HOME
業績
2009年

英文原著論文

  1. Furubayashi, T., Ushiyama, A., Terao, Y., Mizuno, Y., Shirasawa, K., Pongpaibool, P., Simba, A.Y., Wake, K., Nishikawa, M., Miyawaki, K., Yasuda, A., Uchiyama, M., Yamashita, H.K., Masuda, H., Hirota, S., Takahashi, M., Okano, T., Inomata-Terada, S., Sokejima, S., Maruyama, E., Watanabe, S., Taki, M., Ohkubo, C., and Ugawa, Y.  Effects of short-term W-CDMA mobile phone base station exposure on women with or without mobile phone related symptoms. Bioelectromagnetics 30: 100-113, 2009.
  2. Hirahashi, J., Hishikawa, K., Kaname, S., Tsuboi, N., Wang, Y., Simon, D.I., Stavrakis, G., Shimosawa, T., Xiao, L., Nagahama, Y., Suzuki, K., Fujita, T., and Mayadas, T.N. Mac-1 (CD11b/CD18) links inflammation and thrombosis after glomerular injury. Circulation 120: 1255-1265, 2009.
  3. Ikeda, H., Watanabe, N., Ishii, I., Shimosawa, T., Kume, Y., Tomiya, T., Inoue, Y., Nishikawa, T., Ohtomo, N., Tanoue, Y., Iitsuka, S., Fujita, R., Omata, M., Chun, J., and Yatomi, Y. Sphingosine 1-phosphate regulates regeneration and fibrosis after liver injury via sphingosine 1-phosphate receptor 2. J. Lipid Res. 50: 556-564, 2009.
  4. Iwasawa, Y., Fujii, T., Nagamatsu, T., Kawana, K., Okudaira, S., Miura, S., Matsumoto, J., Tomio, A., Hyodo, H., Yamashita, T., Oda, K., Kozuma, S., Aoki, J., Yatomi, Y., and Taketani, Y. Expression of autotaxin, an ectoenzyme that produces lysophosphatidic acid, in human placenta. Am. J. Reprod. Immunol. 62: 90-95, 2009.
  5. Kusakabe, M., Watanabe, K., Emoto, N., Aki, N., Kage, H., Nagase, T., Nakajima, J., Yatomi, Y., Ohishi, N., and Takai, D. Impact of DNA demethylation of the G0S2 gene on the transcription of G0S2 in squamous lung cancer cell lines with or without nuclear receptor agonists. Biochem. Biophys.Res. Commun. 390: 1283-1287, 2009.
  6. Kurabe, N., Arai, S., Nishijima, A., Kubota, N., Suizu, F., Mori, M., Kurokawa, J., Kondo-Miyazaki, M., Ide, T., Murakami, K., Miyake, K., Ueki, K., Koga, H., Yatomi, Y., Tashiro, F., Noguchi, M., Kadowaki, T., and Miyazaki, T. The death effector domain-containing DEDD supports S6K1 activity via preventing Cdk1-dependent inhibitory phosphorylation. J. Biol. Chem. 284: 5050-5055, 2009.
  7. Masamoto, Y., Nannya, Y., Arai, S., Koike, Y., Hangaishi, A., Yatomi, Y., and Kurokawa, M. Evidence for basophilic differentiation of acute promyelocytic leukaemia cells during arsenic trioxide therapy. Br. J. Haematol. 144: 798-799, 2009.
  8. Masuzaki, R., Tateishi, R., Yoshida, H., Goto, E., Sato, T., Ohki, T., Imamura, J., Goto, T., Kanai, F., Kato, N., Ikeda, H., Shiina, S., Kawabe, T., and Omata, M. Prospective risk assessment for hepatocellular carcinoma development in patients with chronic hepatitis C by transient elastography. Hepatology 49: 1954-1961, 2009.
  9. Miyamoto, N., Tanaka, R., Shimosawa, T., Yatomi, Y., Fujita, T., Hattori, N., and Urabe, T. Protein kinase A-dependent suppression of reactive oxygen species in transient focal ischemia in adrenomedullin-deficient mice. J. Cereb. Blood Flow Metab. 29: 1769-1779, 2009.
  10. Nakamura, K., Ohkawa, R., Okubo, S., Yokota, H., Ikeda, H., Yatomi, Y., Igarashi, K., Ide, K., Kishimoto, T., Masuda, A., Yamamoto, T., Tsuji, S., Saito, N., Kurokawa, M., Okudaira, S., and Aoki, J. Autotaxin enzyme immunoassay in human cerebrospinal fluid samples. Clin. Chim. Acta 405: 160-162, 2009.
  11. Nakatani-Enomoto, S., Terao, Y., Hanajima, R., Matsuda, S., Ohminami, S., Inomata-Terada, S., Matsumoto, H., Yugeta, A., Yamamoto, T., Goto, J., Yumoto, M., Tsuji, S., and Ugawa, Y. Motor cortical epilepsia partialis continua in a patient with a localized sensory cortical lesion. Clin. Neurol. Neurosurg. 111: 762-765, 2009.
  12. Nakazawa, H., Ohnishi, H., Okazaki, H., Hashimoto, S., Hotta, H., Watanabe, T., Ohkawa, R., Yatomi, Y., Nakajima, K., Iwao, Y., Takamoto, S., Shimizu, M., and Iijima, T. Impact of fresh-frozen plasma from male-only donors versus mixed-sex donors on postoperative respiratory function in surgical patients: a prospective case-controlled study. Transfusion 49: 2434-2441, 2009.
  13. Sakakibara, I., Fujino, T., Ishii, M., Tanaka, T., Shimosawa, T., Miura, S., Zhang, W., Tokutake, Y., Yamamoto, J., Awano, M., Iwasaki, S., Motoike, T., Okamura, M., Inagaki, T., Kita, K., Ezaki, O., Naito, M., Kuwaki, T., Chohnan, S., Yamamoto, T.T., Hammer, R.E., Kodama, T., Yanagisawa, M., and Sakai, J. Fasting-Induced hypothermia and reduced energy production in mice lacking acetyl-CoA synthetase 2. Cell metabolism 9: 191-202, 2009.
  14. Satoh, Y., Li, X., Yokota, H., Osada, M., Ozaki, Y., Katoh, R., and Yatomi, Y. Regulation by sphingolipids of the fate of FRTL-5 cells. J. Biochem. 145: 31-36, 2009.
  15. Uno, K., Takenaka, K., Ebihara, A., Nawata, K., Hayashi, N., Nagasaki, M., Sonoda, M., Takayuki, O., Ono, M., Kyo, S., Nagai, R., and Takamoto, S. Value of live 3D transoesophageal echocardiography in the diagnosis of mitral valve lesions. Eur. J. Echocardiogr 10: 350-351, 2009.
  16. Watanabe, N., Ikeda, H., Kume, Y., Satoh, Y., Kaneko, M., Takai, D., Tejima, K., Nagamine, M., Mashima, H., Tomiya, T., Noiri, E., Omata, M., Matsumoto, M., Fujimura, Y., and Yatomi, Y. Increased production of ADAMTS13 in hepatic stellate cells contributes to enhanced plasma ADAMTS13 activity in rat models of cholestasis and steatohepatitis. Thromb. Haemost. 102: 389-396, 2009.
  17. Yoshimi, A., Takahashi, T., Motokura, T., Yatomi, Y., Chiba, S., and Kurokawa, M. Hemoperitoneum due to spontaneous rupture of the left gastroepiploic artery in a patient with hemophilia A. Ann. Hematol., 88: 811-812, 2009.

