HOME
業績
2007年

英文原著論文

  1. Aoki, S., Osada, M., Kaneko, M., Ozaki, Y., and Yatomi, Y. Fluid shear stress enhances the sphingosine 1-phosphate responses in cell-cell interactions between platelets and endothelial cells. Biochem. Biophys. Res. Commun. 358: 1054-1057, 2007.
  2. Aoki, S., Yatomi, Y., Shimosawa, T., Yamashita, H., Kitayama, J., Tsuno, N.H., Takahashi, K., and Ozaki, Y. The suppressive effect of sphingosine 1-phosphate on monocyte-endothelium adhesion may be mediated by the rearrangement of the endothelial integrins alpha(5)beta(1) and alpha(v)beta(3). J. Thromb. Haemost. 5: 1292-1301, 2007.
  3. Arai, M., Tejima, K., Ikeda, H., Tomiya, T., Yanase, M., Inoue, Y., Nagashima, K., Nishikawa, T., Watanabe, N., Omata, M., and Fujiwara, K. Ischemic preconditioning in liver pathophysiology. J. Gastroenterol. Hepatol. 22 Suppl 1: S65-67, 2007.
  4. Cuyun-Lira, O., Kaneko, M., Takafuta, T., Satoh, K., Ohnishi, M., Yatomi, Y., and Ozaki, Y. Inhibitory effects of ticlopidine on platelet function as assessed by three different methods. Eur. J. Pharm. Sci. 30: 21-25, 2007.
  5. Hamada, M., Hanajima, R., Terao, Y., Sato, F., Okano, T., Yuasa, K., Furubayashi, T., Okabe, S., Arai, N., and Ugawa, Y. Median nerve somatosensory evoked potentials and their high-frequency oscillations in amyotrophic lateral sclerosis. Clin. Neurophysiol. 118: 877-886, 2007.
  6. Hirano, Y., Tsunoda, M., Shimosawa, T., Fujita, T., and Funatsu, T. Measurement of catechol-O-methyltransferase activity in the brain of Dahl salt-sensitive rats. Biol. Pharm. Bull. 30: 2178-2180, 2007.
  7. Hirano Y, Tsunoda M, Shimosawa T, Matsui H, Fujita T, and Funatsu T. Suppression of COMT activity through blunting alpha2-adrenoceptor can explain hypertension in Dahl salt-sensitive rats. Hypertens. Res.30: 269-278, 2007.
  8. Iida, H., Kurano, M., Takano, H., Kubota, N., Morita, T., Meguro, K., Sato, Y., Abe, T., Yamazaki, Y., Uno, K., Takenaka, K., Hirose, K., and Nakajima, T. Hemodynamic and neurohumoral responses to the restriction of femoral blood flow by KAATSU in healthy subjects. Eur. J. Appl. Physiol. 100: 275-285, 2007.
  9. Ikeda, H., Kume, Y., Tejima, K., Tomiya, T., Nishikawa, T., Watanabe, N., Ohtomo, N., Arai, M., Arai, C., Omata, M., Fujiwara, K., and Yatomi, Y. Rho-kinase inhibitor prevents hepatocyte damage in acute liver injury induced by carbon tetrachloride in rats. Am. J. Physiol. Gastrointest. Liver Physiol. 293: G911-917, 2007.
  10. Kawanabe, T., Kawakami, T., Yatomi, Y., Shimada, S., and Soma, Y. Sphingosine 1-phosphate accelerates wound healing in diabetic mice. J. Dermatol. Sci. 48: 53-60, 2007.
  11. Kimura, A., Ohmori, T., Ohkawa, R., Madoiwa, S., Mimuro, J., Murakami, T., Kobayashi, E., Hoshino, Y., Yatomi, Y., and Sakata, Y. Essential Roles of Sphingosine 1-Phosphate/S1P1 Receptor Axis in the Migration of Neural Stem Cells Toward a Site of Spinal Cord Injury. Stem Cells 25: 115-124, 2007.
  12. Kume, Y., Ikeda, H., Inoue, M., Tejima, K., Tomiya, T., Nishikawa, T., Watanabe, N., Ichikawa, T., Kaneko, M., Okubo, S., Yokota, H., Omata, M., Fujiwara, K., and Yatomi, Y. Hepatic stellate cell damage may lead to decreased plasma ADAMTS13 activity in rats. FEBS Lett. 581: 1631-1634, 2007. Re-published online within the FEBS Letters Virtual Special Issue on Molecular Medicine (outstanding contributions in the field of Molecular Medicine published in FEBS Letters in the years 2007 and 2008)
  13. Lin, J.C., Jeong, S., Liang, G., Takai, D., Fatemi, M., Tsai, Y.C., Egger, G., Gal-Yam, E.N., and Jones, P.A. Role of nucleosomal occupancy in the epigenetic silencing of the MLH1 CpG island. Cancer Cell 12: 432-444, 2007.
  14. Liu, J., Shimosawa, T., Matsui, H., Meng, F., Supowit, S.C., Dipette, D.J., Ando, K., and Fujita, T. Adrenomedullin inhibits angiotensin II-induced oxidative stress via Csk-mediated inhibition of Src activity. Am. J. Physiol. Heart Circ. Physiol. 292: H1714-1721, 2007.
  15. Marumo, T., Hishikawa, K., Matsuzaki, Y., Imai, N., Takase, O., Shimosawa, T., Okano, H., and Fujita, T. Angiotensin II type 1 receptor blockade prevents decrease in adult stem-like cells in kidney after ureteral obstruction. Eur. J. Pharmacol. 573: 216-220, 2007.
  16. Mizuochi, T., Yumoto, M., Karino, S., Itoh, K., and Yamasoba, T. Latency variation of auditory N1m responses to vocal and nonvocal sounds. Neuroreport 18: 1945-1949, 2007.
