中有形成分分析装置U-SCANNERUによる尿中異型細胞の検出について.日本臨床検査自動化学会 第43回大会.2011.10.7.横浜.
  33. 宿谷 賢一,田中 雅美,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.尿沈渣検査の業務の効率化と省力化のために必要なidea.日本臨床検査自動化学会 第43回大会.2011.10.8.横浜.
  34. 田中 雅美,宿谷 賢一,毛利 真理子,大竹 奈都子,影山 祐子,山田 真希子,常名 政弘,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.自動血球分析装置ADVIA2120iによる髄液・体腔液細胞算定の検討.日本臨床検査自動化学会第43回大会.2011.10.7.横浜.
  35. 田中 雅美,宿谷 賢一,毛利 真理子,大竹 奈都子,影山 祐子,山田 真希子,常名 政弘,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.尿蛋白定量試薬「マイクロTP-AR(2)」の基礎的検討 ―特に尿蛋白定性検査結果との相関について―.日本臨床検査自動化学会 第43回大会.2011.10.8.横浜.
  36. 田中 亮子,齊藤 由香里,金子 誠,小野 佳一,久米 幸夫,菅野 信子,宿谷 賢一,横田 浩充,矢冨 裕.全自動血液凝固測定装置Coagtron-350の基礎検討.日本臨床検査自動化学会 第43回大会.2011.10.7.横浜.
  37. 田邉 久美子,管野 信子,金子 誠,常名 政弘,横田 浩充,矢冨 裕.全自動血液凝固分析装置 COAGTRON-.350における血液凝固第]V因子活性測定の検討.日本臨床検査自動化学会 第43回大会.2011.10.6-8.横浜.
  38. 田辺 久美子,塚本 裕美,久末 崇司,伊井野 潤子,寺島 道子,常名 政弘,宿谷 賢一,横田 浩充,増田 亜希子,矢冨 裕.血小板低値検体におけるADVIA2120i二次元解析法の検討.日本臨床検査自動化学会 第43回大会.2011.10.6-8.横浜.
  39. 千明 真弓,竹中 克,宇野 漢成,小野 稔,月原 弘之,海老原 文,桐谷 博巳,岩崎 圭悟,佐々木 賀津乃,矢冨 裕.左室内異常血流を認めた右室ペーシング症例.日本超音波医学会第84回学術集会.2011.5.27-29.東京.
  40. 千明 真弓,竹中 克,宇野 漢成,海老原 文,佐々木 賀津乃,岡野 智子,菅原 将代,飯野 弘子,渡辺 真奈,矢冨 裕.多弁肥厚と逸脱を認めた一例.第50回東京心エコー図研究会.2011.11.26.東京.
  41. 塚本 裕美,常名 政弘,増田 亜希子,宿谷 賢一,横田 浩充,矢冨 裕.2回の同種骨髄移植後再発で形質が変化した急性白血病の一症例.第21回 日本サイトメトリー学会学術集会.2011.6.26.京都.
  42. 寺島 道子,増田 亜希子,久末 崇司,塚本 裕美,常名 政弘,田邉 久美子,佐藤 美知子,宿谷 賢一,横田 浩充,矢冨 裕.異型リンパ球の増加を伴ったB細胞性急性リンパ性白血病(B-ALL)の一症例.第12回 日本検査血液学術集会.2011.7.17-18.倉敷.
  43. 遠矢 嵩,西本 菜穂子,古屋 淳史,中川 正宏,増田 亜希子,神田橋 宏治,山本 豪,南谷 泰仁,市川 幹,黒川 峰夫.リンパ腫の治療が奏功せず,急性骨髄性白血病の治療が奏功した芽球形質細胞様樹状細胞腫瘍の1例.第165回 日本臨床血液学会例会.2011.2.5.東京.
  44. 徳原 康哲,大川 龍之介,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.保存安定性を改良したCKおよびCK−MB試薬の比較検討.第43回 日本臨床検査自動化学会.2011.10.7.横浜.