英文著書

  1. Yatomi, Y. Diagnosis of thrombocytopenia: a novel approach. Proceedings of the 2nd International Scientific Seminar pp. 21-23. Sysmex, Japan. 2009.

国際学会発表

  1. Ando, M., Yumoto, M., Itoh, K., Masaki, K., and Yatomi, Y. Mismatch response as a prediction error signal in the forward model. 18th International Congress on Brain Electromagnetic Topography (ISBET2009). 2009. 9. 29-10. 2. Kyoto, Japan.
  2. Ikeda, H., Watanabe, N., Sato, Y., Nagamine, M., and Yatomi, Y. S1P2 antagonism selectively reduces portal pressure in rats with liver cirrhosis. 4th International conference on phospholipase A2 and lipid mediators (PLM2009). 2009. 5. 25-28. Tokyo, Japan.
  3. Okano, T., Terao,Y.. Furubayashi, T., Yugeta, A., and Ugawa, Y. Effects of thirty-minute mobile phone exposure on the voluntary initiation and inhibition of saccades. 2009. 6. 14-19. Davos, Switzerland.
  4. Shukuya,K. Standarization of urine screening for diagnosis of the CKD in Japan. Urine Chemistry and Cell Microscopy on CKD Screening and Urine Routine Workstation Automation and Systemization. 2009. 10. 16. Taipei, Taiwan.
  5. Yatomi, Y., Ikeda, H. Clinical laboratory medicine of lysophospholipid mediators. 4th International conference on phospholipase A2 and lipid mediators (PLM2009). 2009. 5. 25-28. Tokyo, Japan.
  6. Yatomi, Y. Lysophosphatidic acid and autotaxin assays in clinical medicine. FASEB summer research conferences. 2009. 6. 28-7. 3. Carefree, Arizona, USA.
  7. Yatomi, Y. Diagnosis of thrombocytopenia: a novel approach. The 2nd International Scientific Seminar. 2009. 12. 14-15. Ho Chi Minh City, Vietnam.