  17. Nagai, S., Ichikawa, M., Takahashi, T., Sato, H., Yokota, H., Oshima, K., Izutsu, K., Hangaishi, A., Kanda, Y., Motokura, T., Chiba, S., Yatomi, Y., and Kurokawa, M. The origin of neoplastic mast cells in systemic mastocytosis with AML1/ETO-positive acute myeloid leukemia. Exp. Hematol. 35: 1747-1752, 2007.
  18. Nakamura, K., Kishimoto, T., Ohkawa, R., Okubo, S., Tozuka, M., Yokota, H., Ikeda, H., Ohshima, N., Mizuno, K., and Yatomi, Y. Suppression of lysophosphatidic acid and lysophosphatidylcholine formation in the plasma in vitro: Proposal of a plasma sample preparation method for laboratory testing of these lipids. Anal. Biochem. 367: 20-27, 2007.
  19. Nakamura, K., Ohkawa, R., Okubo, S., Tozuka, M., Okada, M., Aoki, S., Aoki, J., Arai, H., Ikeda, H., and Yatomi, Y. Measurement of lysophospholipase D/autotaxin activity in human serum samples. Clin. Biochem. 40: 274-277, 2007.
  20. Nakamura, K., Takeuchi, T., Ohkawa, R., Okubo, S., Yokota, H., Tozuka, M., Aoki, J., Arai, H., Ikeda, H., Ohshima, N., Kitamura, T., and Yatomi, Y. Serum lysophospholipase D/autotaxin may be a new nutritional assessment marker: study on prostate cancer patients. Ann. Clin. Biochem. 44: 549-556, 2007.
  21. Nishikawa, T., Tomiya, T., Ohtomo, N., Inoue, Y., Ikeda, H., Tejima, K., Watanabe, N., Tanoue, Y., Omata, M., and Fujiwara, K. Stimulation by glutamine and proline of HGF production in hepatic stellate cells. Biochem. Biophys. Res. Commun. 363: 978-982, 2007.
  22. Osada, M., Yatomi, Y., Ohmori, T., Aoki, S., Hosogaya, S., and Ozaki, Y. Involvement of sphingosine 1-phosphate, a platelet-derived bioactive lipid, in contraction of mesangium cells. J. Biochem. 142: 351-355, 2007.
  23. Sano, A., Kage, H., Sugimoto, K., Kitagawa, H., Aki, N., Goto, A., Fukayama, M., Nakajima, J., Takamoto, S., Nagase, T., Yatomi, Y., Ohishi, N., and Takai, D. A second-generation profiling system for quantitative methylation analysis of multiple gene promoters: application to lung cancer. Oncogene 26: 6518-6525, 2007.
  24. Satoh, Y., Ohkawa, R., Nakamura, K., Higashi, K., Kaneko, M., Yokota, H., Aoki, J., Arai, H., Yuasa, Y., and Yatomi, Y. Lysophosphatidic acid protection against apoptosis in the human pre-B-cell line Nalm-6. Eur. J. Haematol. 78: 510-517, 2007.
  25. Shimosawa, T., Gohchi, K., Yatomi, Y., and Fujita, T. Effectiveness of add-on low-dose diuretics in combination therapy for hypertension: losartan/hydrochlorothiazide vs. candesartan/amlodipine. Hypertens. Res. 30: 831-837, 2007.
  26. Sugimoto, K., Kage, H., Aki, N., Sano, A., Kitagawa, H., Nagase, T., Yatomi, Y., Ohishi, N., and Takai, D. The induction of H3K9 methylation by PIWIL4 at the p16(Ink4a) locus. Biochem. Biophys. Res. Commun. 359: 497-502, 2007.
  27. Suzuki-Inoue, K., Hughes, C.E., Inoue, O., Kaneko, M., Cuyun-Lira, O., Takafuta, T., Watson, S.P., and Ozaki, Y. Involvement of Src kinases and PLCgamma2 in clot retraction. Thromb. Res. 120: 251-258, 2007.
  28. Suzuki-Inoue, K., Kato, Y., Inoue, O., Kaneko, M.K., Mishima, K., Yatomi, Y., Yamazaki, Y., Narimatsu, H., and Ozaki, Y. Involvement of the Snake Toxin Receptor CLEC-2, in Podoplanin-mediated Platelet Activation, by Cancer Cells. J. Biol. Chem. 282: 25993-26001, 2007. “Paper of the Week”
  29. Tejima, K., Arai, M., Ikeda, H., Tomiya, T., Yanase, M., Inoue, Y., Nishikawa, T., Watanabe, N., Ohtomo, N., Omata, M., and Fujiwara, K. Induction of ischemic tolerance in rat liver via reduced nicotinamide adenine dinucleotide phosphate oxidase in Kupffer cells. World J. Gastroenterol. 13: 5071-5078, 2007.
  30. Terao, Y., Okano, T., Furubayashi, T., Yugeta, A., Inomata-Terada, S., and Ugawa, Y. Effects of thirty-minute mobile phone exposure on saccades. Clin. Neurophysiol. 118: 1545-1556, 2007.
  31. Tomiya, T., Nishikawa, T., Inoue, Y., Ohtomo, N., Ikeda, H., Tejima, K., Watanabe, N., Tanoue, Y., Omata, M., and Fujiwara, K. Leucine stimulates HGF production by hepatic stellate cells through mTOR pathway. Biochem. Biophys. Res. Commun. 358: 176-180, 2007.
  32. Tomiya, T., Yamaoka, M., Inoue, Y., Nishikawa, T., Yanase, M., Ikeda, H., Tejima, K., Nagashima, K., Watanabe, N., Omata, M., and Fujiwara, K. Effect of rapamycin on hepatocyte function and proliferation induced by growth factors. Chemotherapy 53: 59-69, 2007.
  33. Yamauchi, Y., Fujikura, T., and Shimosawa, T. The Effect of H1 Antagonists Carebastine and Olopatadine on Histamine Induced Expression of CC Chemokines in Cultured Human Nasal Epithelial Cells. Allergol. Int. 56: 171-177, 2007.
