HOME
東大病院における臨床検査業務
東大病院検査部品質方針

東大病院検査部は,グローバルな標準化や検査データの共有化に寄与しつつ,常に精度の高い検査結果の提供を将来にわたり保証するため,本品質方針を尊重し,臨床検査の発展にも貢献できる優れた人材の育成に努める.

  検体検査においては,ISO15189:2003の要求事項に基づく品質マネジメントシステムを構築・運用することで,下記に掲げる事項を実施し,サービスの質の向上を図る.
生理機能検査室においても,同様の趣旨に沿い,常に質の高い検査結果の提供を目指す.

  1. 検査部の運用する品質マネジメントシステムは,JAB RL206に指定された生化学的検査,血液学的検査,免疫血清学的検査,遺伝子検査,一般検査,緊急検査および採血業務に適用する.
  2. 信頼度の高い検査結果を提供し,急性期医療および高度先進医療に貢献する.
  3. 品質マネジメントシステムの運用・維持・改善を行うことで,患者診療に貢献できる検体検査サービスを提供する.
  4. 検査部要員は検査部管理主体が示す方針および品質マニュアルをはじめとする基準書,SOPなど品質文書に規定された事項を遵守し業務を実施する.
  5. 検査部要員は,東京大学医学部附属病院の医療従事者および臨床検査技師として求められる技術力,倫理性,志気をもって検査品質を維持し,品質マネジメントシステム規定要求事項を遵守する.
  6. 検査部管理主体は,検査部が品質マネジメントシステムの運用・維持・改善に関して,ISO15189:2003の規格要求事項に適合するよう管理する.

以上

Copyright © 東京大学医学部附属病院検査部. All Rights Reserved.