和文原著論文

  1. 小林 維斗,宿谷 賢一,三澤 慶樹,田中 雅美,後藤 美恵子,森屋 恭爾,小池 和彦.全自動尿中有形成分分析装置UF-1000iによるCandida glabrata測定の誤判定.医学検査58:837-840,2009.
  2. 影山 祐子,横田 浩充,佐藤 優実子,小野 佳一,矢冨 裕.慢性骨髄増殖性疾患におけるJAK2 V617F変異解析の検討. 医学検査 58:248-251,2009.
  3. 田中 雅美,宿谷 賢一,菅野 信子,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.尿自動分析装置 US-2200の基礎的検討.医療と検査機器・試薬 32:409-416,2009.
  4. 永友 利津子,渡邉 奈緒美,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.自己抗体試薬「ユニキャップ・エリア」の基礎的検討.医学と薬学 62:1067-1073,2009.
  5. 永友 利津子,金子 誠,大橋 優美子,伊井野 潤子,菅野 信子,横田 浩充,矢冨 裕.血糖自己測定機器の同時再現性について.プラクティス 26:661-666,2009.
  6. 西村 智,長崎 実佳,中村 和宏,大川 龍之介,田嶋 美智子,若林 香織,宇野 漢成,真鍋 一郎,永井 良三,林 直人,矢冨 裕.血清リン脂質・生合成系の変化は加齢・慢性炎症に伴うメタボリックシンドロームの発症を規定する.脂質生化学研究 51:298-299,2009.
  7. 山田 真希子,佐藤 優実子,横田 浩充,影山 祐子,小野 佳一,矢冨裕.白血病遺伝子定量検査における内部標準遺伝子の選択に関する検討.日本検査血液学会雑誌 10:182-188,2009.