  34. Watanabe, N., Ikeda, H., Nakamura, K., Ohkawa, R., Kume, Y., Aoki, J., Hama, K., Okudaira, S., Tanaka, M., Tomiya, T., Yanase, M., Tejima, K., Nishikawa, T., Arai, M., Arai, H., Omata, M., Fujiwara, K., and Yatomi, Y. Both Plasma Lysophosphatidic Acid and Serum Autotaxin Levels are Increased in Chronic Hepatitis C. J. Clin. Gastroenterol. 41: 616-623, 2007.
  35. Watanabe, N., Ikeda, H., Nakamura, K., Ohkawa, R., Kume, Y., Tomiya, T., Tejima, K., Nishikawa, T., Arai, M., Yanase, M., Aoki, J., Arai, H., Omata, M., Fujiwara, K., and Yatomi, Y. Plasma lysophosphatidic acid level and serum autotaxin activity are increased in liver injury in rats in relation to its severity. Life Sci. 81: 1009-1015, 2007.

国際学会発表

  1. Ebihara, A., Uno, K., Eto, Y., Tanaka, M., Ohtsuki, S., Yuan, L., Sonoda, M., Iida, H., Asada, K., Sasaki, K., Komuro, T., Miyazaki, R., Chigira, M., Yatomi, Y., and Takenaka, K. A novel method for visualization of vortex in left ventricle using flow velocity vector estimated from color Doppler velocity data.The 56th American College of Cardiology. 2007. 3. 25. New Orleans.
  2. Imasawa, T., Kitamura, H., Ohkawa, R., Satoh, Y., Miyashita, A., Koike, K., and Yatomi, Y. Altered expression of sphingosine 1- phosphate receptors in glomeruli of diabetic rats. American Society of Nephrology 40th Annual Meeting. 2007. 11. 2-5. San Francisco, CA, USA.
  3. Inaba, H., Yatomi, Y., Shinozawa, K., Otaki, M., Suzuki, T., Amano, K., and Fukutake, K. Analysis of discrepant assay-determined activity levels of factor VIII associated with R531H mutation. XXIst Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis. 2007. 7. 6-12. Geneva, Switzerland.
  4. Jona, M., Higashi, K., Satoh, Y., Masuda, A., Koike, Y., Yokota, H., and Yatomi, Y. Analysis of S1P1 and S1P2 expression on human blood cells: importance in laboratory hematology. The 20th International Symposium on Technological Innovations in Laboratory Hematology (ISLH 2007). 2007. 5. 8-11. Miami, FL, USA.
  5. Kaneko, M., Kanno, N., Satoh, K., Ozaki, Y., and Yatomi, Y. Synergism between Gi activation and Ca2+ mobilization in platelet thromboxane A2 formation. XXIst Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis. 2007. 7. 6-12. Geneva, Switzerland.
  6. Kitagawa, H., Sugimoto, K., Kage, H., Sano, A., Aki, N., Ohishi, N., Nagase, T., and Takai, D. Synergism of Akt, ERK, or STAT3 inhibitors on gefitinib in lung adenocarcinoma cell lines. American Association for Cancer Research, Annual Meeting. 2007. 4. Los Angeles, CA, USA.
  7. Sano, A., Kage, H., Sugimoto, K., Kitagawa, H., Aki, N., Goto, N., Fukayama, M., Nakajima, J., Takamoto, S., Nagase, T., Ohishi, N., and Takai, D. 1st JCA-AACR Special Joint Conference. 2007. 3. Nagoya, Japan.
  8. Sano, A., Kage, H., Sugimoto, K., Kitagawa, H., Aki, N., Goto, A., Fukayama, M., Nakajima, J., Takamoto, S., Nagase, T., Yatomi, Y., Ohishi, N., and Takai, D. Distinction between double primary lung cancer. American Association for Cancer Research, Annual Meeting. 2007. 4. Los Angeles, CA, USA.
  9. Suzuki-Inoue, K., Kato, Y., Inoue, O., Kato-Kaneko, M., Mishima, K., Yatomi, Y., and Ozaki, Y. A novel platelet activation receptor, is involved in podoplanin-mediated platelet activation by cancer cells. XXIst Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis. 2007. 7. 6-12. Geneva, Switzerland.
  10. Takenaka, K. Myocardial strain gradient. The 18th Annual Scientific Sessions of The American Society of Echocardiography. 2007. 6. 20. Seattle.
  11. Tejima, K., Arai, M., Ikeda, H., Tomiya, T., Nishikawa, T., Watanabe, N., Ohtomo, N., Yatomi, Y., Omata, M., and Fujiwara, K. Oxygen radical production by NADPH oxidase in Kupffer cells promotes hepatic ischemic tolerance. The 17th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL). 2007. 3. Kyoto, Japan.
  12. Yatomi, Y. Importance of sphingosine 1-phosphate in vascular
    biology: its application to laboratory medicine. Glycobiology and Sphingobiology 2007. 2007. 2. 27-3. 1. Tokushima, Japan.
  13. Yuan, L., Takenaka, K., Uno,. K., Ebihara, A., Sasaki, K., Komuro, T., Sonoda, M., Ito, Y., and Nagai, R. Left ventricular free wall and interventricular septum show different normal and shear strains even in healthy subjects. The 56th American College of Cardiology. 2007. 3. 27. New Orleans.
  14. Yumoto, M. Context-seeking feature of the musical mind. 21st Century COE Program International Symposium: Promotion of Kansei Science for Understanding the Mechanism of Mind and Heart. 2007. 7. 9. Tsukuba, Japan.

和文原著論文

  1. 佐藤 優実子,横田 浩充,小野 佳一,矢冨 裕.AML1/MTG8およびp190 BCR/ABLのスタンダードRNAの合成と評価 ー国際単位の値づけを目指してー.医学検査 56:764-768,2007.