  45. 野尻 卓宏,矢冨 裕,池田 均,横田 浩充,大久保 滋夫,大川 龍之介.CCDセンサーによる検体情報検知機構の実用性についての検討.第43回 日本臨床検査自動化学会.2011.10.7.横浜.
  46. 早川 明子,山口 ひろ子,西森 まどか,大久保 滋夫,横田 浩充,矢冨 裕.ビトロスNT-proBNPの基礎的検討および検体保存安定性の検討.第60回 日本医学検査学会.2011.6.4.東京.
  47. Hara, M., Kurano, M., Iso-o, N., Negishi, M., Takai, A., Kikuchi, K., Koichi, T., Matsushima, T., Ishizaka, N., Tsukamoto, K. Effect of ezetimibe on hepatic free cholesterol accumulation and steatohepatitis in MSG-treated obese mice. 第43回 日本動脈硬化学会総会・学術集会.2011.7.15-16.札幌.
  48. 増田 亜希子.血液内科医が望む検査体制.第355回 日本血液同好会例会.2011. 1. 12.東京.
  49. 丸尾 理恵,佐藤 優実子,山田 真希子,影山 祐子,宿谷 賢一,横田 浩充,矢冨 裕.当院でのHCV遺伝子型検査の運用状況(2003年から2010年)とその有用性について.第48回 関東甲信地区医学検査学会.2011.10.29.前橋.
  50. 水本 好美,永友 利津子,渡辺 奈緒美,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.イムライト2000XPiを用いたACTH,コルチゾール,インタクトPTHの基礎的検討.第43回 日本臨床検査自動化学会.2011.10.7.横浜.
  51. 毛利 真理子,田中 雅美,影山 祐子,山田 真希子,宿谷 賢一,横田 浩充,矢冨 裕.酸化剤を用いたアルカプトン尿症の簡易検査法の検討.第48回 関東甲信地区医学検査学会.2011.10.30.前橋.
  52. 矢冨 裕.診療支援〜臨床検査コンサルテーション.山梨県臨床衛生検査技師会「検査室改革セミナー」.2011.2.12.山梨.
  53. 矢冨 裕.出血傾向・止血の基礎.日本血液学会「研修医(初期・後期)のための血液学セミナー」.2011.7.8-10.大津.
  54. 矢冨 裕.アテローム血栓症と生理活性脂質.第39回薬物活性シンポジウム「生活習慣病の分子病態」.2011.11.21-22.福岡.
  55. 山田 真希子, 佐藤 優実子, 宿谷 賢一, 横田 浩充, 高井 大哉, 矢冨 裕. 当院における大腸癌KRAS遺伝子変異解析の現況. 日本臨床検査自動化学会 第43回大会. 2011.10.8.横浜.
  56. 湯浅 薫,金子 誠,永友 利律子,小野 佳一,菅野 信子,植木 浩二郎,門脇 孝,矢冨 裕.測定原理の異なる各種POCT機器の臨床現場での有用性の検討.第58回 日本臨床検査医学会. 2011.11.17-20.岡山.
  57. 横田 浩充,矢冨 裕.「これからの臨床検査部門の創造−医療環境の変化を考慮して−」.第43回 日本臨床検査自動化学会 ランチョンセミナー.2011.10.7.横浜.
  58. 横田 浩充.SNP検査および遺伝子変異解析の現況と課題−当部の自験例を含めて−第1回 日本がん分子標的治療学会(JAMTTC)・日本遺伝子診療学会(JSGDT) 合同シンポジウム.2011.12. 9.東京.
  59. 渡邉 奈緒美,永友 利津子,川口 直子,大久保 滋夫,横田 浩充,矢冨 裕.イムライト2000XPiを用いた可溶性IL-2レセプターの検討.第60回 日本医学検査学会.2011.6.4.東京.
このページのトップへ
Copyright © 東京大学医学部附属病院検査部. All Rights Reserved.