和文総説

  1. 池田 均,矢冨 裕.肝臓とスフィンゴシン1-リン酸.細胞 41:458-461,2009.
  2. 池田 均,渡邉 尚子,中村 和宏,久米 幸夫,中井 陽介,藤城 光弘,小俣 政男,五十嵐 浩二,横田 浩充,矢冨 裕.消化器疾患における血清オートタキシン測定の意義.臨床病理 57:445-449,2009.
  3. 王 紅,下澤 達雄.アルドステロンの新しい作用機序.医学のあゆみ 228:374-377,2009.
  4. 大久保 滋夫,横田 浩充,矢冨 裕.パニック値への対応 化学検査.臨床病理 57:671-677,2009.
  5. 金子 誠,佐藤 金夫,尾崎 由基男.血液領域におけるピットフォール 血小板凝集能検査法の標準化 現状と問題点.日本臨床検査自動化学会会誌 34:207-210,2009.
  6. 金子 誠 ,矢冨 裕.血小板機能異常症の診断と対応.日本血栓止血学会誌 20:487-494,2009.
  7. 金子 誠,矢冨 裕.ヘパリンとヘパリノイド.Pharma Medica 27:49-53,2009.
  8. 菅野 信子,鈴木 明子,金子 誠.Laboratory Practice 血液 ループスアンチコアグラント測定のための血漿検体作製と検査の現状.検査と技術37:1484-1490,2009.
  9. 小池 由佳子.診断力をみがくイメージトレーニング 末梢血白血球分画にて異常を認めた2症例.内科 103:175-178,2009.
  10. 小池 由佳子.網血小板およびIPFの最新情報.細胞 41:35-38,2009.
  11. 小池 由佳子.II.検査法の進歩 1.幼若血小板(網血小板)とトロンボポエチン.日本内科学会雑誌 98:1575-1579,2009.
  12. 下澤 達雄.交感神経活動と腎障害.日本腎臓学会誌 51:438-441,2009.
  13. 下澤 達雄.高血圧症 検査と技術 37:314-320,2009.
  14. 下澤達雄.未病から発症へのブレークスルー,高血圧と酸化ストレス.日本未病システム学会雑誌:15:35-38,2009.
  15. 下澤 達雄,盛田 和治,矢冨 裕.検査相談の実際,東京大学.臨床検査 53:329-332,2009.
  16. 高井 大哉.肺癌のエピジェネティクス研究の進歩.日本臨床 67:2387-2396,2009.
  17. 竹中 克.平成20年度診療報酬改定とその影響.心エコー.J Cardiol Jpn Ed 3:52-56,2009.
  18. 早川 明子,山口 ひろ子,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.全自動化学発光免疫測定システム ビトロス3600に搭載された機能の検討.医学と薬学 61:769-778,2009.
  19. 東原 正明,矢冨 裕,藤元 貴啓,永盛 裕佳子,須永 眞司.出血性疾患:診断と治療の進歩(座談会).日本内科学会雑誌 98:1677-1694,2009.
  20. 平岡 真実,影山 光代,百合本 真弓,金胎 芳子,矢冨 裕,大川 龍之介,國枝 寛,堀江 修一,香川 靖雄.葉酸代謝関連遺伝子多型に基づくテーラーメイド栄養学ーさかど葉酸プロジェクトー.ビタミン 83:265-275,2009.
  21. 盛田 和治,横田 浩充,矢冨 裕,和田 麻沙.検査部におけるホームページの活用.検査と技術 39:826-829,2009.
  22. 矢冨 裕.血栓症治療の最新動向:特集にあたって.Pharma Medica 27:7,2009.
  23. 矢冨 裕.ルーチン検査の中での診療支援.臨床検査 53:261-266,2009.
  24. 矢冨 裕.炎症判定の際の白血球数とCRPの使い分けは?クリニシアン 56:896-898,2009.
  25. 矢冨 裕,大野 実,大森 司,金子 誠.抗血栓療法をめぐって:抗血栓療法の注意点 薬剤抵抗性と副作用を中心に(座談会).Medico 40:95-105,2009.
  26. 矢冨 裕.貧血を取り巻く周辺−序文にかえて.Medico 40:453,2009.
  27. 矢冨 裕.血小板増多症.ドクターサロン 53:504-508,2009.
  28. 湯本真人.脳磁図で何がわかるか?聴覚野の情報処理.臨床検査 53:1019-1026, 2009.
  29. 横田 浩充,矢冨 裕.染色体・遺伝子検査.日本臨床 67:1911-1915,2009.