  2. 増戸 梨恵,早川 明子,山口 ひろ子,久米 幸夫,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕,戸塚 実.インターロイキン-2レセプター測定試薬「セルフリーIL-2Rメデックス」改良品の基礎的検討.日本臨床検査自動化学会会誌 32:57-62,2007.
  3. 増戸 梨恵,山口 ひろ子,早川 明子,大久保 滋夫,横田 浩充,池田 均,矢冨 裕,青野 悠久子,内村 英正.全自動化学発光酵素免疫測定装置UniCel DxI 800による甲状腺機能検査測定試薬の基礎的検討.医学と薬学 58:863-871,2007.

和文総説

  1. 上竹 勇三郎,下澤 達雄.動脈硬化性疾患予防ガイドラインのポイント〜心血管イベント発症の観点から〜. 臨床医のための循環器診療 8:19-22,2007.
  2. 王 紅,下澤 達雄,藤田 敏郎.ステロイド高血圧.循環器症候群(第2版).別冊日本臨床.新領域別症候群シリーズ.No.4.4:111-114,2007.
  3. 大内 尉義,矢冨 裕,三浦 昇,窓岩 清治.出血性疾患の実地診療のポイント.Medical Practice 24:2085-2098,2007.
  4. 大川 龍之介,矢冨 裕.酸化LDL.検査と技術 35:499-501,2007.
  5. 小野 佳一,横田 浩充,矢冨 裕.Laboratory Practice 免疫血清 C型肝炎ウイルス検査 HCVコア抗原法と核酸検出法の比較を中心に.検査と技術 35:463-465,2007.
  6. 小倉 彩世子,下沢 達雄.メタボリックシンドロームと酸化ストレス.Functional Food 1:29-33,2007.
  7. 金子 知代,下澤 達雄.酸化ストレスと血管障害.血管医学 8:203-210,2007.
  8. 金子 誠.活性化プロテインCは,組織型プラスミノーゲンアクチベーターによって誘発された脳内出血を抑止する.血栓止血学会誌 18:176,2007.
  9. 金子 誠,菅野 信子.白血病に伴ったDICの1症例.治療学 41:303-306,2007.
  10. 金子 誠,菅野 信子.臨床医からの質問に答える 血小板機能検査依頼時の注意点.検査と技術 35:1382-1386,2007.
  11. 金子 誠,常名 政弘,東 克巳.けんさ質問箱Q&A:末梢血液像で赤血球破砕があると判断する基準は? 検査と技術 35:304-307,2007.
  12. 金子 誠,矢冨 裕.抗凝固療法の期間を決定するためのDダイマー検査.内科 100:576-579,2007.
  13. 金子 誠,矢冨 裕.この症例から何を学ぶか 血栓性血小板減少性紫斑病 溶血性貧血を伴う血小板減少症.Medical Practice 24:2206-2211,2007.
  14. 木村 公一,竹中 克.胸部外科医に必要な内科的知識 心臓血管領域 僧帽弁膜症を外科に送るタイミング.胸部外科 60:835-840,2007.
  15. 小池 由佳子.網血小板の最新情報.検査と技術 35:1483-1485,2007.
  16. 小池 由佳子.網血小板測定と臨床的意義.日本検査血液学会雑誌 894-102,2007
  17. 齋藤りか,下澤達雄.ACE阻害薬との併用におけるメリットデメリットを教えてください.薬局 58:85-89,2007.
  18. 佐々木 賀津乃,竹中 克.経食道心エコー検査の撮り方.心エコー 8:88-92,2007.
  19. 下澤 達雄,金子 知代,松井 宏光,上竹 勇三郎,王 紅,穆 勝宇,斎藤 りか,小倉 彩世子,藤田 敏郎.高血圧臓器障害と酸化ストレス.血圧 15:74-76,2007.
  20. 常名 政弘,小池 由佳子.検査質問箱 網赤血球数と白血球数・血小板数との関連は?検査と技術 35:802-804,2007.
  21. 常名 政弘,東 克巳.今月の表紙 慢性リンパ性白血病 CLL.検査と技術35:276,2007.
  22. 常名 政弘,東 克巳.今月の表紙 骨髄異形成症候群 MDS;RARS.検査と技術 35:336,2007.
  23. 常名 政弘,東 克巳.今月の表紙 濾胞性リンパ腫 Follicular lymphoma.検査と技術 35:552,2007.
  24. 常名 政弘,東 克巳.今月の表紙 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 Diffuse large B-cell lymphoma.検査と技術 35:656,2007.
  25. 常名 政弘,東 克巳.今月の表紙 マントル細胞リンパ腫 Mantle cell lymphoma.検査と技術 35:757,2007.
  26. 常名 政弘,東 克巳.今月の表紙 成人T細胞白血病 ATLL.検査と技術35:1364,2007.
  27. 高橋 恵美子,東 克巳.今月の表紙 HCL.検査と技術 35:832,2007.
  28. 高橋 恵美子,東 克巳.今月の表紙 MM.検査と技術 35:940,2007.
  29. 竹中 克.経食道心エコー検査の読み方.心エコー 8:94-103,2007.
  30. 竹中 克.超音波検査士について.NNERVISION 22:26-27,2007.
  31. 竹中 克.東芝社製スペックルトラッキングについて.映像情報 Medical 39:862-863,2007.
  32. 田中 雅美,宿谷 賢一,下澤 達雄.尿沈渣中に認められるビリルビン類似結晶.検査と技術 35:382-383,2007.
  33. 千葉 仁志,登 勉,青木 芳明,荒川 秀俊,安東 由喜雄,池川 繁男,市原 清志,川瀬 雅子,北島 勲,戸塚 実,矢冨 裕.臨床化学の今後の方向と『臨床化学』誌の役割.臨床化学 36:236-248,2007.
  34. 手島 一陽,池田 均.病態別にみたDICの診断と治療,肝疾患.治療学 41:261-264,2007.
  35. 増田 亜希子,矢冨 裕.新しい抗真菌剤ボリコナゾール.検査と技術 35:805-807,2007.