和文著書

  1. 上竹 勇三郎,下澤 達雄.子癇.高血圧(小室 一成 編)pp. 250-257.羊土社,東京.2009.
  2. 上竹 勇三郎,下澤 達雄.臓器障害を考慮した食事療法.高血圧診療ハンドブック(浦 信行 編)pp. 107-112.羊土社,東京.2009.
  3. 上竹 勇三郎,下澤 達雄.Metsの薬物療法 血圧.最新メタボリックシンドローム診療マニュアル(門脇 孝 監修,戸辺 一之 編)pp. 174-180.医歯薬出版株式会社,東京.2009.
  4. 王 紅,下澤 達雄.選択的アルドステロンブロッカーの併用療法とその使い方をみる 選択的アルドステロンブロッカーのすべて(猿田 享男 編)pp. 223-226.先端医学社,東京,2009.
  5. 大久保 滋夫.ISO15189認定取得.臨床病理レビュー 特集142号 「臨床検査 Yearbook2009 血液検査編」(矢冨 裕 編)pp. 183-187.臨床病理刊行会,東京.2009.
  6. 岡野 智子,竹中 克.心エコー そろそろ考えては?心エコー画像レポートシステム.(竹中 克 編)心エコー.pp. 648-657.文光堂,東京. 2009.
  7. 小倉 彩世子,下澤 達雄.エンドセリン受容体拮抗薬.高血圧治療薬ハンドブック(浦 信行 編)pp. 149-151.羊土社,東京.2009.
  8. 小倉 彩世子,下澤 達雄.高血圧.最新メタボリックシンドローム診療マニュアル(門脇 孝 監修,戸辺 一之 編)pp. 43-45.医歯薬出版株式会社,東京.2009.
  9. 金子 知代,下澤 達雄.血圧.最新メタボリックシンドローム診療マニュアル(門脇 孝 監修,戸辺 一之 編)pp. 95-98.医歯薬出版株式会社,東京.2009.
  10. 金子 誠.血液検査編,血小板減少症の鑑別診断.臨床病理レビュー 特集142号「臨床検査 Yearbook2009 血液検査編」(矢冨 裕 編)pp. 92-98.臨床病理刊行会,東京.2009.
  11. 金子 誠,矢冨 裕.観血的手技に伴う出血の危険を予測するために適した検査はあるか?臨床に直結する血液疾患診療のエビデンス(神田 善伸 編)pp. 12-16.文光堂,東京.2009.
  12. 木村 恵美子,小池 由佳子,金子 誠.血液検査室の現状と問題点.臨床病理レビュー 特集142号 「臨床検査 Yearbook2009 血液検査編」(矢冨 裕 編)pp. 177-182.臨床病理刊行会,東京.2009.
  13. 下澤 達雄.併用療法における合剤の位置づけ 降圧薬のコンビネーションセラピー(土橋 卓也 編)pp. 127-133.医薬ジャーナル社,大阪,2009.
  14. 下澤達雄.尿検査 内科学書3循環器疾患,腎尿路疾患(小川 聡 総編集)pp. 354-359,中山書店,東京,2009.
  15. 宿谷 賢一,田中 雅美,下澤 達雄.尿沈査.検査と技術(相原 雅典,伊瀬 恵子,伊藤 仁,菅野 治重,手島 伸一,矢冨 裕 編)pp. 1028-1033.医学書院,東京.2009.
  16. 田中 雅美,宿谷 賢一,下澤 達雄.検体保存の影響.検査と技術(相原 雅典,伊瀬 恵子,伊藤 仁,菅野 治重,手島 伸一,矢冨 裕 編)pp. 1019-1022.医学書院,東京.2009.
  17. 宿谷 賢一.好酸球検査と結果成績の解釈.カラー図版一般検査ポケットマニュアル(伊藤 機一 監修)pp. 208-210.羊土社,東京.2009.
  18. 田中雅美,宿谷賢一,下澤達雄.一般検査 検体保存の影響.顕微鏡検査のコツ 臨床に役立つ形態学(矢冨 裕 監修)pp. 1019-1022.医学書院,東京.2009.
  19. 宿谷 賢一.一般検査 尿沈渣.顕微鏡検査のコツ 臨床に役立つ形態学(矢冨 裕 監修)pp. 1028-1033.医学書院,東京.2009.