  36. 盛田 和治,金子 誠,矢冨 裕.Laboratory Practice 血液 - 採血の現況と問題点 これからの採血室の構築 早くて,うまくて,気持ちいい!? 検査と技術 35:1450-1454,2007.
  37. 村田 満,東原 正明,小池 薫,矢冨 裕.DICの診断・治療とその進歩.治療学 41:293-302,2007.
  38. 矢冨 裕.DICの概念の変遷.治療学 41:221-224,2007.
  39. 矢冨 裕.臨床検査による血小板機能の評価.日本検査血液学会雑誌 8:198-205,2007.
  40. 矢冨 裕,常名 政弘,東 克巳.幼若・異常白血球の解析.日本臨床検査自動化学会会誌 32:138-140,2007.
  41. 横田 浩充.PCR以外の遺伝子増幅法.臨床検査 51:1305-1312,2007.
  42. 横田 浩充,矢冨 裕.白血病遺伝子定量検査.検査と技術 35:535-543,2007.

和文著書

  1. 上竹 勇三郎,下澤 達雄.食塩は何グラムまで?100歳までの健康百科(渡邊 昌,和田 攻,大内 尉義,吉田 勝美,久保 明,坪田 一男 総監修)pp. 228-229.日本医療企画,東京.2007.
  2. 上竹 勇三郎,下澤 達雄.MetSは日本人においてそれほど重要なのか?EBM循環器疾患の治療2008-2009(三田村 秀雄,山科 章,川名 正敏,桑島 巌 編)pp. 538-544.中外医学社,東京.2007.
  3. 上竹 勇三郎,下澤 達雄.PPARsと酸化ストレス.生活習慣病とPPARs(藤田 敏郎監修)pp. 138-140.Life Science Publishing,東京.2007.
  4. 金子 知代,下澤 達雄.シスタチンC.臨床検査データブック2007-2008(高久 史麿 監修,黒川 清,春日 雅人,北村 聖 編)pp. 130-131.医学書院,東京.2007.
  5. 金子 誠,小池 由佳子,矢冨 裕.血小板増加・減少.「内科」診断ピットフォール - 症例から学ぶ -(小立 鉦彦 編)pp.1541-1549.南江堂,東京.2007.
  6. 小池 由佳子,矢冨 裕.血液造血器系の検査.(末梢血液検査等)ナースのための検査マニュアル(櫻林 郁之介 編)pp. 99-107.照林社,東京.2007.
  7. 下澤 達雄.イベントフリーの老後と尿検査.臨床病理レビュー 特集140号「臨床検査Yearbook 2008 一般検査編」(矢冨 裕,下澤 達雄,伊藤 機一,横田 浩充,宿谷 賢一 編)pp. 44-50.臨床病理刊行会,東京.2007.
  8. 宿谷 賢一.検体の取り扱い.臨床検査総論(三村 邦裕,鈴木 敏恵,宿谷 賢一,星 和夫 編)pp. 37-48.医歯薬出版,東京.2007.
  9. 宿谷 賢一.尿沈渣検査.臨床検査総論(三村 邦裕,鈴木 敏恵,宿谷 賢一,星 和夫 編)pp. 106-119.医歯薬出版,東京.2007.
  10. 宿谷 賢一.喀痰検査.臨床検査総論(三村 邦裕,鈴木 敏恵,宿谷 賢一,星 和夫 編)pp. 135-137.医歯薬出版,東京.2007.
  11. 宿谷 賢一.胃液検査・十二指腸液検査.臨床検査総論(三村 邦裕,鈴木 敏恵,宿谷 賢一,星 和夫 編)pp. 138-143.医歯薬出版,東京.2007.
  12. 宿谷 賢一.穿刺液検査.臨床検査総論(三村 邦裕,鈴木 敏恵,宿谷 賢一,星 和夫 編)pp. 144-146.医歯薬出版,東京.2007.
  13. 宿谷 賢一.CAPD排液検査・その他の体液検査.臨床検査総論(三村 邦裕,鈴木 敏恵,宿谷 賢一,星 和夫 編)pp. 153-155.医歯薬出版,東京.2007.
  14. 宿谷 賢一.尿沈渣検査から推定できる病態と病期.臨床病理レビュー 特集140号「臨床検査Yearbook 2008 一般検査編」(矢冨 裕,下澤 達雄,伊藤 機一,横田 浩充,宿谷 賢一 編)pp. 60-64.臨床病理刊行会,東京.2007.
  15. 宿谷 賢一,北村 聖.一般尿検査の採尿・定性・沈渣.臨床検査データブック2007-2008(高久 史麿 監修)pp. 106-108.医学書院,東京.2007.
  16. 宿谷 賢一,北村 聖.便潜血検査の採便.臨床検査データブック2007-2008(高久 史麿 監修)pp.109-110.医学書院,東京.2007.
  17. 宿谷 賢一,下澤 達雄.胃液.臨床検査データブック2007-2008(高久 史麿 監修)pp.649-651.医学書院,東京.2007.
  18. 宿谷 賢一,下澤 達雄.髄液(CSF).臨床検査データブック2007-2008(高久 史麿 監修)pp.655-658.医学書院,東京.2007.
  19. 宿谷 賢一,下澤 達雄.胆汁.臨床検査データブック2007-2008(高久 史麿 監修)pp.660-662.医学書院,東京.2007.
  20. 宿谷 賢一,下澤 達雄.腹水.臨床検査データブック2007-2008(高久 史麿 監修)pp.663-664.医学書院,東京.2007.
  21. 宿谷 賢一,下澤 達雄.便潜血(便中ヘモグロビン).臨床検査データブック2007-2008(高久 史麿 監修)pp.640-641.医学書院,東京.2007.
  22. 宿谷 賢一,下澤 達雄.尿定性.メタボリックシンドローム健診検査技術マニュアル(山門 實,市原 清志,桑 克彦,高木 康,矢冨 裕 編)pp.1216-1222.医学書院,東京.2007.
  23. 宿谷 賢一,下澤 達雄.検査室における一般検査教育 特に尿沈渣教育について.臨床病理レビュー 特集140号「臨床検査Yearbook 2008 一般検査編」(矢冨 裕,下澤 達雄,伊藤 機一,横田 浩充,宿谷 賢一 編)pp. 221-225.臨床病理刊行会,東京.2007.
  24. 宿谷 賢一,田中 雅美,下澤達雄.繰り返す急性腎不全の1例.臨床病理レビュー 特集140号「臨床検査Yearbook 2008 一般検査編」(矢冨 裕,下澤 達雄,伊藤 機一,横田 浩充,宿谷 賢一 編)pp. 135-137.臨床病理刊行会,東京.2007.
  25. 宿谷 賢一,田中 雅美,菅野 信子,横田 浩充.尿沈渣検査ポケットガイド(矢冨 裕,下澤 達雄 監修)pp.1-15.アークレイ,東京.2007.
  26. 常名 政弘,矢冨裕.生理的変動,サンプリング,試料の取り扱い(CBC).「検査と技術」増刊号「メタボリックシンドローム健診検査技術マニュアル」(山門 實,市原 清志,桑 克彦,高木 康,矢冨 裕 編)pp. 1141-1146.医学書院,東京.2007.
  27. 田中 雅美,宿谷 賢一,下澤 達雄.尿沈渣検査の自動化の効果的な運用法―採尿法について―.臨床病理レビュー 特集140号「臨床検査Yearbook 2008 一般検査編」(矢冨 裕,下澤 達雄,伊藤 機一,横田 浩充,宿谷 賢一 編)pp. 145-149.臨床病理刊行会,東京.2007.
  28. 田中 雅美,宿谷 賢一,下澤 達雄.髄液細胞の保存.臨床病理レビュー 特集140号「臨床検査Yearbook 2008 一般検査編」(矢冨 裕,下澤 達雄,伊藤 機一,横田 浩充,宿谷 賢一 編)pp. 187-190.臨床病理刊行会,東京.2007.
  29. 矢冨 裕.基準値.内科学第9版(杉本 恒明,矢崎 義雄 総編集)pp. 付1-23.朝倉書店,東京.2007.
  30. 矢冨 裕.血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)に対する治療法.EBM血液疾患の治療2008-2009(押味 和夫,別所 正美,岡本 真一郎,加藤 淳 編)pp. 527-531.中外医学社,東京.2007.
  31. 横田 浩充.血液細胞核酸増幅同定検査.臨床検査データブック2007-2008(高久 史麿 監修)pp. 356-357.医学書院,東京.2007.
  32. 横田 浩充.免疫関連遺伝子再構成.臨床検査データブック2007-2008(高久 史麿 監修)pp. 430-431.医学書院,東京.2007.
  33. 横田 浩充.血液・尿以外の体液検査-羊水-.臨床検査データブック2007-2008(高久 史麿 監修)pp. 664-665.医学書院,東京.2007.
  34. 横田 浩充.遺伝子増幅.遺伝子検査技術.遺伝子分析科学認定士テキスト.pp. 146-156.宇宙堂八木書店,東京.2007.
  35. 横田 浩充.遺伝子検査学.臨床検査技師 イエローノート 臨床編(芝 紀代子 編)pp. 328-344メディカルビュー社,東京.2007.
  36. 横田 浩充.遺伝子検査学.臨床検査技師 グリーンーノート 臨床編(芝 紀代子 編)pp. 116-127,メディカルビュー社,東京.2007.
  37. 横田 浩充,小野 佳一,佐藤 優実子,矢冨 裕.遺伝子検査の基礎とその実際−髄液遺伝子検査を例として−.臨床病理レビュー 特集140号「臨床検査Yearbook 2008 一般検査編」(矢冨 裕,下澤 達雄,伊藤 機一,横田 浩充,宿谷 賢一 編)pp. 84-89.臨床病理刊行会,東京.2007.

和文編著等

  1. 山門 實,市原 清志,桑 克彦,高木 康,矢冨 裕 編.「検査と技術」増刊号「メタボリックシンドローム健診検査技術マニュアル」.医学書院,東京.2007.

国内学会発表

  1. 浅川 雅子,桐谷 博巳,石 谷晴信,佐藤 倫彦,碓井 伸一,杉下 和郎,高橋 利之,上野 克仁,竹田 誠,竹中 克.大動脈弁置換術後感染性心内膜炎に仮性動脈瘤を合併した一例.第80回 日本超音波医学会学術集会.2007.5.19.鹿児島.
  2. 宇野 漢成,竹中 克,海老原 文,木村 公一,佐々木 賀津乃,千明 真弓,阿部 康彦,川岸 哲也,永井 良三.2D Speckle Trackingによる左室ストレイン計測の再現性.第55回 日本心臓病学会.2007.9.10.舞浜.
  3. Ebihara A, Takenaka K.Reproducibility of subendocardial strain measurements. 第71回 日本循環器学会学術集会.2007.3.16.神戸.
  4. 海老原 文,宇野 漢成,木村 公一,佐々木 賀津乃,千明 真弓,竹中 克.左室strain計測の再現性.第5回 先進心血管エコー研究会.2007.8.18.大阪.
  5. 木村 公一,宇野 漢成,海老原 文,佐々木 賀津乃,千明 真弓,竹中 克.心筋梗塞,ATP負荷におけるtransmural strain gradientの変化.第5回 先進心血管エコー研究会.2007.8.19.大阪.
  6. 木村 公一,竹中 克,宇野 漢成,海老原 文,佐々木 賀津乃,千明 真弓,竹中 克.2D Speckle Trackingを使用した健常・虚血心におけるtransmural strain gradientの評価.第27回 超音波血流研究会.2007.12.8.東京.