  20. 宿谷 賢一,北村 聖.一般尿検査の採尿・定性・沈渣.臨床検査データブック2009-2010(高久 史麿 監修)pp. 80-82.医学書院,東京.2009.
  21. 宿谷 賢一,北村 聖.便潜血検査の採便.臨床検査データブック2009-2010(高久 史麿 監修)pp. 83-84.医学書院,東京.2009.
  22. 宿谷 賢一,下澤 達雄.胃液.臨床検査データブック2009-2010(高久 史麿 監修)pp. 655-667.医学書院,東京.2009.
  23. 宿谷 賢一,下澤 達雄.髄液(CSF).臨床検査データブック2009-2010(高久 史麿 監修)pp. 671-674.医学書院,東京.2009.
  24. 宿谷 賢一,下澤 達雄.胆汁.臨床検査データブック2009-2010(高久 史麿 監修)pp. 676-677.医学書院,東京.2009.
  25. 宿谷 賢一,下澤 達雄.腹水.臨床検査データブック2009-2010(高久 史麿 監修)pp. 679-680.医学書院,東京.2009.
  26. 宿谷 賢一,下澤 達雄.便潜血(便中ヘモグロビン).臨床検査データブック2009-2010(高久 史麿 監修)pp. 656-657.医学書院,東京.2009.
  27. 常名 政弘,小池 由佳子.普通染色.検査と技術(相原 雅典,伊瀬 恵子,伊藤 仁,菅野 治重,手島 伸一,矢冨 裕 編)pp. 1073-1075.医学書院,東京.2009.
  28. 常名 政弘,小池 由佳子.特殊染色.検査と技術(相原 雅典,伊瀬 恵子,伊藤 仁,菅野 治重,手島 伸一,矢冨 裕 編)pp. 1076-1081.医学書院,東京.2009.
  29. 山田 真希子,金子 誠,菅野 信子,田邉 久美子,久米 幸夫,横田 浩充,矢冨 裕.各種モノクローナル抗体による可溶性フィブリンモノマー複合体の検討.第8回 TTMフォーラム記録(坂田 洋一 編)pp. 33-38.TTMフォーラム事務局,滋賀.2009.
  30. 矢冨 裕.保健師.臨床病理レビュー 特集144号 「チーム医療と臨床検査ーチーム医療ネットワーク・臨床検査関連企業の支援ー」(諏訪部 章 編)pp. 41-43.臨床病理刊行会,東京.2009.
  31. 矢冨 裕. FABからWHO分類へ.検査と技術(相原 雅典,伊瀬 恵子,伊藤 仁,菅野 治重,手島 伸一,矢冨 裕 編)pp.1101-1103.医学書院,東京.2009.
  32. 矢冨 裕.EDTA依存症血小板減少症 顕微鏡を覗けばすぐにわかる.検査と技術(相原 雅典,伊瀬 恵子,伊藤 仁,菅野 治重,手島 伸一,矢冨 裕 編)pp. 1107.医学書院,東京.2009.
  33. 矢冨 裕.血液疾患の検査.内科学書(小川 聡 編)pp. 35-48.中山書店,東京.2009.
  34. 横田 浩充.血液細胞核酸増幅同定検査.臨床検査データブック2009-2010(高久 史麿 監修)pp. 342-343.医学書院,東京.2009.
  35. 横田 浩充.免疫関連遺伝子再構成.臨床検査データブック2009-2010(高久 史麿 監修)pp. 428-429.医学書院,東京.2009.
  36. 横田 浩充.悪性腫瘍遺伝子検査.臨床検査データブック2009-2010(高久 史麿 監修)pp. 626.医学書院,東京.2009.
  37. 横田 浩充.血液・尿以外の体液検査-羊水-.臨床検査データブック2009-2010(高久 史麿 監修)pp. 680-681.医学書院,東京.2009.
  38. 横田 浩充.白血病遺伝子検査の有用性と課題.臨床病理レビュー 特集142号 「臨床検査 Yearbook2009 血液検査編」(矢冨 裕 編)pp. 124-130, 2009.