  7. 大川 龍之介,中村 和宏,大久保 滋夫,戸塚 実,横田 浩充,矢冨 裕.健常者血漿中のスフィンゴシン 1-リン酸,ジヒドロスフィンゴシン 1-リン酸の測定.第56回 日本医学検査学会.2007.5.19.宮崎.
  8. 菅野 信子,金子 誠,田邉 久美子,久米 幸夫,横田 浩充,矢冨 裕.あらたなモノクローナル抗体を用いた可溶性フィブリン(SF)試薬の検討.第54回 日本臨床検査医学会学術集会・第47回 日本臨床化学会年次学術集会連合大会(シンポジウム).2007.11.23.大阪.
  9. 久米 幸夫,池田 均,中村 和宏,大川 龍之介,大久保 滋夫,横田 浩充,矢冨 裕,中井 陽介.膵臓癌の転移・浸潤マーカーの開発を目指して.第54回 日本臨床検査医学会学術集会・第47回 日本臨床化学会年次学術集会連合大会(シンポジウム).2007.11.23.大阪.
  10. 小池 由佳子,宮崎 浩二,矢冨 裕.網血小板および幼若血小板比率(IPF)の同時測定における検討.第17回 日本サイトメトリー学会学術集会.2007.7.5.千葉.
  11. 小池 由佳子.フローサイトメトリー解析の威力とピットフォールを実感する症例カンファレンス-3(ワークショップ).第17回 日本サイトメトリー学会学術集会.2007.7.5.千葉.
  12. 佐藤 金夫,金子 誠,井上 克枝,尾崎 由基男.チクロピジン/クロピドグレルの薬効モニタリングを目的としたADPビーズカラムの開発.第54回 日本臨床検査医学会学術集会・第47回 日本臨床化学会年次学術集会連合大会.2007.11.23.大阪.
  13. 佐藤 優実子,横田 浩充,影山 祐子,小野 佳一,矢冨 裕.白血病遺伝子検査の現状と標準化への課題.第54回 日本臨床検査医学会学術集会・第47回 日本臨床化学会年次学術集会連合大会(シンポジウム).2007.11.23.大阪.
  14. 下澤 達雄.酸化ストレスと動脈硬化.第49回 日本老年医学会学術集会若手シンポジウム.2007.6.札幌.
  15. 宿谷 賢一.尿定性検査と形態検査(尿沈渣・髄液検査)―夜間・日直時の検査― .第56回 日本医学検査学会(ランチョンセミナー).2007.5.18.宮崎.
  16. 宿谷 賢一,横田 浩充.非腫瘍性疾患の尿沈渣成分・解析 −赤血球・白血球・上皮・円柱・結晶の動向― .第56回 日本医学検査学会(ワークショップU).2007.5.18.宮崎.
  17. 宿谷 賢一.髄液形態検査 ―サムソン染色のみで細胞鑑別―.第48回 東北医学検査学会(レクチャーE).2007.9.30.盛岡.
  18. 常名 政弘.フローサイトメトリー解析の威力とピットフォールを実感する症例カンファレンス-1(ワークショップ).第17回 日本サイトメトリー学会学術集会.2007.7.5.千葉.
  19. 杉岡 陽介,手島 一陽,増崎 亮太,岩井 友美,片貝 佳代,鈴木 淳司,中川 晴代,伊藤 優紀,池田 均,矢冨 裕.Fibro Scan502による肝硬度測定と脾腫との関係.第80回 日本超音波医学会.2007.5.17.鹿児島.
  20. 杉岡 陽介,手島一陽,増崎亮太,岩井友美,片貝佳代,鈴木淳司,中川晴代,伊藤優紀,池田均,矢冨裕.生理検査の新しい局面を迎えて 超音波検査のレベル向上.第64回 日本臨床検査医学会 関東・甲信越支部例会(シンポジウム).2007.5.26. 東京.
  21. Sugimoto, K., Kage, H., Sano, A., Aki, N., Kitagawa, H., and Takai, D. The Induction of H3K9 methylation by PIWIL4 at p16Ink4a locus.日本分子生物学会 第7回春季シンポジウム. 2007.4.淡路島.
  22. Takai, D., Sano, A., Kage, H., Sugimoto, K., Kitagawa, H., Aki, N., Goto, A., Fukayama, M., Nakajima, J., Takamoto, S., Nagase, T., Yatomi, Y., and Ohishi, N. Establishment of a methylation profiling system of multiple promoters using a quantitative PCR and application for non-small cell lung cancer.第47回 日本呼吸器学会学術講演会(English Oral Session).2007.5.東京.
  23. 竹中 克.心機能評価のまとめと少し進んだ知識.超音波検査法セミナー.2007.1.28.東京.
  24. 竹中 克.心エコー蘊蓄話 -cold, clinical, aseptic nonego-.第11回 日本心エコー図学会冬期講習会.2007.1.20.大阪.
  25. 竹中 克.3Dエコー 買ってはみたが,いったい何に使うのか?第11回 日本超音波医学会東北地方会.2007.3.11.仙台.
  26. 竹中 克.東芝社製のスペックルトラッキング法.第18回 日本心エコー図学会.2007.4.13.軽井沢.
  27. 竹中 克.心臓の動きを追うのは誰か,何故か?第32回 日本超音波検査学会.2007.5.13.東京.
  28. 竹中 克.Myocardial Strain.第80回 日本超音波医学会学術集会.2007.5.18.鹿児島.
  29. 竹中 克.なぜビームと直交する方向の速度が測定できるのか?一匹狼とメダカの学校.第80回 日本超音波医学会学術集会.2007.5.20.鹿児島.
  30. 竹中 克.3Dエコー 買ってはみたが,いったい何に使うのか?札幌超音波セミナー.2007. 6.9.札幌.
  31. 竹中 克.心疾患診断のポイント.第1611回 チーム医療セミナー.2007.6.10.東京.