和文編著等

  1. 相原 雅典,伊瀬 恵子,伊藤 仁,菅野 治重,手島 伸一,矢冨 裕 編.「検査と技術」増刊号「顕微鏡検査のコツ-臨床に役立つ形態学」.医学書院,東京.2009.
  2. 櫻林 郁之介 監修.矢冨 裕,星 恵子,廣畑 俊成,石黒 厚至 編集.今日の臨床検査2009-2010.南江堂,東京.2009.

国内学会発表

  1. 伊井野 潤子,金子 誠,田辺 久美子,菅野 信子,横田 浩充,冨樫 順一,金子 順一,菅原 寧彦,國土 典宏,矢冨 裕.肝硬変血友病患者に対する肝移植施行後の凝固因子活性の動態.第10回 日本検査血液学会.2009.7.4.甲府.
  2. 大川 龍之介,大久保 滋夫,横田 浩充,矢冨 裕.ミトコンドリア由来CK(MtCK)活性を阻害した新規CK-MB活性測定試薬 新規CK-MB活性測定用試薬"アキュラスオートCK-MB MtO"の基礎的検討およびミトコンドリア由来CKの解析.第49回 日本臨床化学会年次学術集会 ランチョンセミナー.2009.9.18-9.20.長崎.
  3. 大川 龍之介,岸本 達也,松山 直人,中村 和宏,大久保 滋夫,細萱 茂実,尾崎 由基男,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.自動分析装置を用いた血清スフィンゴミエリン濃度の測定.第56回 日本臨床検査医学会学術集会.2009.8.26-8.29.札幌.
  4. 大川 龍之介,大久保 滋夫,宿谷 賢一,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.ISO15189に則した検査システムの構築.日本臨床検査自動化学会 第41回大会.2009.10.8-10.横浜.
  5. 大久保 滋夫.第10回 科学技術セミナー 2.生化学検査で遭遇する検査異常例 その1:装置・試薬に起因する場合.日本臨床検査自動化学会 第41回大会.2009.10.9.横浜.
  6. 大久保 滋夫.ISO15189認定取得後の効果について.第7回 大阪臨床検査ISO15189研究会.2009.10.31.大阪.
  7. 岡野 智子,竹中 克,宇野 漢成,海老原 文,佐々木 賀津乃,千明 真弓,矢冨 裕.心嚢液がLV torsionに及ぼす影響.第20回 日本心エコー図学会学術集会.2009.4.23-25.高松.
  8. 岡野 智子,寺尾 安生,宇野 漢成,福田 秀樹,江本 正喜,花島 律子,竹中 克,池田 均,矢冨 裕,宇川 義一.超音波画像診断における視線解析.第39回 日本臨床神経生理学会学術集会.2009.11.18-20.北九州.
  9. 小野 佳一,金子 誠,影山 祐子,菅野 信子,久米 幸夫,横田 浩充,矢冨 裕.先天性第X因子欠乏症に対する補充療法.第10回 日本検査血液学会.2009.7.4.甲府.
  10. 影山 祐子,金子 誠,菅野 信子,小野 佳一,久米 幸夫,横田 浩充,矢冨 裕.新たに開発されたリコンビプラスチン2Gと各種PT試薬における互換性の検討.第10回 日本検査血液学会.2009.7.4.甲府.
  11. 金子 誠,菅野 信子,影山 祐子,小野 佳一,久米 幸夫,矢冨 裕.肝疾患群における由来の異なる各種PT試薬の互換性の検討.第32回 日本血栓止血学会.2009.6.6.北九州.
  12. 金子 誠.よりよい臨床検査の活用・運用をめざす検査部の取り組み 最適な医療を提供するために 臨床検査の立場から.日本臨床検査医学会 第21回関東・甲信越支部総会.2009.9.26.東京.
  13. 木村 恵美子,小池 由佳子,山田 真希子,伊井野 潤子,塚本 裕美,田辺久美子,常名 政弘,佐藤美智子,横田 浩充,矢冨裕.網血小板/IPFの有用性と問題点における検討.第10回 日本検査血液学会.2009.7.4-5.甲府.
  14. 佐藤 優実子,影山 祐子,横田 浩充,高井 大哉,北山 丈二,森 和彦,矢冨 裕.腹腔内洗浄液および腹水を対象とした腫瘍関連遺伝子検査の有用性.第16回 日本遺伝子診療学会大会.2009.8.1.札幌.
  15. 佐藤 優実子,横田 浩充,辻 省次,矢冨 裕.個別薬物療法に向けた薬剤代謝酵素遺伝子検査の運用状況.第54回 日本人類遺伝学会.2009.9.26.東京.
  16. 佐藤 優実子,影山 祐子,荻原 真二,高井 大哉,横田 浩充,矢冨 裕.全自動SNPs検査装置(i-densy)の検討.日本臨床検査自動化学会 第41回大会.2009.10.9.横浜.
  17. 塚本 和久,磯尾 直之,原 眞純,蔵野 信,大川 龍之介,矢冨 裕,門脇 孝.2型糖尿病におけるピオグリタゾン—メトホルミンのクロスオーバー試験による,各薬剤のPWVおよび動脈硬化指標への効果の検討.第52回 日本糖尿病学会年次学術集会.2009.5.21-24.大阪.
  18. 常名 政弘,小池 由佳子,矢冨 裕.フローサイトメトリー 症例カンファレンス.第19回 日本サイトメトリー学会学術集会.2009.6.20-21.松江.
  19. 宿谷 賢一,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.早期腎症患者尿に認められる尿細管上皮細胞について.日本臨床検査医学学会学術集会 第56回大会.2009.8.28.札幌.