  32. 竹中 克.心機能評価を依頼されたときの心エコー図検査の進め方.Echo Kanazawa 2007.2007.6.23.金沢.
  33. 竹中 克: 3Dエコー 買ってはみたが,いったい何に使うのか? Echo Kanazawa 2007. 2007.6.23.金沢.
  34. 竹中 克.心エコーのこんな所見,あんな所見.大宮超音波セミナー.2007.7.1.大宮.
  35. 竹中 克.左室壁層内のstrain勾配.第5回 山陽心不全研究会.2007.7.7.広島.
  36. 竹中 克.Echo Speckle Tracking by Toshiba.第55回 日本心臓病学会.2007.9.11.舞浜.
  37. 竹中 克.Echodynamography.第5回 日本心エコー図学会秋期講習会.2007.10.7.東京.
  38. 竹中 克.心エコーのこと.Echo Okinawa.2007.10.20.名護.
  39. 竹中 克,宇野 漢成,海老原 文,木村 公一,佐々木 賀津乃,小室 貴子,千明 真弓,矢冨 裕,木村 公一,園田 誠.超音波による左室局所機能評価の進歩.第54回 日本臨床検査医学会学術集会.2007.11.23.大阪.
  40. 竹中 克.心不全の病態生理.2007 東京エコーラボ.2007.11.24.東京.
  41. 田中 雅美,宿谷 賢一,菅野 信子,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.特殊型尿細管上皮細胞が長期間認められた1症例.腎・泌尿器検査研究会第3回 学術集会.2007.3.25.東京.
  42. 田中 雅美,宿谷 賢一,山田 真希子,藤瀬 千恵,菅野 信子,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.全自動尿中有形成分分析装置UF-100iとUF1000Iの相関性について.第56回 日本医学検査学会.2007.5.19.宮崎.
  43. 田中 雅美,宿谷 賢一,菅野 信子,横田 浩充,下澤 達雄,矢冨 裕.全自動血液染色装置エアロスプレー7150型 髄液検体を用いた使用経験.日本臨床検査自動化学会 第39回大会.2007.9.28.横浜.
  44. 田中 雅美,三島 由祐子,山田 真希子,宿谷 賢一,菅野 信子,横田 浩充.髄液検査における細胞の保存法および分画法に対する一提言 サムソン液で希釈後の有用性と細胞分画法の工夫について.第44回 関東甲信地区医学検査学会(シンポジウムW-3).2007.11.11.軽井沢.
  45. 田中 真理子,竹中 克.心筋内sinusoid遺残を合併すると考えられた肥大型心筋症成人例.第18回 日本心エコー図学会.2007.4.14.軽井沢.
  46. 中村 和宏,大川 龍之介,大久保 滋夫,横田 浩充,矢冨 裕.血清リゾホスホリパーゼD 活性測定の臨床検査医学的応用 前立腺癌患者における検討.第56回 日本医学検査学会.2007.5.18-19.宮崎.
  47. 増田 亜希子,佐藤 優実子,常名 政弘,金子 誠,小池 由佳子,横田 浩充,堀江 良一,黒川 峰夫,矢冨 裕.ホジキンリンパ腫細胞株KM-H2におけるリゾリン脂質の機能的役割.第69回 日本血液学会・第49回 日本臨床血液学会合同総会.2007.10.12.横浜.
  48. 矢冨 裕.生理活性脂質の動態と病態.第8回 日本臨床検査医学会特別例会.2007.4.7.大阪.
  49. 矢冨 裕,大川 龍之介.スフィンゴシン1-リン酸測定の臨床応用.第49回 日本脂質生化学会シンポジウム「スフィンゴ脂質の病態と動態」.2007.6.5-6.札幌.
  50. 矢冨 裕.オーバービュー:血栓症と臨床検査・最近の話題.第26回 日本臨床検査医学会 東海・北陸支部例会 シンポジウム.2007.9.1.名古屋.
  51. 矢冨 裕.ADAMTS13の基礎と臨床.第47回 近畿医学検査学会 ランチョンセミナー.2007.11.25.大阪.
  52. 湯本 真人.聴覚誘発応答の文脈予測による修飾と誤差信号.第22回 日本生体磁気学会.2007.6.23.東岡崎市.
  53. 湯本 真人.聴覚イメージと予測認知.第12回 認知神経科学会.2007.7.21.福岡市.
  54. 横田 浩充,矢冨 裕.検査部遺伝子検査室の役割.第64回 日本臨床検査医学会 関東・甲信越支部例会(シンポジウム).2007.5.26. 東京.
  55. 横田 浩充,佐藤 優実子,影山 祐子,小野 佳一,矢冨 裕.検査部遺伝子検査室の立ち上げとあり方について.第8回 日本臨床検査自動化学会(遺伝子・プロテオミクス技術セミナー).2007.9.26.横浜.
  56. 横田 浩充,佐藤 優実子,小野 佳一,下坂 浩則,増田 亜希子,金子 誠,池田 均,矢冨 裕.個別薬物療法に向けた薬剤代謝酵素遺伝子検査体制の構築.第54回 日本臨床検査医学会学術集会・第47回 日本臨床化学会年次学術集会連合大会(学術推進プロジェクト研究).2007.11.23.大阪.
  57. 横田 浩充,佐藤 優実子,影山 祐子,小野 桂一,金子 誠,矢冨 裕.分子標的療法における白血病遺伝子検査の有用性と課題.第54回 日本臨床検査医学会学術集会・第47回 日本臨床化学会年次学術集会連合大会(検査血液学会合同シンポジウム).2007.11.23.大阪.
  58. 吉見 昭秀,高橋 強志,金子 誠,神田 善伸,本倉 徹,矢冨 裕,千葉 滋,黒川 峰夫.左胃大網動脈から自然出血を来し動脈塞栓術が有効であった血友病Aの1例.第546回 日本内科学会関東地方会.2007.7.22.東京.
このページのトップへ
Copyright © 東京大学医学部附属病院検査部. All Rights Reserved.