  20. 宿谷 賢一,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.尿基本検査によるCKD検査 試験紙検査,尿沈渣,総蛋白定量.日本臨床検査自動化学会 第41回 大会 シンポジウムU.2009.10.10.横浜.
  21. 宿谷 賢一.尿沈渣所見から病態を見る.第42回 中国四国医学検査学会 教育講演T.2009.11.1.高松.
  22. 下坂 浩則,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.ISO15189:2007の認定取得と維持活動および効果について.第41回日本臨床検査自動化学会大会.2009.10.8-10.横浜.
  23. 杉岡 陽介,増崎 亮太,鈴木 淳史,岩井 友美,中川 晴代,伊藤 優紀,建石 良介,吉田 晴彦,横 浩充,池田 均,矢冨 裕.B型肝炎におけるびまん性肝疾患の超音波による評価と肝硬度測定の有用性.第82回 日本超音波医学会.2009.5.22-24.東京.
  24. 揃田 陽子,大川 龍之介,増戸 梨恵,三輪 由貴子,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.新規CK-MB活性測定試薬 “アキュラスオート CK-MB MtO”の基礎検討およびミトコンドリア由来CKの解析.第56回 日本臨床検査医学会学術集会.2009.8.26-8.29.札幌.
  25. 寺島 道子,小池 由佳子,山田 真希子,塚本 裕美,伊井野 潤子,田邉 久美子,常名 政弘,佐藤 美知子,横田 浩充,矢冨 裕.Mixed phenotype acute leukaemia with t(9;22)(q34;q11.2);BCR-ABL1の一症例.第9回 日本検査血液学会学術集会.2009.7.4-5.山梨.
  26. 中村 和宏,五十嵐 浩二,大川 龍之介,宿谷 賢一,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.体内オートタキシン動態に関する検討.第49回 日本臨床化学会年次学術集会.2009.9.20.長崎.
  27. 永友 利津子,金子 誠,湯浅 薫,菅野 信子,横田 浩充,植木 浩二郎,門脇 孝,矢冨 裕.感染防止に配慮したベットサイドでの新グルコース分析装置の評価.第52回 日本糖尿病学会.2009.5.21-24.大阪.
  28. 早川 明子,山口 ひろ子,増戸 梨恵,二木 亜希子,大久保 滋夫,横田 浩充,矢冨 裕. ビトロス3600マイクロセンサーの臨床検査における有用性の検討.第58回 日本医学検査学会.2009.7.30-8.1.横浜.
  29. 二木 亜希子,山口 ひろ子,増戸 梨恵,早川 明子,大久保 滋夫,横田 浩充,矢冨裕.AU3000iによる性ホルモン(FSH,LH,PRL,β-HCG)の基礎的検討.第58回 日本医学検査学会.2009.7.30-8.1.横浜.
  30. 三輪 由貴子,山口 ひろ子,早川 明子,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕.ミュータスワコーi30によるAFP,AFP-L3%,PIVKAIIの基礎的検討.第41回 日本臨床検査自動化学会.2009.10.8-10.横浜.
  31. 矢冨 裕.今後の大学病院の検査部の方向性.第54回 日本臨床検査医学会中国・四国支部総会/第149回 日本臨床化学会中国支部例会・総会/第19回 日本臨床化学会四国支部例会・総会 合同地方会.2009.2.7-8.岡山.
  32. 矢冨 裕.生理活性脂質研究最前線:リゾリン脂質を中心に.第56回 日本臨床検査医学会学術集会 シンポジウム8「リポ蛋白・脂質研究の最前線」.2009.8.26-29.札幌.
  33. 横田 浩充,佐藤 優実子,矢冨 裕.遺伝子検査の基礎と応用 薬剤応答遺伝子検査への取り組みについて.第43回 みやぎ医学検査学会 ランチョンセミナー.2009.6.21.仙台.
  34. 横田 浩充,佐藤 優実子,矢冨 裕.東大検査部における遺伝子検査の取り組み.日本臨床検査医学会 第21回 関東・甲信越支部総会 シンポジウム.2009.9.26. 東京.
  35. 横田 浩充,佐藤 優実子,矢冨 裕.遺伝子検査の基礎と全自動SNPS検査装置(i-densy)について.日本臨床検査自動化学会 第41回大会 ランチョンセミナー.2009.10.8-10.横浜.
  36. 横田 浩充.ISO15189の取得意義と検査部の管理・運営.第18回 信大臨床検査セミナー 特別講演.2009.11.29.信州大学.
  37. 横田 浩充.大学病院が求める臨床検査技師像−東大検査部を例として.日本臨床検査学教育協議会 特別講演.2009.12.14.東京医科歯科大学.
  38. 渡邉 奈緒美,早川 明子,山口 ひろ子,二木 亜希子,大久保 滋夫,横田 浩充,矢冨 裕.感染症項目におけるビトロス3600の基礎検討.第58回 日本医学検査学会.2009.7.30-8.1.横浜.
  39. 渡邉 奈緒美,永友 利津子,大久保 滋夫,横田 浩充,矢冨 裕.自己抗体試薬「ユニキャップ・エリア」の基礎検討.日本臨床検査自動化学会 第41回大会.2009.10.8-10.横浜.
このページのトップへ
Copyright © 東京大学医学部附属病院検査部. All Rights Reserved.